あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

桜花ののれん、お庭開放 春本番

春到来の確かな手ごたえ。日差しの強さ、木々の緑、吹く風の感触などから、いよいよ春本番を感じ取っています。金沢でも29日、昨年より6日早く桜の開花宣言が、ありました。
こうした動きに呼応して、あかつき屋では、春の装いのピッチを一段と進めています。

玄関ののれんを満を持して、桜の花模様に取り変えました。温かくなってきたのでお庭に面する縁側を今シーズン初めてお客様に開放。お客様は、体いっぱいに春を感じておられます。

(桜の花模様ののれんに取り替えました)
0330sakuranoren.jpg

桜の花模様をあしらったのれんは、昨年新調しました。金沢美術工芸大学の学生さんにデザインして頂いたもので、とても素敵な仕上がりになり、喜んでいます。
あかつき屋の近隣の方の目にもふれ、「春らしくて、いいですね」と好評です。

ようやく縁側を開放する時季が来ました。空気が暖かくなり、緑も日ごとに増してきています。お庭に隣接する縁側の引き戸を開ければ、緑の空間が広がります。そこは一種理想郷。

(いよいよ春らしくなったお庭)
0330garden01.jpg
(縁側で憩う若いお二人=写真掲載了解済)
0330couple01.jpg

この度お泊まりになった関西からお越しになったカップルさん。ご朝食後、春の日差しを体いっぱいに受けて、縁側に佇みました。お茶を頂きながら、のんびりとした時間を過ごされました。
「ずっとここにいたくなりますね」とお二人。お客様にこうした時間を過ごして頂けることは、こちらにとっても大きな喜びです。
お二人さん、ご宿泊ありがとうございました。

(日の傾きにより現れた格子戸の影。上がりの間)
0330koushiyoko.jpg
0330koushitate.jpg

春になり、あかつき屋では、この時季ならではの景観が生まれます。上がりの間では、絶妙な幾何学模様がつくられます。
昼下がり、日が西に傾き、格子戸の形象が、障子戸や畳に投影します。

整然、かつダイナミックな光と影の造形。あかつき屋の春を象徴する風景の一つとなっています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukitarou.blog96.fc2.com/tb.php/1041-a06fb933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad