FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

除雪に奮闘、餅屋さんでは、かき餅作り

この冬最大級の寒波であることには、間違いないようです。夜来の雪、朝の雪、昼間の雪と、ほぼ休みなく雪が降り、あかつき屋では、スノーダンプなどを使って家回りの除雪に精を出しました。寒さでアスファルトに張り付いている雪があるため、それをはがすのに一苦労。
毎年のことながら、もっとうまい方法がないものかと思いながらの作業となりました。

でも、この寒さは、お餅屋さんでは、待ち望んだ気候。近所の山本観音堂さんでは、この時を逃してはなるまいとばかりに、懸命にかき餅作りに当たっておられました。

(近所の人たちで除雪されたあかつき屋の前の小道。兼六園へと続きます)
0128yukinomichi.jpg

今日は、青空がのぞいた時間を見計らったように、近所の人たちが家の前に出て、雪かきを始められました。私も歩調を合わすように、スノーダンプで雪を側溝へと運んだり、鉄製のスコップでアスファルトに硬く張り付いた雪を除く作業に勤しみました。
ここ数日日射しが強くなってきているので、「こんな作業も、あとわずかかな」と願いながら。

山本観音堂さんでは、寒はかきもち作りの最盛期。今日は朝から餅米をせいろで蒸し、蒸し上がったそれを餅つき機でつき、とぼの木枠で型をとる作業に忙しくされていました。

(つき上がったお餅は、かき餅にするために木枠に入れられます)
0128kakimochi1.jpg
(かき餅サイズに切られたお餅。天井から吊るして乾燥させるため、次に麻縄で編まれます)
0128kakimochi2.jpg

一年で最も寒くなる今の時季は、雑菌が繁殖しにくく、水がきれいなので、かき餅作りには最適なのだそうです。せいろから湯気が上がり、餅つき機の規則正しい音が響く作業場の中で、女将さんが「つきたてのお餅を食べてみませんか」と言われるので、お言葉に甘えました。

「体があたたまるほどに、ホカホカのお餅。すごくおいしい」。なぜつき立ては、こんなにまでおいしいのだろう。
とても身近にあるお米を改めて見直すことに。複雑なことをしなくても、おいしく頂けるのだとも感じました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/458-3ea9ef15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)