FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

鏡餅、松の内終わり“第二の人生”

お正月には欠かせない鏡餅。それが松の内が終わり、いったんその役目を終えると、お餅屋さんによって新たな命がふきこまれ、“第二の人生”とも言える役割をもつことを知りました。

あかつき屋の近所のお餅屋「山本観音堂」(以下・観音堂)さんでは、お客さんに販売した鏡餅を松の内が終わった後、引き取り、それをつき直すなどして再びお餅にして、そのお客さんに届けておられます。
お客さんにすれば、鏡餅を正月のお飾りにした後、今度は紅白のおまんじゅうとして味わうという、二度の楽しみを味わうことになるのです。

(観音堂のご主人からお話をうかがうあかつき屋のお客様)
0115omochimain.jpg

鏡餅を扱う、お餅屋さんのそんな作業の工程をあかつき屋にお泊りになったお客様と一緒に、観音堂さんで見せて頂きました。外は雪混じりの空模様でしたが、中の作業場はご主人と女将さんの気持ちのこもった仕事ぶりで熱気に満ちていました。

鏡餅はお正月にはなくてはならないものですが、最近ではお正月が終わると、その処理に苦慮するところが少なくないようです。
これまで鏡餅はお雑煮などに使われていましたが、それが煩雑であるとして、鏡餅自体がビニールに砂糖が入ったものに代わったり、中にはガラス製に代用されたりしているようです。

しかし、やはり本来のお餅で作った鏡餅が主流であることには変わりなく、観音堂さんでは、近隣を中心にそれを作って販売されています。
ただ、上述したように、お正月が終わってからの鏡餅の取り扱いがどこもやっかいのようで、観音堂さんでは、そうしたところから鏡餅を引き取り、安価で食用のお餅につき直すサービスをしておられます。

(観音堂さんに持ち込まれた鏡餅=上、表面にカビが見える鏡餅=下)
0115omochi1.jpg 0115omochi2.jpg

今年も仕事始めが終わった頃から、観音堂さんの近所の銀行や葬祭会社、飲食店などから鏡餅が、観音堂さんに相次いで持ち込まれました。
この鏡餅、硬い上に、ところどころカビが生えているので、まずそれを取り除く作業から始めることになります。観音堂さんは「カビが生えているのは、全然悪いことじゃないんです。防腐剤などの添加物がない証拠。取ればいいだけなんですから」とおっしゃいます。

(包丁でカビを切り落とします=上、餅を小さく切り、水に浸し柔らかくします=下)
0115omochi3.jpg 0115omochi4.jpg

鏡餅はまず水に漬けて餅を柔らかくした後乾かし、包丁でカビの部分を切り落とします。その後、餅を切って5㌢前後の大きさにし、再び水に浸します。
柔らかくなったお餅は今度は、せいろで蒸し、蒸しあがったところで次は、餅つき機でもちをつきます。
つき終わったら、すぐに黒あんをくるみ、紅白のおまんじゅうに仕上げます。

(切ったもちは再びせいろで蒸します=上、蒸した後は機械でつきます=下)
0115omochi5.jpg 0115omochi6.jpg
(つき上がったもちには、手際良くあんをくるみます)
0115omochi7.jpg

あかつき屋のお客様とともに観音堂さんに伺った時は、もちのカビを取り除き、適当な大きさに裁断して、水に浸すところでした。翌日は、これらを蒸した後、もちつき機でもちをつき、紅白のおまんじゅうに完成することになっており、それに向けて、慌しく立ち働いておられました。

でも、ご主人と女将さんはその合い間に、いろいろとお話をして下さいました。
「昔は、金沢市内に100軒ほど餅屋があったけど、今は60軒ほどに減ってしまった。(経営者が)年をとったとか、機械が傷んだとかという理由で、辞めていったんやは」とご主人。

そして何より、日常生活において以前ほどお餅を用いなくなったのが最大の理由とされました。
「前は、やれお祭りや成人式やと言うて、隣近所にお餅を配ったもんやけど。結婚式なら必ずお餅を作ったけど、今はそんなお金があったら、若い人は新婚旅行のお金に使うんやろね」。
ご主人は笑いながらおっしゃいましたが、ちょっぴり寂しそうにも見えました。
「わしらも体が続く限りは、しっかりやっていきたい」と、ご自身に言い聞かすようにおっしゃいました。

