FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

そぞろ歩けば「一箱古本市」

東山界隈に所用があって橋場町でバスを降りたら、予定より20分ほど早かったので主計町をそぞろ歩き、小路に入りました。前方では、人が慌しく作業をしている様子。最初は野菜の即売でもするのかと思ったら、近づくとそこは、お寺・源法院の境内。これから開く古本市の準備をしているのでした。
(開店の準備をする一箱古本市出店の皆さん)
huruhonichi1.jpg

町家ゲストハウスの近くに住むYさんからお話をうかがいました。
これは「一箱古本市」と呼ばれるもので、金沢市内の古本店のほか、一般の人が一箱分の古本を持ち寄って即売する催し。このような古本市は、2005年に東京の谷根千で始まり、全国に広がったそうです。

富山から来られたというIさんという女性も、箱にいっぱい詰まった古本を出しておられました。
箱の片すみに「ミサコさんのおはぎ」と表示されたパック入りのおはぎを出されていました。

(Iさんが出したお店。お母さん手作りのおはぎも出しておられます)
huruhonichi2.jpg

ミサコさんとは、Iさんのお母さんのことで、おはぎは、そのお母さんの手作り品。それを注文したところ、「まだ(10時の)開店前なので」と、申し訳なさそうにお断りされました。
当然ですよね。

東山での用事が終わったら、再びここに来ようと思い、「後でまた来ますので、よろしくお願いします」と、その場を後にしましたが、残念ながら急用が入り、古本市へ戻れませんでした。

「Yさん、Iさん、ごめんなさい。またお会いしましょう!」

来月の古本市には、これを目当てに来たいと思います。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/64-3b6ae449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)