FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

ホットにパン作り 森長さんの朝

あかつき屋では朝、お客様とともにパン屋の森長さんへ行くのが日課になりつつあります。今日も神奈川県内から来られたご家族とともに朝食の買い出しに出かけました。
早朝、お店はパン作りの追い込みの時間帯でもあり、ご主人らが様々なパンの仕上げの作業に当たっておられます。

(森長さんの朝。パンに生クリームを載せたり=上、袋にラベル貼り=下、と大忙し)
morichousanasa1.jpg
morichousanasa2.jpg

あかつき屋は食事をお出ししない素泊まりのお宿。お客様のお食事の主なパターンは、夜はお料理屋さんなどで日本海の幸を中心に楽しまれ、翌朝については、温泉旅館のような豪華なものは望まず、比較的簡単なもので済ます方が多くなっています。

それでも、朝はそれなりに豊かさとヘルシー感を味わいたいというのが、お客様の志向のようです。そうなると、朝の早い時間から焼き立てパンを店頭に並べる森長さんのようなお店が、がぜん人気が高くなります。6時半開店というのは、何と言っても魅力です。

今日も神奈川県からお越しのお客様とともに、森長さんへ赴きました。この時間帯、パン屋さんにとっては、おそらく一日で最も忙しい時間ではないでしょうか。

ご主人や女将さんが、よくパン作りの仕上げの作業に当たっておられます。一分一秒惜しい時間なのでしょう、真剣な表情で作業に励むお姿は、熱を帯びています。
「パン屋さんの朝は、こうして始まるのか」。とても貴重な場にいる気がするのは、ご商売の良きお手本と感じるからでしょうか。

この日の朝、私はパンを買ってレジに立つと、女将さんから「あきませんか?」と言われました。何のことか分からず問い返すと、どうも私がここに来ると決まってメロンパンとコロッケを買うからのようです。
「あきませんか?」というのは、「(いつも同じものを買って)飽きがこないか」という意味だと分かりました。

「ぜんぜん」。だって森長さんのメロンパンは、品のある甘美な風味なのですから。コロッケも体に良い庶民の食の王様だし。

(今朝お客様が買われたパン=上、とお庭を眺めてのご朝食=下)
1104pan1-01.jpg
oniwamitechousyoku.jpg

お客様の方は、家族4人で来られたとあって、様々なパンを購入されました。あかつき屋に戻って、コミュニティルームでご朝食。

(私が買ったメロンパン、コロッケとブルガリアヨーグルト)
1104pan2-01.jpg

前方に朝の光を浴びたお庭を目にしながら、パンを口に運ばれます。日常の雑事を忘れることができる、豊潤なひとときを味わわれたようです(お宿の自画自賛ですね)。














スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/248-b7cf3d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)