東京からお越しになった若いお二人は、思いがけないお餅屋さんの仕事場見学に興味津々の表情。いくつかご主人に質問をされる一方、年輪が刻まれたご主人の大きな手を見せて頂きました。

鏡餅が観音堂さんに持ち込まれて、一週間ほどで今度は紅白のおまんじゅうに生まれ変わりました。つきたてで、まだ温かく、柔らかいお餅は、観音堂さんの近辺のお店や事業所に再び届きます。従業員の方々は、出来立てのお餅に舌鼓を打ち、気持ちを新たに新年の仕事に臨まれていることでしょう。

店主と従業員 息が合ったうどん屋さん

寒い冬は、あったかいものが食べたくなる季節。そんな時、足が向かうのは、田井町交差点そばのうどん屋「あじいちばん」さんです。
メニューが豊富。お手ごろ価格。そして店内がきれい。それで実は冬に限らず、一年をとおして通っています。
この度、ご主人らにお話をうかがったら、そんなお店の魅力は、ご主人と従業員さんらのチームワークによるものだと分かりました。

(「あじいちばん」さんのご主人と従業員の方々)
1221ajiichimain01.jpg

あじいちばんさんは、私のお昼ごはんには欠かせないお店。うどんが好きな上に、セットでミニ丼が注文できるからです。
うどんだけでは物足りない、かと言って、丼を一人前頼むと、完全なオーバーカロリーになります。

そんな気持ちを察してか、準備されているのが、ミニ丼。このお店では、ミニ丼としてえび丼、豚丼、味噌かつ丼など5品があり、いずれも270円。

(注文したいなたまあんかけうどんとねぎトロ丼のセット)
1221inatama.jpg

私はこの日、いなたまあんかけうどん(540円)に、ミニ丼としてねぎトロ丼を注文。満腹感の上に栄養バランスも整っている気がして、大いに満足しました。

このお店は開店して30年近くたつそうですが、女性二人の従業員さんは、オープン間もなくから今までずっと勤めておられるそうです。
その方々は、とても落ち着き、お店にしっくりとなじんでおられるので、私は今の今まで、どちらかが女将さんだと思っていました。

ご主人とその従業員さんらの呼吸はばっちりで、これまで協力して数多くのメニューを開発してこられました。その日食べた、いなたまあんかけうどんは、おいなりさんと溶き玉子がのせられた、あんかけうどん。試行錯誤の結果、店のまかない食から商品化したものだそうです。

このほか趣向の変わったオリジナルメニューでは、「ちーおむうどん」があります。チーズの入ったオムレツがのったおうどんで、人気の品だそう。

ご主人からさらに興味深いこともうかがいました。二人のお兄さんは、金沢と野々市で、うどん店を開いているとのこと。「兄とはライバルなんですよ」とご主人は笑って話されました。

ハロウインにちなんだパン いいね。

朝、あかつき屋のお客様と一緒によく行く材木町のパン屋「森長」さんに、思わず頬が緩むパンが棚に並んでいました。
今月末のハロウインにちなんで作られた、おばけかぼちゃクリームパンです。早速買って、あかつき屋で食べました。かぼちゃのヘルシー感とともに、クリームの甘みが何とも言えず、いつにもまして楽しいブレックファストとなりました。

(デビューとともに早速人気№1になった、おばけかぼちゃクリームパン)
1020bread1.jpg
(ハロウインまでの期間限定のようです)
1020bread2-01.jpg

お店では、このパンの前に、「New」のラベルが掲げてあり、新商品であることが分かります。にもかかわらず、「人気№1」の表示もあり、店頭に並べてすぐに人気に火が付いたのでしょう。
パンの表面には、ゆかいなおばけの絵がチョコレートとカスタードで描かれており、楽しい気持ちになります。

あかつき屋では、例によって、焼き立てパンを主食に、コーヒーそして簡単なフルーツで朝食を取りました。お店のラベル表示の通り、かぼちゃ本来の甘みのする餡で、ヘルシーさもあって、心地よい味わいでした。

パンの新商品開発にも余念のない森長さん。こんな発見と刺激もあるので、あかつき屋から森長さんまでの徒歩での道のりは、長く感じられません。

おいしい加賀棒茶のお店が近所に

知り合いから、あかつき屋の近くにおいしい加賀棒茶のお店があることを聞き訪ねました。そこは、扇町に店舗を構える「坂緑香(りょくか)園」さんで、あかつき屋から歩いて数分で行けます。

