あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

戦後70年、お客様通じ戦争悲話知る

戦後70年。戦争を知らない世代の私にとっては、第二次大戦がさらに遠くなる感がありますが、この度あかつき屋のお客様を通じて、この大戦の悲惨さを知る機会を得ました。

お泊まりになったお客様の80代男性の方々は、終戦間際の昭和20年8月、長野県内の軍需工場で働き、そこで仕事場を共にした女性のお仲間が愛知県豊川市内の軍需工場で戦火を受け、多数の方がお亡くなりになりました。

お客様たちは、その悲惨な出来事に心を痛め、少なからずご縁のあった方々の霊を慰めたいと、金沢にお越しになった機会を利用して、金沢・卯辰山にある慰霊の塔を訪れ、手を合わせられたのでした。

お客様の胸の内には今もなお戦争の生々しさが残るご様子。節目の時を迎え、人の命の大切さ、平和の尊さをかみしめたことでした。

(戦時中のことを回想される旧制飯田中学校の卒業生の皆さん
                          =写真掲載了解済)
0624teishinmain.jpg

(出版された書籍『中学校が軍需工場になった』)
0624teishinbook.jpg

今回お泊まりになったお客様は、長野県の旧制飯田中学校(現飯田高校)を卒業された方々です。この方々は在学中の昭和20年、学校の一部が軍需工場となりました。そこで勤労奉仕することを余儀なくされ、軍事製品の生産に当たられたそうです。

その学校併設の軍需工場は、愛知県豊川市にあった豊川海軍工廠(工場)の一部が移転(疎開)したもので、その関係から豊川のその工場の従業者女性(挺身隊と呼ばれました)の一部が飯田の軍需工場で働くことになったのでした。

当時、中学生でありながら、その飯田中学校の軍需工場で働いたお客様たちは、同じ工場内で働いたうら若い女性のことを今も鮮明に覚えておられます。そして、そのお仲間が実は、大戦が終わるわずか1週間ほど前の8月7日に、豊川の工場が米軍の爆撃を受け、多数亡くなったのでした。

その中には、石川県出身者が多数含まれており、今回あかつき屋にお泊まりになった旧制飯田中学校の卒業生の皆さんの金沢訪問の大きな目的が、無念の死を遂げた若き女性たちの霊を慰める、殉難おとめの像を訪れることでした。

今回の金沢の旅については、旧制飯田中学校卒業生で、現在金沢ご在住の堅田仁さん(85歳、天神町ご在住)がお世話されました。堅田さんら飯田中学同窓生はお泊まりの夜、昨日のことのように、学校併設の軍需工場で働いた日々のことを語られました。そして、その工場内で共に汗して働いた、当時10代後半の若い女性たちのこともしっかりと覚えておられました。

まだ年若い少年時代。まして、戦時下とあって、心の余裕もなかったのですが、友達の中には、彼女らに淡い思いを抱いた人もいたようです。

その当時のことは一昨年、『中学校が軍需工場になった 長野県飯田中学校生徒たちの昭和20年(1945)春夏』という本にまとめられ、出版されました。そんな本も手元におきながら、あかつき屋でお客様たちは、夜遅くまで、過酷な環境下、必死に生きた戦時中のことを語っておられました。

(出発の朝、おとめの像がある卯辰山に向かわれました。右から3人目が西村さん)
0624teishin2.jpg

金沢ご在住の堅田さんは戦後、思いがけないご縁から豊川の軍需工場で働いた女性と金沢市内で知り合われました。そのお一人が西村八重子さん(90歳、東山ご在住)で、24日朝、堅田さんら旧制飯田中卒業生とご一緒に、卯辰山にある、おとめの像に向かわれました。

(おとめの像の前で手を合わせられました)
0624teishinotome.jpg

緑濃い丘の上に建つおとめの像。その像の前に立ったご一行は、手を合わせ、若くして人生を閉じた50余名の乙女たちの冥福を静かに祈ったのでした。

歴史の生き証人とも言えるお客様を通じて、知った戦後史。そして、人生の出会い、めぐりあい。生の重み、深みを感じる数日間でした。

スポンサーサイト

コメント

自分の父は呉海軍工廠でした

豊川工廠の話・・金沢市からも学徒動員されていたんですね。
自分の父は、呉海軍工廠でした。実は、石川県には色んなご縁で、小生の自費出版本・非売品を登録して頂いております。
題名は、「ポツダム少尉 68年ぶりのご挨拶 呉の奇蹟 第4版」と云います。
金沢市立、小松市、羽咋市、輪島市、七尾市の図書館に登録されております。
是非一度ご覧下さい。

ご愛読御礼

ブログご愛読ありがとうございます。

私の父は陸士(陸軍予科士官学校)出身で、昨年夏90歳で他界しました。

戦争(第二次大戦)がさらに遠くなった感がしますが、父の身辺整理の関係で最近父の友人と連絡を取る機会があり、改めて先の戦争や昭和を振り返っています。

  • 2018/01/17(水) 11:43:39 |
  • URL |
  • あかつき屋 #-
  • [ 編集 ]

昔の記憶を

最初は、父の海軍時代の話を調べておりましたが、まだまだ、当時の方々も健在なので、話を聞いております。父の海軍技術科士官のお仲間の最高齢は、96歳です。金沢市にも同期の方がおられましたが、2年前にお亡くなりになり寂しくなりました。

飯田市図書館

続き

旧制飯田中学の皆さんに御伝言下さい。
小生の「ポツダム少尉 68年ぶりのご挨拶 呉の奇蹟」ですが、飯田市立図書館にも登録されております。
長野県は、登録されている図書館が多いので、是非お読み頂ければ幸いです。

呉海軍工廠での出来事も是非お読み下さい。

飯田市立図書館

了解しました。

  • 2018/01/19(金) 09:48:04 |
  • URL |
  • あかつき屋 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/807-53402e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad