FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

タイからの留学生、和の趣ご堪能

この度あかつき屋で、タイ人留学生のご一行様をお迎えしました。
市内観光の一方、金沢町家であるあかつき屋の和の趣を味わわれたほか、あかつき屋の前のお寺広済寺さんも訪れ、歴史のある雛人形や本堂を見学されました。

(あかつき屋にお泊まりになったタイ人留学生の皆様=写真掲載了解済、以下同じ)
0317ThaiBKC01.jpg

今回のタイ出身のお客様は、立命館大学草津キャンパス(滋賀県、略称BKC)の大学院で学ぶ留学生の方々です。
バイオテクノロジーや建築、機械などを専攻されており、この大学院を修了されたら、「タイに帰って、お国の発展に尽くしたい」との志をもっておられます。
今回の金沢旅行は、ハードな研究生活の合い間を縫って、「リフレッシュを兼ねたもの」(お客様)でした。

あかつき屋の和風のお部屋を気に入られる一方、あかつき屋界隈の下町風情も楽しまれました。
前の広済寺さんでは、格調高いひな人形の段飾りを見せて頂きました。

(神殿造りの雛人形飾りを見学されました)
0317Thaihinadoll.jpg

これは、今年88歳になる広済寺さんのおばあさんが大正14年に誕生した際、そのお母さんの津幡のご実家からお寺に贈られたものだそうです。
今では珍しい神殿造りが、大きな特長になっています。

あかつき屋では旧暦の桃の節句まで、上がりの間の木目込みのお雛様をはじめ、各お部屋にひな人形を飾っていますが、タイの方々は、これらとはまた違った趣の雛人形飾りに目を見張り、熱心に写真を撮っておられました。

(本堂でおまいりもされました)
0317Thaiomairi.jpg

この後、ご一行様は本堂を見学。コンクリート造りが多いタイのお寺と違って、木をふんだんに使った建築様式にも興味がそそられたようでした。

タイも日本と同じ仏教国。仏前に並ばれた留学生の皆さんは、タイ式にのっとり、手を合わせ、体を前に折り曲げておまいりされていました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/481-a39505f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)