加賀棒茶を自家焙煎しているお茶屋さんで、そのお茶を買い求める傍ら、ご主人から加賀棒茶についていろいろとお話をうかがい、有意義な時間を過ごすことができました。

(加賀棒茶がおいしいと評判の坂緑香園さん)
0908kagaboucha1.jpg

お宿業に携わっていると、日本茶、コーヒー、紅茶など、お茶について自然と興味が募ってきます。加賀棒茶が評判であることを聞き、坂緑香園さんののれんを初めてくぐりました。

ご主人によると、加賀棒茶は金沢では昔から、いわゆる「番茶」と呼ばれ、一般家庭の定番のお茶でした。
巷では最近、お茶はコンビニや自動販売機で買うことが多くなりましたが、加賀棒茶は金沢では家庭の食卓のお茶として根強い人気があります。

(香り高いお味がした加賀棒茶)
0908kagaboucha2.jpg

妻に言わせると、加賀棒茶はなくてはならないもので、「子どもの時、遠足では決まって、冷やした番茶(加賀棒茶)を水筒に入れて持って行ったもんだわ」と、子ども時代のひとコマとしても身体に刻まれているようです。

坂緑香園のご主人は、加賀棒茶の歴史について教えて下さいました。
お茶は通常、葉を使うものですが、明治時代、金沢のあるお茶屋さんが大量に出るお茶の茎を捨てるのはもったいないと、お茶に使ったのが始まりだそうです。

この棒茶は、安い上に独特の風味があることから、一気に人気を呼び、棒茶は金沢の庶民の間に瞬く間に広まったそうです。

約70年の歴史があり、現在二代目である坂緑香園のご主人は、自宅作業場において、静岡茶や伊勢茶の茎を使って、直火型ドラム式焙煎機を操作し加賀棒茶を作っておられます。

ご主人はお店で、みずから手をかけて煎った加賀棒茶を急須に入れて、出して下さいました。
さっぱりとした、ほのかな甘みと、芳しい香りがし、気品さえ感じました。最近は、その手軽さからペットボトルのお茶を飲むことが多かっただけに、「久しぶりに、おいしいお茶を飲んだ」と、感動さえ覚えました。

この加賀棒茶、インターネット・ホームページでも紹介しているので、金沢とその近郊以外にも、全国から注文が入るのだそう。

焙煎機の操作には、自分しかできない独特の力加減があり、ご自身のことを「職人なんです」とおっしゃるご主人。穏やかな表情でお話しして下さいましたが、胸の内には、おいしいお茶を作り出す、強い誇りを秘めておられることを感じました。

鮎の塩焼き 「おいしそ~」

夕食のおかずの一品に加えたくて、午後3時頃、あかつき屋の近所の魚屋「越吉」さんを訪ねました。
お目当ては、ほっけの色づけ。人気の品だけに、「まだ、あるかな~」と半信半疑で行きました。

お店に着くと、ガラスケースの上は、とてもにぎやかな風景。今、焼きあがったばかりの鮎がずらりと並んでいるのでした。

(お店にずらりと並んだ鮎の塩焼き)
0719鮎の塩焼き

ほっけの色づけは、ありました。ほっと一安心。これもまだ温かく、二串買いました。目的は、これで達したのですが、そばにある出来立ての鮎の塩焼きを見ていると、これも欲しくなり、二本追加で買ってしまいました。

食卓にほっけの色づけなどを並べると、何とも言えない存在感があり、夕食は一気に活気づきます。
それにしても、今さらながら気づいたことですが、「夏は、焼き魚」なんですね。

連日の猛暑のなか、暑い暑いと言いながら、ホクホクの焼き魚を食すのは、夏の醍醐味と実感しています。ほっけの色づけや鮎の塩焼きは、焼き立てとあって、文句なしにおいしかったです。

ところで、お店で忙しくされていた女将さん。手を休めず、最後にこんなことを付け加えられました。
「うちは、イカも焼いているんやよ」「朝の散歩の途中に(焼き魚を)買っていくお客さんもいるんやは」。

イカも焼いているんですか。これは、また楽しみです。