FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

建具職人さん 年代物の鏡台修理

かつては当たり前だったのに、妙に懐かしく、新鮮に感じる光景と出会いました。あかつき屋の客間に備えてある年代物の鏡台が傷んだので、建具職人さんに直してもらったのです。職人さんは、かんなや、のこぎりなどを手慣れた様子で扱い、鏡台を元通りにして下さいました。

昭和一桁生まれの国登録有形文化財のあかつき屋。建物だけでなく、そこに納まる家具や建具も、当時を伝える遺産として貴重で、鏡台がこのように職人さんの手で、再び息を吹き返したことで、心中は充足感で満たされました。

(材木町にある福岡建具工業さん)
0731fukuokasan.jpg

今回修理してもらった鏡台は、以前にここにお住まいになっていた家主の女性の方のもので、あかつき屋が町家のゲストハウスとして開業するに当たって、譲って下さいました。その方は既に他界されましたが、この鏡台は少なくとも80年は経過していると思われます。

この鏡台、さすがに寄る年波に勝てず、最近鏡台の土台と鏡を固定する支柱との接続部にぐらつきが出始めたので、建具屋さんに直してもらうことにしたのです。

修繕は、あかつき屋の網戸などを作って下さった福岡建具工業さんにお願いしました。福岡建具さんは材木町にあり、あかつき屋のお客さんとよく出かけるパン屋の森長さんまでの通り道にあります。

(昭和時代の製造か、年代物の鏡台)
0731kyoudai1.jpg

(鏡台の修繕に当たる職人さん)
0731kyoudai2.jpg

ここにお越しになった職人さん。鏡台の構造についてはすぐに合点がいったようで、支柱などの部品がぐらついた部分の隙間を埋めるために、手際よく木材を削って作った薄板をはめこみ、支柱が不安定にならないように、固定して下さいました。

(縁側の引き戸も直してもらいました)
0731hikido01.jpg

合わせて、2階縁側の引き戸にも、開け閉めに不具合があったので直してもらいました。どうも戸車が不安定になっていたようです。これも、大工道具などを使い、正常な状態に戻して下さいました。

職人さんが木材にかんなをかけたり、金づちやのこぎりを扱う様を見たのは、いつ以来でしょうか。コロナ渦もあって、オンラインやリモートが時代を制するような勢いの中にあって、職人さんが私の目の前で繰り広げられた手仕事は、インパクトがあり、ついこないだだったような、昭和にタイムスリップした感覚になりました。

この家の前のオーナーさん、鏡台や黒ダンス、足踏みミシンなど年代物の家具類は、引き続き大切に守っていきます。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/1210-eb1aabd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)