FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

木彫りと古寺の町・越中井波へ

百万石の城下町金沢は、北陸三県の中核都市であるのに加え、能登半島への観光の出発地という地理的特徴を備えていますが、一方で、越中富山や奥飛騨にも近接しており、その方面の要所とは昔から様々な交流が行われてきました。その点は、遠来から訪れた観光客には、あまり知られていないところでしょうか。

私どもは仕事が一段落ついた時、気分転換を兼ねて、車で一時間ほどで行ける、それらの場所へカジュアルに出かけることがあります。そして、この度足を運んだのは、富山県南砺市の井波町でした。私はそこは以前訪れたことがありましたが、観光的な訪問は初めて。井波別院瑞泉寺の壮大な佇まいや、その門前に連なる木彫り師の職人街は、重厚な歴史を感じるに十分な街並みでした。

(瑞泉寺の壮大な山門)
1123inamizuisenji.jpg

(本堂も圧倒する大きさ。向かって左は太子堂)
1123zuisenji2.jpg

(境内に紅葉の木々も)
1123zuisenjisub3.jpg

瑞泉寺は、明徳元年(1390年)、本願寺5代綽如上人によって開かれ、その後、戦乱の時代の焼失を経て、現在の本堂は、明治18年(1885年)に再建されたものです。木造建築の寺院としては、日本でも有数の規模と技の粋を誇る建物とされています。

山門は、天明5年(1785年)、京都の大工によって建て始められましたが、京都本願寺の再建工事が始まったため、井波大工がその後を引き継ぎ完成したものだそうです。

圧倒的な迫力をもつ山門。それだけでもって、井波という町のイメージを決定的なものにします。地元の大工たちが全身全霊で造り上げた豪壮な門。この寺院への崇敬と、大工たちの気概をいやが上にも感じさせます。

本堂や太子堂にも足を踏み入れ、古文書や古い絵図にも見入り、この古刹の歴史をたどりました。
境内には、五月には、花が見頃となる藤棚があり、また、紅葉も目に留まり、行く秋の感慨にも浸りました。

(門前に続く木彫り職人の店や土産物店)
1123street.jpg

(店内で作業する職人さん=写真掲載了解済)
1123streetsub01.jpg

瑞泉寺前に展開する商店街。木彫の街とあって、木工製品を展示販売する店が目につきました。その店内では、職人さんが、鑿(のみ)などを使って、木彫り細工を熱心に作っている姿を見ることができました。木彫の町の息遣いが伝わる光景です。

観光客の賑わいが退いた後の訪問でしたので、街全体に静けさが支配していました。世界遺産の合掌集落が残る五箇山へと続く、井波の里。冬の足音をそこはかとなく感じる小旅行となりました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/1228-e3f30622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)