FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

あかつき屋から越中おわら風の盆へ

9月入りとともに、越中八尾のおわら風の盆が始まりました。
北陸路に秋の訪れを告げるそのお祭りに、あかつき屋に連泊されているお客様ご夫婦が、二日に出かけられました。

その日は夜遅くに帰って来られたご夫妻。哀愁漂うお祭りは「金沢旅行の良い思い出になりました」と、笑顔でそのお祭りについて語って下さいました。

(坂の町・八尾で繰り広げられる風の盆=お客様ご提供写真、以下同じ)
0902kazebon1.jpg
0902kazebon2.jpg

0903kazebon3.jpg

今では、全国にその名が知られるおわら風の盆は、三百年の歴史があるとされています。胡弓の音色が、哀愁を帯び、その調べに合わせて、着物姿の男女が踊る姿は、優雅であり、りりしくもあります。
私も幾度か、風の盆を見物し、その魅力のとりこになった一人です。

お客様は二日、昼頃に八尾に到着され、明るいうちから踊り流しをご覧になりました。この時間帯は、観光客がまだそんなに多くなく、落ち着いて踊りを見ることができたそうです。

(あかつき屋から八尾風の盆に出かけられたお客様=写真掲載了解済)
0903gohuufu01.jpg

美しい坂の町に繰り広げられる、気品があり、優美な踊りは、何とも言えない心持ちになった、と言われます。幸いさほど暑くもなく、雨もぱらつく程度であったため、すごしやすかったとのことでした。

夜は、大勢の団体客が入ってこられたため、「町は混み合い、お昼のようにはいかなかった」と、ちょっぴり残念そうでした。「日付が変わる頃になると、(団体客が引き)きっと、静かに見られるかもしれないわね」とお二人。

JRで金沢-八尾間を往復されたお客様。「今度は、あかつき屋にグループで貸し切って泊まり、車で風の盆を見に行くのもいいわね」と話されました。
そうであれば、私も一緒に風の盆が見れます。わくわくするアイデアです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/388-1569b615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)