FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

手作り木製パズル お客様楽しむ

今朝、あかつき屋では思いがけない楽しい光景が生まれました。女性のお客様が、ご近所の木製玩具作り名人の男性と一緒に、ひととき木のおもちゃで遊びに興じられたのです。

木製の玩具は、ジグゾーパズルや昇り人形の蝶々など。おもちゃは、いずれも木のぬくもりが感じられるもので、お客様は、あったかな木の肌触りを楽しみながら、童心に返ってそれら玩具に親しんでおられました。

(山下さんが手作りされた木製玩具。手前が昇り蝶。そのほかは、十二支パズル)
1128gangumain.jpg

今朝、朝食が済んで私がキッチンで片付け仕事をしていた時、お泊りのお客様が「玄関に人が来ています」と呼びに来られました。
「誰だろう?」。不思議に思って玄関に出て行くと、ご近所の山下さんでした。

山下さんは日頃、木製玩具作りに取り組んでおられ、自宅工房で、様々なものを作ってこられています。つい先日には、木で作った蝶をひもに通し、ひもの端を交互に引くと移動する「蝶」をこしらえられ、あかつき屋にくださいました。

今回は、手に数多く木で作ったものをお持ちです。何かとお尋ねすると、えと十二支を組み込んだ木製パズルです。
木の板を糸鋸で裁断したもので、木枠には、牛やうさぎ、へびなどのえとが、はめ込まれています。
私は、初めて見るものでした。
偶然お客様がいらっしゃったので、その遊び方の習得も兼ねて、お客様にその玩具に挑戦して頂きました。

(十二支パズルに挑戦されるお客様と山下さん・左)
1128gangu1.jpg

パズルは、いったんばらすと、元の形に戻すのはなかなか容易ではないようで、お客様は動物をかたどったピースの組み立てに真剣な表情で取り組んでおられました。
その傍らで山下さんが、笑顔を浮かべて作業を見守っておられ、時にお客様にアドバイスされていました。

(お客様は昇り蝶のおもちゃにも挑戦されました)
1128gangu2.jpg

お客様は、仕掛け玩具の蝶遊びにも挑戦されました。二本のひもの両端を持ち、その端を交互に引っ張ると、羽根の穴にひもを通した蝶が、少しずつ上の方に上がっていきます。
お客様は、ひもを引きながら、蝶がじりじりと上がっていくのを楽しんでおられました。

私はしばらくその光景を眺めていましたが、お客様と地元の人との予期せぬ交流に、何とも言えない、ほんわかとした気持ちになりました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/428-0153aa4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)