FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

鯖のヘシコ、自家製にひかれ

町家ゲストハウスの徒歩圏内にある扇町、天神町界隈。そこには数軒の魚屋さんがあり、そのうちの一軒、扇町の「越吉(こしきち)」さんを訪ねました。
(町家風建物の鮮魚店「越吉」さん)
koshiyoshisan.jpg

越吉さんの店舗は、大正14年の創業とあって、町家風の建物。店頭には、いく種類もの鮮魚が並んでおり、自慢のうなぎのかば焼もガラスケースの中にありました。
(鯖のへしこ)
heshiko.jpg

その中で、目に留まったのは、「自家製鯖(さば)のへしこ」の文字。金沢では「こんか漬け」が一般的な呼び方だけに、余計に興味をもちました。

ご主人に話をうかがうと、今年は猛暑だっただけに、7、8月はよく出たそうで、「あと(鯖を漬け込んだ)桶は一つだけになりましたわ」(ご主人)とのこと。鯖を漬けて、出来上がるまでには1年かかるそうで、ご主人は「これから来年分の漬け込みに入ります」。ただ、鯖はサンマと同様、暑さのせいで、不漁であるのが気がかりとのことでした。

(鯖のへしこをご飯の上に載せたお茶漬け。惣菜の残りも添えている)
chazuke.jpg

いわゆる、こんか漬けは、焼いてご飯と一緒に食べるのが、ポピュラーのようですが、私は、焦げ目がつく程度に焼いた後、これをお茶漬けの具にして食べました。この食べ方は、以前に白山市美川のフグのぬか漬けの製造業者に教わったもので、この時フグをご飯の上に載せて食べたところ、おいしかったので、今回鯖でも試してみたのでした。

お茶漬けにすると、ぬか漬けの塩辛さが薄らぐとともに、鯖の脂がお茶漬けのお湯の中に浮かび、これが何とも言えない、うまみになるのでした。焼いて、ご飯と一緒に食べるもよし、お茶漬けにするもよし、へしこ(こんか漬け)は、結構長持ちする、お得な郷土食ですね。









スポンサーサイト



コメント

ヘシコのファン

我が家にも 「へしこ」好きがいます。
福井へいくと いつも買ってきます

  • 2010/09/13(月) 22:23:55 |
  • URL |
  • ちびまま #-
  • [ 編集 ]

福井ではヘシコなんですね。

以前、福井の海辺の町を訪ねたら、コンカ漬けが
ヘシコと呼ばれていました。

たぶん鯖だったと思いますが、すごく大きな鯖のヘシコがありました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/22-3ed9a2a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)