FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

桜が開花 のれんは衣替え

春を迎える。長かった冬を経て、訪れる春。その象徴とも言えるのが、桜の花。

三寒四温の気候が続く中で、金沢では26日、桜の開花宣言がありました。暖冬のせいもあって、平年より9日早い、統計開始以来、最も早い開花だそう。これから季節は、足早に進んでいくのでしょうか。一年の大きな節目では、あります。

(玄関に桜の花模様ののれんを飾りました)
0327sakuranoren.jpg

今年は、例の新型ウイルス事案で、例年にない気持ちで、桜の開花を迎えています。その感染は、グローバルに広がっています。
個人や家庭や地域社会、さらには、国家、世界が、かつて経験したことのない試練と向き合っている様相です。人の動きには、大きなブレーキがかかっています。

当然、宿泊業にも影響が及び、ここあかつき屋も、例外ではないです。桜の季節を迎えても、得体の知れない不安感の下にあります。性格は異なりますが、2011年3月に発生した東日本大震災の当時を思い起こさせます。

しかし、やるべきことは、いろいろとあり、普段と変わらず、粛々と仕事を進めています。
桜の開花に合わせて今日、玄関に桜の花模様を大きく描いた、オリジナルなのれんを掲げました。3年前に、地元の金沢美大生にデザインして頂いたものです。周囲に光彩を放ち、これ一つだけでも、ぐっと明るくなります。

(大手堀では、桜並木の花が咲き始めました)
0327sakuraootemachi.jpg

今日、街なかを移動した際に、桜がほころんでいる風景と出会いました。金沢城に隣接する大手堀の桜並木です。この日は、雨模様で、桜の花もまばらだったので、華やかさからは遠かったですが、季節の変化は、確かに感じることはできました。
傘をさす人の姿と、どこかマッチしていました。

春の観光シーズン本番へ。あかつき屋から近い兼六園では、3月30日(月) から 4月5日(日) までの7日間は無料開放となり、その期間、日没から午後9時半までライトアップされます。

(雪吊りが外され、勢いを得たかのような松の木)
0327yukitsurihazushi.jpg

桜の開花宣言の前日。あかつき屋では、庭師さんによって、お庭の松の木の雪吊りを外してもらいました。職人さんは手際よく、左右に伸びた枝に縛ってあった縄を解き、支柱を取り外しました。

それだけですが、松の木は青空の下、生気を得たよう。来訪されるお客様には、春のお庭の魅力にふれて頂けそうです。

スポンサーサイト



初めての金沢 「おしゃれで素敵!」

春休み。学生さんのお泊まりがありました。京都の大学で学ぶ女子大生お二人です。

念願の金沢に初上陸。お越しになった日は気温20度以上になり、春本番を思わせるような陽気に。軽快に、活発に街を歩かれ、金沢の魅力を堪能されました。

(昼頃、サンダーバードで金沢駅到着=ご提供写真)
0320station01.jpeg

金沢は、京都と同じ歴史都市ですが、「金沢の方が素敵です。街なかにはセレクトショップもたくさんあり、刺激的。思った以上で、来て良かったです」と笑顔。

(金沢21世紀美術館で思い思いに過ごす=同)
0320miror.jpeg
032021bi.jpeg

兼六園に続いて訪れた金沢21世紀美術館では、球形の鏡が組み合わされたオブジェの前で、自身の姿を思い思いに映してみました。「インスタ映えしたでしょうか」(笑)

夜のお食事は、柿木畠のあまつぼさんへ。
「おでんやどじょうのから揚げ、牛筋を食べました」。一日の疲れも吹き飛んだようです。

(「最高の一日でした!」=同)
0320futari.jpeg

二日目は、近江町市場やひがし茶屋街へ行く予定。
「海鮮丼など食べ歩きます」。ワクワクドキドキの金沢旅、「夕方までいます」。

ご宿泊ありがとうございました。

北陸縦横無尽 ‟飲み仲間5人”

新型ウイルスでなんとなく世に漂う不安感を一掃するような、エネルギッシュな金沢ステイでした。男性5人のお客様グループ。ここあかつき屋に二泊されました。

二泊目は、レンタカーで能登へ福井へ。北陸ならではの景勝にふれ、完全燃焼の三日間となりました。

(福井・東尋坊で。「火サス気分」=ご提供写真)
0315tohjinboh.jpg

お客様は、千葉県内の居酒屋に集う「飲み友で、平均年齢35歳」(お客様)だそう。このうち一人は二年前に転勤となり、赴任先の奈良県内から金沢に駆けつけました。

二日目は、アクティブな一日に。レンタカーを借りた後は「八幡のすしべんで朝ご飯を食べ」(同)、能登羽咋・千里浜へ。そこで「カースタントをしました」。(危なくなかったかな。気をつけて、安全運転をね=筆者)。

その後は、高速に乗り、一気に県境をまたいで越前海岸・東尋坊へ。
「火サス(火曜サスペンス劇場)ごっこをしました」(同)。

(日本自動車博物館で=同)
0315carmusium.jpg

帰りは、小松の日本自動車博物館へ。日本の名車やオールドカーに目を見張りました。
「乗り物は男のロマンです」(同)。

(金沢駅で「オバショット」=同)
0315station.jpg

金沢市内に入ると、スーパーどんたくに立ち寄り、地元民のようにお惣菜を買い、あかつき屋で地酒とともに二次会。楽しく夜は更けていきました。

(あかつき屋で最後の宴)
0315ichikawa.jpg

躍動感にあふれる皆さんに接していると、もやもやした気分も吹き飛びました。ご宿泊ありがとうございました。
また、お会いできる日を楽しみにしています。

梅が満開 春へ高まる鼓動

いつ、いかなる時も、季節の趣を身体で感じたい。目下、世界に広がる件(くだん)の感染病の時であっても。

金沢は、そうした点において、恵まれた土地です。兼六園をはじめとした名園や地元では知られたお庭が身近に点在しているのですから。
あかつき屋から歩いて行けるところにある兼六園。今、そこは梅の花が満開でした。

(花が満開となった兼六園の梅林)
0308ume1.jpg
0308ume2.jpg

兼六園の梅林では、白梅、紅梅の花がちょうど見頃になっていました。暖冬の影響で一週間ほど早い開花前線でしょうか。
明るい日差しの下、観光客の方々が多く集まり、カメラを向けるなどしていました。

梅林の敷地に流れるせせらぎも、可憐な梅の花々と相和し、早春の清らかな風景をつくっていました。

(つがいのカモがたたずむ霞ケ池)
0308ike.jpg

園内で最も大きい池・霞ケ池は、その広々とした水面に青空を映していました。片隅にカモのつがいが。何の憂いもない、その姿に心が和みました。

(女性の着物姿も見える金沢城付近)
0308ishikawabashi.jpg

兼六園から金沢城へ。ここも観光客が、そぞろ歩いていました。ここでは感染病騒動の雰囲気を全く感じることができません。
女性の優美なお着物姿が、あちこちで見られました。

この時季、この場所でしかできない、身のこなし、過ごし方。城下町金沢の令和の早春は、輝きを失っていません。