FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

いい出会い、学生さん馬頭琴演奏聴く

こんな出会いは、そばで見ていても心地よいですね。週末あかつき屋にお泊まりになったのは、民族音楽をベースにした楽曲を演奏するグループ「カルマン」のお三方。金沢市内で公演するために、あかつき屋に宿泊されました。

同じ日にお泊まりになったのは、立教大学観光学部で学ぶ女子大生の4人さん。一夜明けた朝、カルマンのメンバーの方が、モンゴルの民族楽器馬頭琴を奏で、ノド歌ホーミーを響かせられたのでした。
片時、モンゴルの大草原にたたずんでいるような雰囲気に。女子学生さんたちは、その素朴な音色に魅せられました。

(馬頭琴を演奏されるカルマンの岡林さん)
0206batoukin.jpg

カルマンのお三方は、馬頭琴の岡林立哉さん、打弦楽器ハンマーダルシマーの小松崎健さん、打楽器バウロンのトシバウロンさんで、全国各地を回り、演奏活動を繰り広げられています。
あかつき屋には、市内のライブ喫茶「もっきりや」さんで公演された後、ご宿泊されました。

一方、女子学生の4人さんは、大学で観光学を専攻し、特に観光とまちづくりの関係に興味をもたれ、勉強されています。金沢町家も体験したいと、あかつき屋を選ばれました。

(観光について学ぶ立教大学の学生さん
             =写真掲載了解済)
0206rikkyou.jpg

一夜明けた朝、岡林さんが、学生さんらの要望に応え、即興で演奏して下さいました。馬頭琴の素朴な音色、ノドを鳴らすホーミーの響き。壮大なスケール感とともに、心身がいやされるような、穏やかなメロディー。片時でしたが、モンゴルの大自然の中にいるかのような雰囲気を味わいました。

6日は、京都でコンサートがあるとのことで、カルマンの皆様は、慌ただしくお宿を後にされましたが、学生さん含め私たちは、もっとカルマンさんの演奏を聴いてみたいと思いました。

皆様ご宿泊ありがとうございました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/861-d76b554a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)