FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

夏の白山を活写 お客様ご夫妻が登山

この夏の生の白山を間近にとらえた写真を見ることができました。あかつき屋に連泊された東京のご夫妻が本日、日帰りで初めての白山登山に挑戦し、山の表情を撮って来られたものです。
朝夕雨に降られるなど、天気はもう一つだったものの、お二人は元気に帰ってこられ、霊峰白山の様子を写真で紹介して下さいました。霧がかかった風景もあり、幽玄な雰囲気が漂うものもありました。
(白山室堂付近=お客様のご夫妻撮影、以下同じ)
hakusanmurodou.jpg

お二人は午前5時過ぎにあかつき屋を出発、金沢駅前を5時半に出発するバスに乗り、白山の登り口である別当出合へと向かわれました。
(小雨にけむる白山の下山道)
kaerimichi.jpg
(霧に包まれた吊り橋)
tsuribashi.jpg
午前7時半過ぎに別当出合に到着した頃は、雨模様でこれからの道のりが案じられたそうですが、二人は気持ちを合わせ、助け合いながら登山道を登ったそうです。

山頂近くの室堂には午後1時頃に着いたそうです。この頃には青空が広がり、室堂付近は見通しが利き、山頂付近も視界に入り、ところどころに雪が残っていたそうです。
ただ、帰りの道、別当出合のバスの出発時間が午後5時のため、山頂への挑戦は断念し、室堂には15分ほどとどまっただけで、下山したそうです。

幸か不幸か、下山中は小雨混じりの霧がかかっていたため、幽玄な景色にも出会ったそうです。吊り橋を渡らねばならないところがあったそうですが、二人はおそるおそる霧の中に吸い込まれるように渡ったそうです。

東京では高尾山などに登ったことがおありだそうですが、「白山はハイキングのようなわけに行かず、これは本当の登山ですね」と多少手ごわかった白山登山を振り返りながらも、表情は充実感に満ちておられました。

お二人は、金沢滞在の最終日の23日、ひがし茶屋街などを回られ、帰京されるそうです。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/205-8ea9f72d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)