FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

表具屋さん「寒の水でないと」と備蓄

一年で最も気温が低くなる「大寒」。この時季がもってこいであると、ある作業をされる職人さんがいらっしゃいます。
金沢市菊川町の瀬田表具店さんでは、毎日の仕事で使う「水」を大量に水道から汲み、備蓄されているのです。

「寒の水は腐らず、長持ちするんやは。この仕事には欠かせません」と瀬田さんは2㍑入りのペットボトルに60本ほど水を蓄えられました。

(寒の水をペットボトルに蓄えられた瀬田さん)
0119kannomizumain.jpg

瀬田表具店さんは、金沢町家であるあかつき屋が2年余り前、開業前のリニューアルに当たって、障子やふすまなどを張り替えてもらったところ
その際、表具屋さんの仕事などをいろいろと教えてもらいました。

(表具の作業で使う糊。水は重要です)
0119nori.jpg

表具屋さんはふだん、障子やふすまの張替え、掛け軸の修復などを行っていますが、その作業では、決まって糊(のり)を使います。その糊を溶かすのが水で、糊の粘り気をちょうど良い具合にするには、水は重要になってきます。貼る物によって、糊の濃さが異なり、その調整をするのが、水です。

「腐った水を使うと、糊がべちゃべちゃになり、紙にくっつかなくなる」と瀬田さん。その点、寒の水は腐らず(雑菌が繁殖せず)、とても仕事がしやすいのだそうです。
そして、仕事の要となる水は、大寒の頃に水道水から一気に汲み上げ、ペットボトルに蓄えておくのです。

(ペットボトルに水道水を入れる作業)
0119mizu1.jpg
(水でいっぱいになったペットボトルは、段ボール箱に入れて保管します)
0119mizu2.jpg

この日は朝9時半頃から、瀬田さんは中学三年生のお孫さんとともに2㍑入りのペットボトルに水道水を入れる作業に当たり、2時間ほどで60本分を詰め終えました。
この後、表に水を汲んだ日付を記した段ボール箱にペットボトルを詰めて、地下室に保管しておきます。この水は3年はもつとのことです。

年中行事とも言える大寒の水の備蓄を終えて、瀬田さんはほっとした表情。しばし雑談しましたが、瀬田さんは「こうしてとっておいた水は、災害が起こった時に飲み水としても使えるんやは」と水は防災の役目も果たすのだと、笑顔を浮かべながら話されました。

スポンサーサイト



コメント

あら、おじちゃん みーっけ(*^_^*)

  • 2013/01/26(土) 11:24:10 |
  • URL |
  • ちびまま #-
  • [ 編集 ]

いいおじちゃん

気さくな、いいおじちゃんですね。

  • 2013/01/26(土) 22:26:39 |
  • URL |
  • あかつき太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/455-53979f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)