FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

それは それとして…金沢旅行

あかつき屋が兼六園近くでお宿業を営み、約10年が経過しても、お客様を通じて、新たな発見をさせて頂くことがあります。人と地域の歴史や伝統文化が織りなす、邂逅とも言える瞬間でしょうか。

この度、そうしためぐり合わせを経験することになったのは、広島県出身の若者たち三人を通じてでした。若者たちは、本多町にある鈴木大拙館を訪れ、「それは それとして」という言葉を心に留めて、あかつき屋に入って来られたのでした。
コロナ禍が続く中にあって、「それは それとして」金沢の旅を楽しまれたとのこと。こちらも、その言葉が心に深く残りました。

(お客様が、「それは それとして」を記載したお宿ノート)
0830sorehasore01.jpg

若者たちは広島県出身で、高校の同級生だそう。今は、社会人として、あるいは大学院生として、それぞれにご活躍です。

三人が訪れた鈴木大拙館。建築家谷口吉生氏の設計による、洗練された建築美で有名ですが、三人が目に留めて来られたのは、大拙直筆の「それは それとして」というフレーズ。

大拙が、人の相談などにのっていた際、ひと呼吸おいて発した言葉だそうです。
現下のコロナ禍ですが、「それは それとして」、時代環境に合ったライフスタイル、旅の在り方について、若者たちは考えることになったようです。その心境をあかつき屋のお宿ノートに、大拙の肖像画とともに認(したた)められました。

(朝、お庭を楽しまれるお客様)
0830hiroshimamain.jpg

(玄関では、南部鉄器の風鈴が心地よい金属音を響かせていました)
0830natsunoren.jpg

8月末でも止まない猛暑。そうした中にあって、あかつき屋では、玄関前の夏のれんや、お庭などで、お客様には清涼感を味わって頂いています。また、この期間、ソーシャルディスタンスに配慮し、お客様は一日一組限定を実施、コロナ感染対策にも尽力しています。

一泊二日の旅の中から、若者たちが宝物を見つけたかのように、携えてこられた金言。今般の世情の中にあって、ことのほか、心に響く言葉でした。皆様ご宿泊ありがとうございました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/1215-20ec3cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)