fc2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

長野・飯山から災害復旧支援でご宿泊

能登半島地震の復旧に向けた動きをここあかつき屋に居ながら肌で感じ取っています。この度、長野県飯山市から震災関係の復旧事業で、飯山市役所職員のお二人が、ここに4泊されました。

お二人はご滞在中、金沢と北側で隣接する津幡町で下水道の点検に当たられました。津幡町は奥能登ほどの被害は出なかったものの、それでも各所で不具合な個所が見つかり、やはり今回の地震の物凄さを感じられたそう。

私どもは遠い県外から、石川の震災復旧のためにお越しになったことに対して、ただただ感謝するばかりで、能登、そして石川の復旧・復興に向けて気持ちを新たにしました。

(震災復旧の調査で宿泊された飯山市のお二人=写真掲載了解済)
0124iiyamamain.jpg

お二人は、地元飯山市では建設土木関係の部署に所属されております。今回の下水道調査では、他県の自治体職員とともに作業に当たられました。

今回の調査では現地ではいくつかの班に分かれて作業に従事。下水道のマンホールの蓋を一つひとつめくって中をのぞきこみ、水が滞留していないかなどを目視で点検したそうです。

水がたまっていると、下水管の接続部や管などで不具合があるため、流れが悪くなっていると考えられるからです。調査した結果、複数の個所で異常が見つかったそうです。

(津幡町地内で調査するお二人=ご提供写真)
0124iiyamasub.jpg

私どもは、お二人の災害復旧支援を微力ですが陰ながら応援。特にお食事の面では、近所の居酒屋にお願いして、朝、昼のお弁当を特別に作ってもらうなどのお手伝いをさせて頂きました。

三日間にわたって寒空の下での作業も無事終えられたお二人には、安どの表情が見られました。お二人は「今、地震などの災害は、どこで起きてもおかしくない時代で、お互い様です」と話され、「信州(長野県)と北陸は常に共にあるので頑張っていきましょう」「私も微力ですが、できる限りのことをしていきます」などと応援メッセージをそれぞれ色紙にしたためられました。

全く予期せぬことでしたが、今回の震災がもたらした新たなご縁。被災地の復旧、復興には、長い道のりが予想されますが、私どもも、自分たちの立場、持ち場でできる限りのことをしていく所存です。

飯山のお二人さん、この度はありがとうございました。次は、骨休みにお越し下さいませ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/1379-0deee054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)