FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

軽快に さわやかにギャラリーめぐり

城下町・金沢は、今日もまぶしい日射しが降り注ぐ暑い日に。そんな中、あかつき屋に連泊されている東京ご出身のご夫婦は、公共レンタサイクルまちのりの自転車を駆って、まちなかをエネルギッシュに回って来られました。

お目当ては、「工芸未来派サテライト」と題して、市内とその近郊にある12のギャラリーで開かれている企画展を見ること。夕方帰って来られたお二人は「様々な発見や出会いがあり、とても楽しかった」と振り返っておられました。

(市内のギャラリーが図示されたリーフレット)
0803machimeguri0101.jpg

工芸未来派サテライトは現在、21世紀美術館で開催中の作品展「工芸未来派」と連動したもので、参加する12のギャラリーでは、陶芸や漆器、ガラス、金工など幅広い分野の作家の意欲作を展示しています。

あかつき屋にお泊りのご夫妻、ご主人はガラス工芸、奥さんは陶芸に携わっておられ、今回の金沢旅行の目的は、金沢に息づく伝統工芸や現代アートにふれることでした。

昨日は金沢21世紀美術館や県伝統産業工芸館などを回られ、今日は、主に若手作家の作品が集まる「工芸未来派サテライト」を見に行かれたのでした。

あかつき屋に戻られたお二人、ギャラリー6個所を訪れ、いろいろと感じることがあったようです。
「金沢のまちの規模で、これだけ多くのギャラリーがあるなんて驚き」
「若い作家さんをまち全体が応援しているのが分かりました」
金沢の文化土壌の豊かさを実感されたようです。

また、あるギャラリーでは、直接漆芸作家と出会い、おしゃべりできたそうです。
「その作家さんの独特の技法についても聞けて、勉強になりました」

きのうの朝、金沢駅に着いて、まずその駅舎のざん新なデザインに驚かれたお二人。街に出れば、あちこちにアートが展開する、百万石の城下町・金沢。

二泊三日で回ったこの街は、美と心地よさと、ほどよい刺激を旅人に与えてくれました。各所のギャラリーはまた炎天の外界と違って涼しいものでした。
金沢ステイは、お二人にとっては、心身がリフレッッシュされ、創作活動に新たな情熱を生む契機にもなったようでした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/374-f238d76d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)