FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

桜花 兼六園で満開、白山ろくで慎ましく

今年も桜花の美しさを楽しむことができました。慌ただしい毎日ながらも、あかつき屋の近くに兼六園がある訳ですから、行かない手はないと、無料開放最終日となった4月12日にそこへ出かけました。
花が満開になってからも、肌寒い日が続いたせいか、桜はほぼ満開の状態にあり、そぞろ歩きしながら、しばしその華やぎに酔いました。

一方、友人のYさんからは、白山ろくで開花した桜の写真がメールで届けられました。手取峡谷で自生する桜です。春が遅い白山ろくも、桜の花によって、長かった冬に別れを告げ、待望の春が訪れたことが感じられます。

(兼六園 満開の桜。兼六園菊桜付近や眺望台で撮影)
0412sakura11.jpg

      0414sakura22.jpg

0414sakura33.jpg

兼六園は、唐崎松や根上松に代表されるように、名松が多いことから、木々については松のイメージが強いのですが、こうして、桜の時季を迎えると改めて、花見にもふさわしい庭園であることに気がつきます。
この日、眺望台や兼六園菊桜付近、せせらぎなど、比較的桜が多いところを歩きながら、春を謳歌する桜を観賞しました。

白山ろくの桜の写真は、旧鳥越村地区の手取川に架かる黄門橋から写したものです。白山ろくの山あいに勤務先がある友人のYさんが通勤の途中、立ち寄って撮られました。

(手取川・黄門橋から高倉山を望む。峡谷で桜開花=Yさんが撮影)
0414takakurayamanozomu.jpg

背後には、高倉山があり、さらにその後方に霊峰白山の山容がのぞいています。
ここは、兼六園と違って、洗練された雰囲気はありませんが、その素朴さこそが、この山里の魅力でしょうか。モノトーンの木々の中にあって、桜の花は慎ましげですが、それでも春の口火を切った存在感があります。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/787-48ef8970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)