FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

真夏の金沢 ドラマチック・ナイト

今宵、金沢では猛暑を忘れる素敵な夜となりました。犀川川原では、北國花火大会があり、会場までご案内したあかつき屋のお客様は、上流の桜橋からご観賞、光と音の祭典に酔いました。

一方その夜、あかつき屋では、21世紀美術館へ出かけられたお客様もいらっしゃいました。静寂が包む、アート空間。魅惑的な色のオブジェもあり、非日常を味わわれました。

(桜橋で花火を鑑賞されたあかつき屋のお客様=写真掲載了解済)
0727hanabi.jpg

この日は連泊中のオランダからのお客様もいらっしゃり、日本の夏を体験して頂こうと、埼玉からお越しの男性お二人とともに花火大会に行くことにしました。

あかつき屋から歩いて出発。小高い兼六園・金沢城付近で花火を見る場所を探しました。しかし、そこはビルの谷間から見える程度で、もう一つでした。

それで、犀川に架かる桜橋まで行くことにしました。8時頃に到着。既に橋の上や川原に人がいっぱいいました。私たちは橋の中ほどに陣取りました。

(様々な花火・上、下)
0727hanabi101[1]
0727hanabi201[1]

花火は次々と上がりました。大輪を描くものから、しだれ柳を描くようなものまで様々。音と色彩の饗宴。川原からは、拍手と歓声が上がりました。

(クライマックスでは大きな花火が上がり、空が明るくなりました)
0727hanabi301[1]

夜の犀川の表情。花火が上がるたびに、前方の丘陵やビルなどの建物群がシルエットとして浮かび上がり、目の覚める思いに。川原だけに、風もあり、心地よかったです。

オランダから来られたカップルのお客様。「とてもきれいでした」と感動の表情。そして「日本の花火は、ヨーロッパと比べて、スケールが大きいし、仕掛けもあり、見ごたえがありますね」と感想を話されました。

(魅惑的な21世紀美術館のオブジェ=お客様ご提供写真、以下同じ)
072721bi1.jpg

一方、東京からお越しになった女性二人のお客様は、夜、21世紀美術館を訪ねられました。花火の音が聞こえる中、静かに館内で過ごされました。

(お客様は内・外で思い思いに過ごされました)
072721bi2.jpg
                         072721bi3.jpg

魅惑的な屋外のカラフルなオブジェ。タレルの部屋では、四角く切り取ったふき抜け天井から夜空を眺められました。
「忘れられない金沢の夜になりました」とお二人は印象を話されました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/543-40ad1eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)