FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

お客様と除夜の鐘、そして新年

明けましておめでとうございます。昨年中は、大変お世話になりました。今年もよろしくお願い申し上げます。

昨年、金沢は真価が問われる年であったと思います。北陸新幹線開通から2年が経過し、いっときの熱気は薄らぎました。加えて、近隣の東アジア情勢の不安定化もあり、外国人観光客の入り込みに影響を与えた面もあったようです。

それでも金沢への観光客数は、目立った落ち込みもなく、底堅く推移しました。あかつき屋においても、まずまずの一年であったと振り返っており、宿泊された国内外のお客様、そして、日頃支えて下さっている地元の方々に心からお礼申し上げます。

(前のお寺で除夜の鐘をつくあかつき屋のお客様)
0101Bell.jpg

(新しい年の始まりを歓ぶタイのお客様)
0101akeome.jpg

大晦日。今回は例年にも増して、厳かで、にぎやかな夜になりました。あかつき屋には、タイから二組7人のお客様がお泊まりになり、NHKの紅白歌合戦の後、前のお寺・広済寺さんに移動し、除夜の鐘をつかせて頂きました。
昨年新調された鐘をお客様が一人ひとりつきました。これまでと違って、また味わいのある音色でした。

この後、あかつき屋に戻って、新年を迎えたお祝いの集い。お客様には、私たちの親族が手作りしたかぶらずしなどを少しばかりお出しし、お神酒とともに乾杯。この一年の無病息災と精進を誓い合いました。

(角尾宏子さんによるお正月花)
0101flowers01.jpg

(中村元風さん制作の犬の飾り皿)
0101dogsplate.jpg

あかつき屋の中は、お正月の飾りつけがされています。
私たちの友人である華道教師の角尾宏子さん(金沢市泉野町)には今回も上がりの間と玄関に新春を寿ぐ生花を生けてもらいました。
アーティスト・サイエンティストという前人未踏のクリエイターの道を歩み始めた加賀市の陶芸家中村元風さんの手による、犬の飾り皿を上がりの間に置きました。
いずれの品も光彩を放ち、お客様を歓迎してくれています。

あかつき屋は8年目に入りました。これで良し、ということはなく、いつもお客様の声に耳を傾けて、努力を続けてまいります。
お客様とともに、良い年にしたいと思います。今後ともご指導、ご鞭撻を賜りたいと存じます。

ボードゲームとお鍋で熱く2泊

冬の楽しみ方の粋を極めるようなお客様のあかつき屋ステイでした。大阪からお越しになった若いお客様グループ。あかつき屋を二泊貸し切られ、心おきなく過ごされました。

お客様が、ここでエンジョイされたのは、ボード(盤上)ゲーム。卓上でカードや器具などを使った様々なゲームに興じられました。
夜は、二晩続けてお鍋料理をされ、舌鼓を打つなど、身も心も温まる二泊三日となりました。

(海鮮鍋を楽しまれたボードゲームのお仲間=写真掲載了解済)
0205boardmain.jpg

(アンコウやタラ、そした野菜がふんだんに入ったお鍋)
00205boardnabe.jpg

このグループは、ボードゲームを通じて広がったお仲間だそう。金沢に来る大きな目的の一つに、あかつき屋でボードゲームをすることでした。

お客様は、ざっと40種類のボードゲームを持参され、このうち10種類ほどのゲームをなさったそうです。
このうち、「狩歌」というゲームが、ありました。卓上に「愛」「涙」「酒」などの言葉が記されたカードが並べられ、スマホから歌謡曲が流されます。この歌の中で、「愛」などの単語があれば、その札を取るというルールです。

(ゲーム「狩歌」に興じられるお客様)
0205boardgame1.jpg

(器具にはめ込まれたピースを落としていくゲーム)
0205boardgame2.jpg

美空ひばりの「愛燦々」などが流され、歌詞の中の言葉が、カードと一致すれば、素早く手を伸ばして札を取ります。何とも楽しいゲームでした。
このほか、プラスチック製の器具を使って、遊ぶゲームもありました。

8人ほどの人数が一堂に会して、このようなゲームをするのであれば、コミュニティルームの真ん中に据えた大きな掘りごたつが、大きな効果を発揮することが分かりました。

ご一行様は、連夜、アンコウやタラなどを材料にした海鮮鍋で、食卓を囲まれました。いずれも近江町市場で購入した食材で調理されました。

ゲームに熱くなり、北陸・金沢の味覚に酔ったあかつき屋での数日間。そばで見ていても、うらやましくなるほどでした。

皆様、ご宿泊ありがとうございました。