FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

雪の城下町歩き、和菓子作りや兼六園散策

クリスマスに合わせて、あかつき屋に連泊中の二人連れの女性のお客様は今日、雪の城下町を歩きながら、和菓子手作り体験や兼六園散策などをして帰って来られました。
特に県観光物産館で開かれた和菓子手作り体験は、プロの菓子職人の指導の下、金沢ならではの上生菓子を実際に作り、出来上がった品を持ち帰れるとあって、お客様にはことのほか印象深かったようです。お二人は笑顔でお宿に戻ってきて、きれいに作り上げた和菓子を披露して下さいました。

(お客様が手作りされた和菓子。あかつき屋に携えて来られました)
wagashi1.jpg
(和菓子手作り体験で準備された材料や道具
             =県観光物産館、お客様撮影・写真掲載了解済、以下同じ)
wagashijyunbi.jpg

この日の体験教室は、市内の和菓子屋さん「うら田」の職人さんの手ほどきで進められました。
へらなどの道具は準備されているものの、ほとんど手作業で、40分ほどかけて、餡や求肥(ぎゅうひ)などの材料を粘土細工するように、平らにしたり、丸めたりしながら、3個の和菓子を仕上げたそうです。
お土産として、プロの職人さんが作った和菓子1個が付けられました。

お客様にとって、うれしかったのは、上品に出来た和菓子もさることながら、1200円の体験料を払いながら、500円のお買い物券が付いている点でした。

お二人は「上生菓子はもともと高いもの。それなのに(お買い物券が付き)500円分得した気分。せっかくなので、観光物産館で、お買い物券も使って、お土産を買いました」とのことでした。

お二人はこの後、観光物産館からすぐ上の兼六園を散策されました。間断なく雪が降る天候だったものの、大勢の観光客が来ていたそうです。

(雪化粧した兼六園の唐崎松)
kenrokuen1.jpg
(雪吊りされているものの、松は雪をはねのけるだけのたくましさを備えていると感じました)
yukikenrokuen2.jpg

雪をかぶった唐崎松など、冬の名園の風情を撮影されていました。そのうち、私は、雪をかぶった松の木をアップにした写真に心が引きつけられました。

一見すると、雪吊りの縄が、雪をかぶった松を支えているように思えます。が、確かに縄の力を借りているのかもしれませんが、松の枝や葉自体が力をもち、雪の重みに抗しているいるように見えるのです。暖かな季節に力を養ったかいあって、厳しい冬になった時でも、雪をはねのけるだけの、しなやかさと強さを備えている。

葉や枝には、そんなことを感じさせる、若々しいほどの生気が認められました。

加賀友禅や茶道のお寺-続々卯辰山寺院群探訪-

卯辰山の寺院群は、人々の心のよりどころになっているばかりでなく、中には金沢の重要な歴史を刻むお寺もあるのですね。今回の寺院探訪のガイドを務めて下さったKさんは、加賀友禅ゆかりのお寺・龍国寺や金沢の茶道愛好者には、なじみが深い月心寺をも案内して下さいました。
(紅葉に包まれた龍国寺)
ryuukokuji1.jpg

龍国寺は曹洞宗のお寺で、本殿は、いくつもの赤い鳥居が続く階段を登った先にありました。ここも紅葉に彩られていましたが、訪れる人は少ないようで、深閑とした雰囲気が漂っていました。
(宮崎友禅斎にちなんだ碑=上や鳥居=下)
ryuukokuji2.jpg
ryuukokuji3.jpg

Kさんは、説明して下さいました。このお寺には、加賀友禅の祖といわれる宮崎友禅斎の碑やお墓があり、金沢の伝統工芸には、とてもご縁の深いところ。お茶室もあり、毎年5月17日には、友禅忌として祭典が行われているそうです。

入り口の鳥居にも、加賀友禅の業界団体が奉納したことが記されており、このお寺が友禅関係者の崇敬を集めていることが、よく分かります。

(月心寺境内)
geshinjisign.jpg
(月心寺のお庭。奥には仙叟宗室のお墓があります)
gesshinji2.jpg

龍国寺の階段を下りて、いくつかのお寺をめぐった後、曹洞宗の月心寺を訪れました。ここには、金沢の茶道の祖と言われる仙叟宗室のお墓があります。これにちなんで、毎月23日には、茶会が開かれているとのこと。
年輪を刻んだ門や本殿、手入れが行き届いたお庭を間近にすると、そのお茶会は、さぞ心落ち着くものだろうと想像しました。



紅に染まる西養寺や来教寺-続・卯辰山寺院群探訪-

金沢市内で紅葉スポットはどこかと聞かれたら、どう答えるでしょうか。実は数日前、あかつき屋のお客様から、そんな問い合わせを受けたのです。その時は、兼六園などいくつかの紅葉スポットをお伝えしたのですが、今は、自信をもって言えます。卯辰山寺院群の紅葉は、秀逸であると。
今回の卯辰山寺院群探訪を通じて、それを強く実感しました。心に残ったお寺のうち、西養寺と来教寺について記します。

(紅葉が見事な西養寺の境内)
saiyouji1.jpg

西養寺は天台宗のお寺で、石段を上っていった高台にあります。境内に入ると、まずその彩り豊かな紅葉に圧倒されます。楓、イチョウ等々、様々な木々が色づき、秋色の饗宴といった風情です。
イチョウの木の下の地面には、イチョウの葉とともに数多くのギンナンが落ちていました。

