FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

ふすまの柄 「無地の方が高級感」

町家の改装に合わせて、ふすまの柄を決めることとなりました。様々なふすまの写真を収めた見本集を渡され、取り急ぎ、その候補を決めたのですが、もう一つ自信がなく、菊川町にある瀬田表具店さんを訪ね、相談にのって頂きました。
自分が良いと思ったものに付せんをつけ、見てもらったのですが、ご主人は「模様のあるものは、今ははやらない。無地の方が高級感がありますよ」とあっさり言われました。

(ふすまの柄の見本)
kamisample.jpg

私は、1階は無地系でいき、2階は雲や草花などの模様をあしらったものにし、少しメリハリをつけようと考えていたのですが、瀬田さんは「模様が付いたふすまは、安っぽく、いい部屋に見えません」と、簡単に言われました。
そして、様々なふすま柄の見本帳を見せて下さいました。それを見ると、ふすまの雰囲気は、模様より生地の質や色で決まるように見え、その中では富山県の「城端ツムギ」という銘柄が、上質な風合いがあり、ひときわ光って映りました。

ただ、もとより値段も考慮しなければならず、そこら辺も加味して、柄と生地を決めることにしました。アドバイスを踏まえて、無地でいきます。

(左が1階のふすまの枠の角、右が2階のふすまの枠の角で丸くなっている)
fusuma1F.jpg   fusuma2F.jpg

瀬田さんは、障子やふすまに関する良き先生です。今リニューアル中の町家のふすまについて、貴重なコメントを頂きました。
2階のふすまは、立派なお座敷があることから、高級な和紙を使っていることに加え、真ん中の障子の外枠にも違いがあるのだそうです。
「1階の障子の外枠の角は、角ばっているのに対して、2階のふすまは、角が丸くなっているでしょ。これはそれだけ、ぜいたくで凝った造りになっているんです」。
これまで全く気づかなかった点で、ただただすごい、とこの家の以前の居住者に感心するばかりでした。

さらに、ふすまの維持・修繕方法についても、豆知識を提供して下さいました。
ふだん掃除機などを動かしていると、ふすまを傷つけやすいので注意が必要であるとした上で、ふすまの黒い外枠を傷つけた場合の応急処置については、こう言われました。
「はげた部分は、油性の黒のマジックを塗れば、カバーできますよ」。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/105-cee3c0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)