FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

涼しげ 名園の花生けやお城のトンボ

夏休みに入り、あかつき屋へは、中高校生や学生さんら若者グループが相次いでお越しになっています。
百万石の城下町金沢は、まぶしい日射しの中にありますが、そんな中で、皆さん街なかへ元気いっぱいに出かけられています。

このうち、東京からお越しになったカップルは、涼を感じるシーンをカメラに収めて帰って来られました。名園の風情や生き物の息遣いなどを活写した写真は、真夏の城下に心のオアシスとも言える、ひとコマ、ふたコマでした。

(長町武家屋敷跡界隈、俵屋の飴でくつろがれるお二人
  =ご提供写真、掲載了解済、以下同じ)
0723couplemain.jpg

まちのり自転車を駆って、市内をめぐられたお二人。長町武家屋敷跡では、俵屋さんで買った飴を楽しみながら、土塀が続く町並みを散策されました。

まず、ミシュランの格付けで二つ星に選ばれている加賀藩士の屋敷跡・野村家に入られました。庭園の曲水が、家の縁側のすぐ下にまで流れているため、お二人は「とても涼しかった」と振り返られました。

(曲水が流れる野村家)
0723nomurake1.jpg
(細いせせらぎに渡した竹に花が生けられていました)
0723nomurake2.jpg

その細いせせらぎの上に竹で作った花生けが置かれ、きれいな花が生けられてありました。見るからに涼しげで、こんな細部にまで気配りされるところに、金沢の人のやさしさと繊細さを感じたとお二人は、おっしゃいました。

(金沢城の広々とした芝生広場)
0723shiro1.jpg
(見知らぬトンボがたたずんでいました)
0723shiro2.jpg

炎天の中、金沢城公園や、せせらぎが流れる白鳥路へも足を延ばされました。
広々とした金沢城の芝生広場では、なにやら生き物がはいつくばっています。「羽根が黒い蝶かと思ったら、トンボでした」(お二人)。
トンボは羽根の大半は黒く、先っぽは、透明です。
「名前が分からないけど、お城の中では、珍しいトンボもいるんだ」。お二人は不思議な感覚を抱きつつ、金沢のもう一つ別の表情を見られたようでした。

真夏の太陽の下にある城下町・金沢。でも、街のあちこちに知られざるクール・スポットがあることを知ったお二人。

今朝、忍者寺(正式名・妙立寺)を訪問された後、車で能登半島へと向かわれました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/370-9c8ca57d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)