FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

宿屋主人の英訳は?

町家ゲストハウスの開業に向けての準備作業では、名刺を作ることも必須事項。ゲストハウスは、外国から来る方も想定しているので、「宿屋の主人(代表)」を英語で表すにはどんな言葉が適当か、家人で検討しました。

yadoyasyujineiyaku.jpg

英和辞典では「社長」などの意味がある「President」がまず思い浮かんだんですが、それは大げさすぎるということで却下。「Manager」はどうかという案が出ましたが、これは、なんか現場の運営管理者という感じがして、しっくりせず。言葉に経営的なニュアンスが欲しいなぁ、と思いまして。

そこで知り合いの英語の先生に相談。その先生はネイティブの男性教師と一緒に考えて下さいました。その結果、「Innkeeper」が適当とのこと。宿屋を表す「Inn」を「Keep」する人でどうか、と。「Keep」は英和辞典によると、「保持する」「守る」などの意味のほかに、「(商店などを)経営・管理する」の意味もありました。

何を「保持」「持続」していくのか。昭和初期の町家建築の様式が際立つ「家屋」を。これまで、この家を守り育ててきた人たちの「愛着」や「良心」を。そんな意味あいを「Innkeeper」に込めたいと思います。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/17-a5d0cd4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)