fc2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

全国の学生さん、あかつき屋で能登へ応援メッセージ

全国各地からここあかつき屋に集った学生さんたちが、未曽有の被害となった能登半島地震の被災者に向けて、応援メッセージを寄せて下さいました。一日でも早い復旧、復興を願うのは、年齢、性別、場所を問わず、皆同じ。

学生さんたちは、被災地への関わり度合いはもとより濃淡はありますが、そのメッセージには、被災者の方々を気遣う実直な思いが等しくこもっています。感謝の気持ちでその色紙を館内のコミュニティルームに掲げさせてもらっています。

(お泊まりになった各地の学生さんたち
             =写真掲載了解済)
0216gakuseimain01.jpg

この色紙に応援メッセージを書いて下さったのは、金沢まちづくり学生会議の「アイディアソンメンバー」の9人です。
アイディアソンというのは、アイディアとマラソンの造語で、まちづくりのアイディアをマラソンのように、根気強く出していこうという狙いです。学生さんたちがフィールドワークや交流会などを通じて、まちづくりのアイディアを出し、実践を通して中心市街地の活性化などに一役買っています。

金沢学生のまち市民交流館(片町2丁目)が拠点施設となっており、今年度の催しでも各地から大勢の学生さんたちが参集しました。このうち9人が、あかつき屋に宿泊されました。地元石川のほか、富山や静岡、栃木からも参加されました。

(学生さんたちによる能登への応援メッセージ)
0216gakuseikaigisub.jpg

まちづくりに強い関心をもつ学生さんたち。メンバーたちは夕食後にお宿入り。近隣の銭湯で汗を流した後、トランプで親睦を深める一方、夜遅くまでまちづくりや学生団体のあり方などについて議論したそうです。

能登半島地震についても、随分と心配されており、色紙にそれぞれ応援メッセージを記して下さいました。その中には、既に学生派遣ボランティアとして、被災地で物資の仲介作業に当たられた人もいて、復興に向けて、その積極的な姿勢に心打たれました。

皆様ご宿泊、そして心温かい応援メッセージ、ありがとうございました。今後のご活躍を祈ります。また、来て下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/1381-eee7c5d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)