FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

お宿の中は、夏休み子ども工作教室!

あかつき屋でこれまで、様々なお客様をお迎えしてきましたが、この週末、極めてインパクトの強い光景を目にすることになりました。

二組のご家族連れのお客様、そのお子さん3人すべてが折り紙や工作など、手作り作業が大好きで、あかつき屋にご滞在中、暇を見つけては、折り紙作りなどに取り組まれたのです。
その熱中ぶりといったら、そばで見ていると、一心不乱というか、迫力を感じるほど。子どもたちは、手をスイスイと動かして、様々な紙細工を作られました。

(朝食後、工作に熱中する子どもたち)
kousakumain01.jpg

あかつき屋では、これまでお客様(大人)が作られた折り紙細工をいつもテレビ台に飾ってあります。いい和のアクセントになっており、お客様には好評です。

その折り紙をこの週末にお泊りになったお客様の子どもさんが、即座に見つけ、「折り紙したーい」とおっしゃいます。
あかつき屋では、折り紙は常備していますので、すぐ子どもたちに渡したところ、早速、身体にスイッチが入ったように、集中して折り紙作りを始められました。

(折り紙作りに熱中する左から徳田裕典君、千太郎君そしてお母さん)
kousaku1.jpg
(井上楽斎君も夢中に)
kousaku2.jpg

その熱心さもさることながら、感心したのは、オリジナル作品にも挑戦されること。はさみも使って、タイヤの付いたオートバイや、色紙6枚も使った色鮮やかな独楽(こま)など、随分と工夫が凝らされたものが数多くありました。

今朝も、朝食が終わるか終わらないうちに、紙細工遊びをしたいということで、お座敷を開放。こちらで提供したお菓子の空き箱やカレンダーの大きな紙なども使って、帆かけ舟や飛行機などを、てきぱきと作っていかれました。

(出来上がった飛行機や舟、コマ、ちょうちょ、ヘビ、サツマイモ、手裏剣などの力作)
kousakutenji.jpg

そばで見ていると、頭でアイデアが思いついたと同時に、手が動いているといった感じで、子どもの内に秘めた創造性や造形力に、感動さえ覚えました。

すごくモノづくりが大好きな子どもたち。それには、わけがあるようにも思えました。
子どもたちのお父さんは、アートの第一線で活躍する人なのです。

4歳児のお父さんは、画家の井上よしとさん。小学2年生と4歳児のお父さんは、東京でカメラマンとしてご活躍の徳田悟さんなのです。

子どもさんは、親御さんから、アーティストとしてのDNAを引き継いでおられるのですね。この町家が、思いがけず、ちびっ子芸術家たちの創作の場にもなり、この夏の大きな思い出の一つになりました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/372-964bfa63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)