あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

氷室の日 お饅頭で元気に

一年の折り返しの時季。6月30日、城下町金沢は氷室開きの日。藩政時代に起源をもつ風習で、冬に室(むろ)に貯蔵していた氷雪を取り出す日。加賀藩がこの地を治めていた時代は、この氷雪を徳川将軍家に献上していたとされています。

金沢では、これにちなんで6月30日と7月1日にお饅頭(まんじゅう)を食べる風習があり、この饅頭は氷室饅頭と呼ばれています。
蒸し暑い梅雨の真ん中にある、氷室の日。酒饅頭のこの饅頭を食べて、元気になろう、という狙いもあるようです。

(氷室饅頭を売り出す山本観音堂さん)
0630yamamoto01.jpg

市内の和菓子屋さんではこの二日間、一斉に氷室饅頭を売り出します。あかつき屋の近所の山本観音堂さんでも、店頭にずらりとその饅頭を並べていました。

いくつか買い求めました。この日、お泊まりになったお客様にお出ししました。テレビで湯涌温泉で毎年行われている氷室開きの催しが放送されており、たまたまこのニュースをご覧になったお客様は「これにちなんだお饅頭ですね」と話し、金沢ならではの食文化にふれられました。

(氷室饅頭)
0630kimuro01.jpg

国登録有形文化財のあかつき屋では、お客様には一年を通じて、金沢の風習にふれて頂いています。
お正月行事に始まり、春、秋に行われる野町・神明宮のあぶり餅神事、大晦日では前のお寺・広済寺さんでの除夜の鐘つき等々、長い歳月、地道に営まれる伝統行事が数多くあります。

一年の節目節目で、無病息災に感謝し、今後も引き続き精進を誓い合う。今年後半へ。気持ちも新たに臨みます。

東京から能登一周、そして金沢へ

バイタリティーあふれる若者5人のお客様をあかつき屋にお迎えしました。東京から金沢に車で。下道を使い、8時間のドライブでした。石川県入りした後、一日かけて能登半島を一周し、金沢入り。

金沢では、兼六園をはじめとした観光地めぐり。ここならではの食にも親しまれ、海の幸を堪能されました。笑顔あふれる一泊二日になりました。

(あかつき屋にお泊まりになったお客様=写真掲載了解済)
0625friends.jpg

お客様ご一行は、学生さんと社会人のグループ。お仲間の一人が金沢にお住まいで、東京からのメンバーとここで合流されました。

車で奥能登まで足を延ばされました。
好天に恵まれ、「珠洲にあるゴジラ岩を見て来ました」。
輪島では、「海鮮丼が、すごくおいしかった」とのこと。

(千里浜で青春の思い出を刻まれました=ご提供写真)
0625chirihama.jpg

羽咋の千里浜・渚ドライブウエイでは、波打ち際で楽しんだそう。明るい日差しの下、車で砂浜を走るという稀有な体験は、忘れられない思い出になったことでしょう。

夜に、あかつき屋に入られたお客様たち。早速出かけたのは、兼六園で開かれているホタルの観察会。水路などの水辺のあちこちにホタルを見つけられました。

遅い夕食は、近所のまるよしさんへ。「お寿司とおでんが同時に食べられ、とてもお得」と皆さん。金沢の郷土料理であるベロベロ(えびす)も初めて食べ、とてもおいしかったとのこと。

「金沢のどこのお店でベロベロを食べられますか」と聞かれましたが、果たして、ベロベロを出すお店はあるのでしょうか。私は「ないんじゃないですか」と答えました。
この庶民の味をメニューに加えている飲食店が、まるよしさん以外に金沢にあるのなら知りたいです。

明るく、とてもマナーよく、ここで過ごされた若者たち。「今回は下見ということで、また来ます」と翌朝、歩いて金沢観光に出発されました。また、遊びに来て下さいね。ありがとうございました。

ギボウシ 紫陽花 町家彩られ

6月21日に北陸地方が梅雨入りし、その後数日好天が続いていましたが、今日は終日雨となり、梅雨らしいお天気に。気のせいか、街は静かになったようです。

雨は、鬱陶しいばかりではありません。あかつき屋では、お庭のギボウシが満開となり、いくつも縦についた白い花が、涼しげです。雨に濡れた木々の葉も、しっとりとした色合いを見せており、新たな生気を得たよう。知られざる梅雨の美景と言えます。

(雨に濡れたお庭。ギボウシが満開に)
0625tsuyugarden 01

週末にお泊まりになったお客様は朝、縁側にたたずみ、雨を受けるお庭を楽しまれました。晴れの日は、木々は明るい日差しで白っぽくなるのですが、水分を含むと、葉の緑は一層鮮やかになります。
「とてもきれい」。お客様たちは、いろんな角度から写真を撮っておられました。

