FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

建築学ぶ大学院生、金沢の下町を探訪

今朝、あかつき屋にお泊まりになった若者たちを周辺の天神町や横山町、材木町などをご案内しました。このお客様は、東京の大学で建築学を専攻する大学院生たち。今春大学院を修了し、社会人になるのを前にして、卒業旅行として金沢に来られたのでした。

藩政時代の面影が色濃く残る金沢。その中でも、天神町など、あかつき屋の周辺の町は、町家が多く下町風情が漂うところ。学生さんらは、興味深そうに街並みを見て回られました。

(こまちなみに指定されている天神町界隈を見て回るお客様)
tenjinmachikengaku.jpg

昨晩、若者たちとおしゃべりしていた際、彼らが建造物だけでなく、金沢の古い街並みやまちづくりにも関心があることが分かり、街並み探訪を企画させて頂いたのでした。

あかつき屋の近くで注目すべきは、天神町。小立野台のふもとに位置するこの町は、古い町家が多いことから、金沢の「こまちなみ」に指定されています。
若者たちは、この「こまちなみ」というユニークなまちづくりの概念のもとに、家主がこの補助制度を利用して、町家の美観を整えている様子に強い印象をもたれたようでした。

この天神町界隈には、昔からの個人商店が何軒も残っており、そのうち魚屋「越吉」さんに立ち寄りました。お客様はガラスケースに並ぶ日本海のお魚を眺めながら、お店の人とおしゃべり。一人の男性のお客様が、ある黒く四角いものを手に取って「これ何ですか」と聞かれました。

それは黒作りでした。ご飯にのせて食べるもよし、酒の肴にするも良しと説明され、新湊(現富山県射水市)産のそれを買い求められました。

(横山町では広見も見学しました)
0223yokoyamachouhiromi.jpg

若者たちとともにこのほか、横山町や材木町へも足を運びました。横山町では、広見に寄りました。ここで、たまたま犬を散歩されている年配の男性と出会いました。

広見は、まちなかにあって住民が交流できる、貴重なオープンスペース。男性は「ここで5年ほど前まで、盆踊りをしたもんや」とおっしゃいました。

私は以前ここで開かれた青空市にお邪魔したことがあり、そんな場にもなっていることを彼らに合わせて紹介。若き建築家たちは、あちこちで、まちの人とふれあい、金沢に対する認識を新たにされたようでした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/300-b435e605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)