fc2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

加賀れんこんの魅力 丸ごと体感

加賀野菜の一つ加賀れんこんの魅力を丸ごと体感する小さな旅を実施しました。れんこんの生産の現場から加工品、さらにはそれを素材にしたお料理など、様々な角度かられんこんに注目し、その魅力にふれました。

加賀れんこんを取り扱う農家さんは、脱サラした若手起業家。その方のお話も刺激的で、調理されたレンコンのお味は、格別なものとなりました。

(れんこんの収穫風景=河北潟干拓地)
1106renkon101.jpg

(加賀れんこんについて話す川端さん)
1106renkon201.jpg

この小さな旅は、私どもが参画する異業種交流グループが企画しました。身近な食材に着目し、地域農業に理解を深めようと行いました。

訪ねた加賀れんこんの生産農家は、農事組合法人・蓮だより代表の川端崇文さん。河北潟干拓地にある川端さんのれんこん畑を訪れ、その収穫風景を見学させてもらいました。

作業に当たる人は、ぬかるむその圃場に腰までつかりながら、ポンプからの水を泥中にかけて、泥を吹き飛ばしてれんこんを一本一本掘り出していました。

その近くで、川端さんが加賀れんこんについて説明。寒くなってからは、れんこんに粘りが出て、一段とおいしくなることや、れんこんの栽培過程では、カモの被害があるなどの苦労についても紹介されました。

(並べられた加賀れんこんの加工品)
1106renkon301.jpg

その後、才田町にある蓮だよりさんの事務所兼加工場に移動。ここでは、れんこんチップスやれんこんピクルス、能登牛入りれんこんそぼろなどの加工品が並べられていました。
いずれも初めて見る品で、参加者にとっては興味深く、迷わず購入しました。
れんこん汁も試食でき、楽しみな時間となりました。

川端さんは20代後半に一念発起して脱サラ、これまで縁遠かったれんこんの生産にチャレンジしました。れんこん農家に弟子入りして栽培方法学んだ半年間は、無給だったと言います。
今は、生産が軌道に乗り、新たな加工品作りに向けて構想を練っておられます。

(濱田さん=中央=から畑の子の創業の経緯についてうかがいました)
1106lunch101.jpg

(れんこんご飯などが盛られた特製加賀野菜弁当)
1106lunch201.jpg

参加者はこの後、あかつき屋に移り、加賀れんこんなどを素材にした特製弁当を味わいました。
作って下さったのは、今年3月に本多町でオープンした畑の子さん。そのお弁当には、れんこんご飯のほか、新鮮野菜が盛りだくさんで、参加者は、ヘルシー感いっぱいのその食事に満足しました。


この席では、畑の子の代表の濱田友紀さんから創業までの経緯などをうかがいました。
結婚を機に東京から能登・羽咋に移住した濱田さん。持ち前の明るさと才覚でコメ・野菜農家から、農産物の販売、さらにはお食事処開業にまで事業を発展させました。

こうしたお話を聞いて頂いた手作り加賀野菜弁当は、ひと際輝いて見え、私たち自身の中に新たなパワーが生まれるのを感じました。

川端さん、濱田さん、貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/1329-5f5b6668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)