(玄関には、紫陽花)
0625ajisai01.jpg

玄関には、この季節ならではの紫陽花(アジサイ)を生けています。
街角で楽しみ、この町家でも愛でる、梅雨の花。
花々が、お客様を静かに見守ってくれます。

満開の花菖蒲園 散策心地よく

さわやかに晴れ渡った朝、卯辰山中腹にある花菖蒲(しょうぶ)園へあかつき屋のお客様と訪ねました。ちょうど花しょうぶは満開、色とりどりの花は、周辺の緑に包まれ、感嘆する美しさ。

その花しょうぶを包むように、周囲にはアジサイの道もあり、目にさわやか。心地よい散策を楽しみました。

(満開になった卯辰山の花菖蒲園)
0619irisflowers0101.jpg

卯辰山は浅野川に隣接し、あかつき屋からは毎日眺めています。その登り道の中ほどに、花菖蒲園があり、この時季には決まって訪れます。
その園には、何種類もの花しょうぶがあり、少しずつ開花時期が違うので、日をずらして来ても、違った表情を見せて、魅力的です。

(タイのお客様も楽しまれました=写真掲載了解済)
0619thai0101.jpg

この日は、タイからのお客様をご案内して、訪れました。
タイの人は、金沢については兼六園やひがし茶屋街など定番の観光地は知っていても、この花園は知らなかったので、百花繚乱の園に驚いた様子。
盛んに写真を撮りながら、園をめぐっていました。

(アジサイも目にさわやか)
0619ajisai01.jpg

アジサイも見ごろを迎え、花しょうぶとともに、初夏の花の共演を見せていました。

(終わった花を摘み取る男性作業員の方)
0619workers010101.jpg

園内で何やら作業をする男性の姿が。近づいて尋ねると、終わった花を摘んでいるのだとか。
「見た目も悪いし、次の花が咲きやすくするためです」とその男性。
こんな方々のお世話によっても、この美しい花の憩いの場が、保たれているのだと分かりました。ありがとうございます。

突然の訪問、立派な大学生に

その日一日、ほのぼのとした気持ちで過ごすことができました。週末のお客様をお迎えする準備を終えて一息ついた昼下がり。突然、男性の声が玄関から聞こえてきました。
この時間にチェックインされるお客様はいないはずだし、誰だろう?不思議に思いながら、玄関へと向かいました。

「前に泊めてもらった者です」。その若者は格子戸を開けて、おっしゃいました。そう言われても、すぐに思い出せません。
若者は、続けました。「長野県から来て、家族で泊まりました。近所のお寿司屋さんや、銭湯に行き、夜は、外国人と交流しました」。
それで思い出しました。あのKさんご一家ですか。お泊まりの際、お宿ノートに楽しい絵と感想を残されていったからです。
そのKさん。5年ぶりのあかつき屋訪問です。

(5年前に旅の感想を記したお宿ノートを手にするKさん
                   =写真掲載了解済)
0617saikai.jpg

長野市出身のKさん。聞けば、今春金沢大学に入学されたとのこと。その大学の法学類に在籍し、学んでおられます。
すぐに5年前にタイムスリップしました。

Kさんご一家は2012年3月、あかつき屋にお母さんと当時中学生と小学生のご兄弟の3人で宿泊されました。お泊まりの際、その模様について、お宿ノートに詳しく記されました。
近所のまるよしさんで、おいしいお寿司やおでんを食べ、みろく温泉さんで、身も心も温まりました。
夜は、同宿された外国人カップルと、流暢とはいかないまでも英語で楽しくやりとりされました。

一つひとつが初体験だったのですが、何よりうれしかったのは、行く先々で地元の人から親切にされた、とのことでした。
Kさんにとっては、忘れ得ぬ金沢の思い出になったのでした。

「この旅行で金沢が大好きになりました」。その思いを胸に中学、高校時代を過ごし高3の時、大学受験に選んだのが、金沢大学だったそう。そして、この春、見事に合格。

Kさんは入学して3カ月ほどたち、少し落ち着いたのか、5年3カ月ぶりに、「懐かしい」(Kさん)あかつき屋を自宅のある杜の里界隈から自転車で訪ねて下さったのです。
コミュニティルームでそのいきさつを聞いた時、驚くと同時に、大変感激しました。

金大で学んで、将来は国際的に活躍するジャーナリストを目指すとのこと。何事にも真っすぐなKさんなら、その夢をきっとかなえられるでしょう。

よく来て下さいました。ありがとうございます。また、ご家族で遊びに来て下さいね。

FC2Ad