FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

初夏 卯辰山 花菖蒲や浅野川夕景

強い日差しや昼間の暑さから、梅雨入り近しを感じさせる金沢の気候。そんな中で、爽やかさを感じるひと時がありました。今朝、あかつき屋のお客様と近くの卯辰山の花菖蒲園に出かけたのです。

その園では、紫、青、白など彩り豊かな花菖蒲が見頃になっていました。園内をそぞろ歩き、きれいな花々を観賞。身も心もすっきりしました。

(美しい花々が広がる卯辰山の花菖蒲園)
0610hanasyoubu1.jpg
0610hanasyoubu2.jpg

この日あかつき屋にお泊まりになったお客様は、兼六園や茶屋街などメジャーな観光地はご存知でも、花菖蒲園についての知識はありませんでした。それで、そのフラワーガーデンは今ちょうど花が満開になっていることから、こちらからお誘いしました。

清純さと華やかさを兼ね備えた花の数々。山あいからは、風が流れて来て、とても気持ちのいい空間。
しばし散策した後、あずまやで一休み。持参した飲み物などを口にしながら歓談しました。

お客様のオランダ人男性とおしゃべり。オランダと言えば、チューリップが浮かんだので、「チューリップ以外に、アイリス(花菖蒲)もありますか」と尋ねました。

その男性。「アイリスもポピュラーです。(画家の)ゴッホが数多く描いています」とおっしゃいます。ゴッホは、代表作のヒマワリが有名ですが、この花菖蒲を題材にした作品もたくさん残していたのです。そして、そのゴッホは、オランダ生まれなのでした。

(アジサイの小道)
0610ajisai.jpg

花菖蒲園を縁取るように、アジサイも咲き始めました。満開になったもの、まだ緑がかったものと様々。そのアジサイに沿う小道も楽しみました。

    浅野川の素晴らしい夕景と出会う
卯辰山の麓を流れる浅野川。数日前の夕方頃、天神橋に差しかかった時、素晴らしい風景と出会いました。
やがて日本海に日が沈もうとする頃、空や雲は赤みを帯び、色のグラデュエーションをつくっていました。

(感動的な浅野川の夕景)
0610asanogawayuukei.jpg

右岸はひがし茶屋街、左岸は並木町のマンション群。静謐さと重厚さを醸すシルエット。その真ん中を浅野川が日本海に向かって静かに流れます。
歴史と現代そして、自然がつくるハーモニー。

この金沢に生きて、歓びと感謝の念を抱いた時間でした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/889-75e90dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)