FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

古い畳 中も「お宝」がいっぱい

町家リニューアルに伴い、修繕を行っている古い畳。工事初日の時、畳をまくったら、日本の高度経済成長期にあたる昭和44年の新聞が出てきたのですが(10月28日付ブログ)、その畳の中から今度は、昭和13年5月18日付北國新聞夕刊が出てきました。その1面には「徐州大会戦 愈々迫る」の大見出しが躍っていました。
その畳の床(とこ)は、手縫いがされており、これまた珍しいもの。興味尽きない日々が続いています。

(畳の床から出てきた昭和13年当時の新聞。下はアップ写真)
tatami01.jpg

tatami02.jpg

畳の表替えをされる倉西畳店さんから宿題を頂いていた畳の縁(へり)の色柄も決まり、修繕の様子を見せてもらうために、菊川町にある倉西畳店さんへ行ってきました。そこでは、畳に関するさらに有益なことを学んだのです。

畳と床板の間に新聞を敷くのは、防虫やすき間風を防ぐためであることは、畳を搬出する際に、倉西畳店のご主人からおそわりました。今度は、畳表を外した後の畳の床に新聞が付けられています。
「なぜ、こんなところに新聞があるのですか」。私は率直に尋ねました。
ご主人は、こう説明されました。
畳は、人が足でよく踏む場所にへこみができる。このため新聞やござを畳の床のへこんだ部分に足して、表面を均等にするのだそうです。
確かに、新聞のほかに、ござの切れ端が床に貼り付けられていました。

それにしても、「徐州大会戦 愈々迫る」と、時代がかった見出しが躍る新聞が貼り付けてあるとは。徐州大会戦は、第二次大戦前、日中戦争中の大規模な戦闘のこと。そんな新聞を中に入れて、これまで人が暮らしてきたんですね。

ご主人は、さらにこう付け加えられます。
「(畳の)床自体、最初から変えていないのでは」。というのも、昭和8年建築のこの町家で、昭和13年当時の新聞が中にあることに加え、床が手縫いであるからです。
そして、そばにある機械縫いの畳を示されました。

(左が手縫い、右が機械縫いの畳の床)
tatami03-1.jpg tatami04-01.jpg

そばにおられる奥さんも「古い畳と言っても、今どき手縫いされている畳なんて、まれやは」と力を込めておっしゃいます。
私は、なるほどとうなずきながら、奥さんは仕事のパートナーとして、よくご主人と外へ一緒に出かけられるのですが、ふだん仕事場でも、ご主人をサポートされているのだなと、感じました。

で、ご主人は「この古い新聞をお上げしましょうか」と聞かれました。
私は、一瞬迷いました。もらったとしても、どう保管しようか。
私は元にしておくのが一番と思い、
「新聞は、畳の床にまた貼っておいて下さい」と答えました。

歴史的な新聞を納めた畳は、表替えや縁付けを行った後で、元あった1階お座敷に戻されることになります。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/97-28bb3bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)