fc2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

恩人の写真遺作展に故人しのぶ

昨年70代前半で他界されたアマチュア写真愛好家の遺作展が13日に、金沢市西泉のフジカラーギャラリーかなざわで始まり、足を運びました。その方の名は、山本裕之さんで、あかつき屋の近くの桜町に住んでおられました。

山本さんはあかつき屋にとって恩人とも呼べる人で、このお宿が2011年の開業以来、何かと気にかけ、応援して下さいました。会場に展示された写真43点は、街角の風景や人の暮らしなどを素直に、丁寧に撮ったもので、見る人を穏やかな気持ちにしてくれます。
展示された作品の数々を故人をしのびながら、見て回りました。

(夫の山本裕之さんの写真展を開いた啓子さん)
0513photosmain.jpg

山本さんは生前、サラリーマンをしながら、クラシックカメラや写真を趣味とされ、被写体を求めて、休日には街歩きをされていました。あかつき屋の近所で個展を幾度かされました。

読書家でもあり、蔵書の一部を一般の人に提供する、「一箱古本市」にも参加され、私どもとは2010年秋に、主計町のお寺境内で開かれた、その古本市で偶然出会ったのが、お付き合いの始まりでした。

(会場にはご夫妻とお付き合いのあった人が大勢訪れています)
0513photosub.jpg

気さくで、ボランティア精神にも富み、あかつき屋のお客様を近隣の街歩きにご案内して下さったこともあります。
ところが、昨年思いがけず病を得て、5月に帰らぬ人となったのでした。

今回の遺作展は、山本さんの奥様の啓子さんが、一周忌に合わせて企画されました。「(コロナ禍という)こういうご時世で、しっかりしたお葬式もできなかったのが心残りでした。この機会に夫の友人らにも来てもらって、しのんでもらえればと思って」と啓子さんは、この催しの開催の動機を話されました。

正直言うと、山本さんが亡くなられたということが今も信じられない気持ちですが、私たちは遺された写真をしばし山本さんと対話するように見入りました。

職場で信頼され、趣味や地域活動でも、快い人間関係を築いた山本さん。私たちにとって、理想の人と言える人でした。
この作品展は、5月16日まで開かれています。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/1303-e21adcec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)