FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

トルコを身近に感じた二日間

あかつき屋にヨーロッパとアジアを結ぶ国トルコから初めてお客様がお越しになりました。日本人女性のご案内で日本旅行をされている中で、金沢を訪問されたのです。

にっちゅうのご観光の後、夜はあかつき屋でおしゃべり。トルコの方々からは、いろいろとお国のことを聞かせて頂き、興味深く、楽しい時間になりました。

(あかつき屋にお泊まりになったトルコからのお客様・左端から二人と右端の女性。真ん中はFさん。その右が建築家のアメリカ人男性=写真掲載了解済)
1018turkey.jpg

日本人女性のFさんは長年アメリカにお住まいで、そのご滞在中にアメリカ留学されていたトルコ人の男女3人とお知り合いになりました。
今回の日本旅行では、Fさんが幹事となり、その後お国に戻られたトルコ・イスタンブールの方とアメリカの建築家とともに金沢に来られ、あかつき屋には全室貸切でお泊まりになりました。

ご一行は兼六園やひがし茶屋街など、城下町金沢の伝統美が色濃く残る観光地を中心に回られました。

せっかくの機会なので、私はトルコの方にお国のことをいくつか尋ねました。トルコの魅力的な場所として、お客様が真っ先に挙げられたのは、奇岩が数多くある自然の景勝地カッパドキアでした。

あかつき屋に、2020年東京オリンピック開催決定を祝うポスターがあり、それを目にされたので、オリンピックのことが話題に。
トルコの皆さんには申し訳ないことになったと話すと、トルコの方々は「自国は、交通機関やインフラがまだ不十分。五輪が開催されることになれば、トルコにある古いものが損なわれるかもしれないし、東京開催で良かったんですよ」と笑って話されました。
こちらに気を使っての言葉かもしれませんが、そう言って下さって、ほっとした気持ちになりました。

アメリカからお越しになったのは、建築家です。あかつき屋の前のお寺・広済寺さんに関心を示され、今朝お寺を拝観されました。
欄間など、あちこちに精巧な彫刻が施された立派な建物で、古い歴史のあるお寺が、住宅が多いこの下町にしっくりと違和感なく存在する姿に、金沢の懐の深さを感じられたようでした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/578-5b2fd35e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)