(イチョウの木の下では、数えられないほどの葉と実が落ちていました)
saiyouji2.jpg saiyouji3.jpg

ふだんは観光客どころか、市民も訪れる人が少ないのか、人が足を踏み入れたような空気感は乏しく、さらに、ことさらな整備や演出がない分、自然体のお寺のように感じました。

(山門からの見事な眺め)
saiyoujisandou.jpg

また、山門からの眼下の眺めも素晴らしいものがあります。瓦屋根の家々とともに、遠方には高いビルが林立し、新旧が交錯する街並みといった趣。でも、不思議と違和感がありません。

(様々な色を見せるお庭の木々=来教寺)
raikyoujiniwa.jpg
(人相おみくじのコーナーも)
teraomikuji01.jpg

西養寺の西側ほど近くにある来教寺は、西養寺と同様、天台宗のお寺。ここも境内に入ると、今が紅葉のピークとばかりに、様々な色が躍っていました。
このお寺には、学業向上、開運出世などに御利益がある六地蔵菩薩があります。さらにユニークなのは、人相おみくじを行っている点。
このように、お寺をひとくくりにできないところが、卯辰山寺院群の幅広さ、おもしろさと言えそうです。




「いい店多いね~」、新竪町商店街を歩く-前回の続き-

三重県四日市からお越しになった建築家の森正秀さんのあかつき屋へのご宿泊は、4泊目に入られました。
「金沢は見る所がすごくある」と、4泊でも足りないとおっしゃいます。
今日は、レトロ(懐古的)なショップが数多く並ぶ新竪町商店街を訪ねられました。
(新竪町商店街を紹介するマップ)
shintatemap.jpg

竪町商店街から続く新竪町商店街。竪町が若者向けのファッション関係のお店が多いのに対して、新竪町は、古美術・古道具や雑貨、古着など、昔懐かしい商品を扱う店が数多くあります。

「お店に並んでいる商品もいいけど、(店の)オーナーも味のある人が多くていいねー。ついつい話しこんじゃいました」と森さんは、立ち寄ったお店からもらってきた商店街マップを広げて語ってくれました。
そのマップは、商店街の55店を店のイラストを付けて、楽しい雰囲気で紹介してあります。
森さんは、ギャラリーや雑貨屋さん、靴屋さん、加賀野菜などを売る青果店などに入られたようでした。
(購入されたバッグと象牙のスプーン)
shintatemachiitem01.jpg
森さんは、買い物しながら、店のご主人と長話することもあったようです。
「オーナーの商品のこだわりには、感心しました。金沢にこんな商店街があるとは、驚きですね」
そして、雑貨店で買って来られたのは、バッグと象牙製のスプーンでした。
値段も、まぁまぁ手頃だったようで、早速、宿の掘りごたつの上に並べて見せて下さいました。

百万石の城下町の歴史と伝統を感じさせる街並みがある一方で、「新竪町のように、観光客をも引きつけるアンティークな魅力を備えた商店街があることも、金沢の幅広さ、奥行きの広さではないか」
森さんは、建築家の視点から振り返られました。





早朝のひがし茶屋街 清らかな静けさ

早朝のひがし茶屋街を散策しました。午前6時過ぎ、そこはひっそりとした静けさに満ち、空気は清らか。通りは、観光客はおろか、地元の人もまばらで、昼には大勢の人でにぎわう金沢の代表的な観光地は、しんとした表情を見せていました。

(早朝のひがし茶屋街と散策を楽しむNさんご夫妻=写真掲載了解済)
souchouchayagai.jpg

実は、あかつき屋にご一泊されたNさんご夫妻(前日のブログで記載)が、この日、福井県内の東尋坊など2個所の観光地を回る予定を立てられており、時間的な都合から、ひがし茶屋街をあえて早朝に訪れることにしたのでした。

私にとっても、朝早いその茶屋街は歩いたことがなかったので、その様子を一度見てみたいと、Nさんご夫妻をお連れしたのでした。

この時間帯、もちろん通りのお料理屋や喫茶店、土産物店などの戸は、固く閉ざされています。人影はまばらで、時折、行き違うのは、犬を散歩する人や、早朝ウオーキングする年配者などです。

Nさん夫妻には、やや“無謀な(?)”茶屋街行きでしたが、この静謐さは、格別だったようで、「落ち着いて街を見られていいね。京都に似ているわね」などと語らいながら、歴史的な建築物を写真に収めたり、掲示物に目を向けたりされていました。
(道の真ん中でたたずむ猫)
chayagainineko.jpg
目抜き通りから一本横に入った通りでは、一匹の猫が、自分を煩わせるものは何もないといった顔つきで、道の真ん中でのんびりとたたずんでいました。
(浅野川の浅瀬で過ごすカモたち)
asanogawanikamo.jpg
例によって、あかつき屋から、ひがし茶屋街へは、賢坂辻から浅野川大橋付近まで、横山町、材木町の通りを歩いて行きました。途中、お店の大半が閉まっているなか、パン屋の「森長」さんや、高山豆腐店さんは、お店が開いており、家の人たちが忙しく動いておられました。

浅野川大橋から、せせらぎに視線を落とすと、浅瀬にカモが数羽留まっており、やはり雑踏のない時間が心地よさそうでした。