FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

恩師招き同窓会、夜遅くまで和やかに

40年ほど前に卒業した大学の恩師と教え子の方々との交歓がこの三連休、あかつき屋で繰り広げられています。
先生はこのほど喜寿を迎えられ、その先生の教えを受けたかつての学生さんたちは還暦を迎えられ、人生の節目を刻まれました。

金沢・あかつき屋に集われたこのお客様たちは、旧交を温めるとともに、互いの健康と今後のさらなる活躍を確認しあっておられました。

(あかつき屋で同窓会をされた東京学芸大学の卒業生の皆様。
                  前列左から2人目が杉山先生。その右が奥様)
1013gakugei1.jpg
(談笑される杉山先生ご夫妻)
1013gakugei201.jpg

今回のお客様は、東京学芸大学教育学部中等教育教員養成課程数学科を昭和46年に入学された方々です。その入学時にクラス担任として指導を受けた杉山吉茂先生(東京学芸大学名誉教授)を金沢にお招きして、同窓会を開かれたのです。
この催しの幹事は大学時代に同じクラスで机を並べられ、その後ゴールインされた藤森さんご夫妻が務められました。

お客様によると、自分たちは、昭和46年大学院を修了された杉山先生が、東京学芸大に赴任されて初めて受け持ったクラスの学生だったそうです。
お兄さんのような親近感があり、「当時空いた時間によくソフトボールやテニス、スケートをして遊んでもらいました」(お客様)とのことでした。

もちろん学問に対する姿勢には学ぶことが多く、「数学する心を教わりました」と長年の教職生活を定年で今春終えられた藤森さんご夫妻は、敬意の念を込めて振り返られます。

杉山先生は現在日本数学教育学会名誉会長の要職にありますが、そんなことを感じさせない親しみやすさも魅力のようです。

杉山先生は「長年、東京学芸大学に勤めたが、このクラスは特に仲が良く、まとまりが良い。私が学芸大に赴任した時、時間があったので、よく一緒に遊ぶことができたからかもしれないね」と笑って話されました。

この同窓会にご一緒された妻の由紀子さんは「今回で金沢に招いて頂いたのは3回目となります。教え子の皆さんが立派な先生になられて、頼もしく感じています」と目を細めながら感謝の言葉を口にされました。

(白山スーパー林道ふくべの大滝前で記念撮影
               =お客様ご提供写真)
1013fukube01.jpg

この東京学芸大学の先生と教え子の皆様のあかつき屋でのご宿泊は二泊三日で、三連休を存分に使われました。今日は、紅葉が見頃な白山スーパー林道と越中・五箇山に行かれました。おすし屋さんでのご夕食の後、あかつき屋では木工パズルに興じながら、夜遅くまで楽しいひとときを過ごされました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/577-d25e54cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)