FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

秋空の下 あぶり餅神事や報恩講

秋たけなわ。暑すぎず、寒すぎず、快い天候が続いています。そうした中、金沢ならではの祭事が市内で相次いで執り行われました。

野町の神明宮(おしんめいさん)のあぶり餅神事と、あかつき屋の前のお寺・広済寺さんでの報恩講です。いずれも古い歴史のある行事で、この催しに接すると、季節がまた一つ進んだことを感じます。

(あぶり餅神事があり参拝者が相次いだ神明宮)
1015shinmeiguu.jpg

(食用のあぶり餅)
1015aburimochihaifu.jpg

神明宮のあぶり餅神事は300年以上続くもので、悪事災難厄除のご利益があるとされています。毎年春と秋に行われており、秋は10月15日から三日間執り行われます。

秋空の下、お昼頃にその神社を訪問。若い女性も含めて、中高年の女性が数多く参拝していました。
いつもの例にならって、あぶり餅を買い求めました。これは、食用と、家守(いえまもり)と呼ばれる、お飾り用のものとの二種類があります。

(あかつき屋の玄関の天井に付けたあぶり餅)
1015aburimociiemori.jpg

家守はあかつき屋に持ち帰って、玄関やお部屋の天井に取り付けました。吉報が舞い込み、災厄を除くとの言い伝えがあり、お客様にご利益があることでしょう。

(報恩講が執り行われた広済寺さん)
1015houonkouowari.jpg

広済寺さんの報恩講は14、15日の二日間行われました。浄土真宗の開祖親鸞聖人の遺徳をしのぶもので、真宗王国の北陸の地では、ほんこさんと呼ばれ、住民に親しまれています。

この二日間、門徒さんらは山門をくぐり、本堂で法要に臨まれました。
色鮮やかな五色の仏旗が山門に掲げられているので、あかつき屋のお客様は、けげんに思う人も。簡単に説明すると、合点がいったご様子。関東に住むお客様は、「うちは、曹洞宗なので」と話し、この地の風土に思いをいたされたようでした。

スポンサーサイト

キバナコスモス咲くゲレンデ散歩

ちょっと得した気分の一日になりました。三連休最後の日。空いた昼の時間を利用して、富山県南砺市(旧福光町)にある、IOX-AROSAスキー場(アローザスキー場)へ行ってきました。10月はスキーにはまだ早く、スキーのオフシーズンは、別の見どころがあると聞いたからです。

それは、ゲレンデに広がるキバナコスモスのお花畑です。オレンジや黄色の花々が今が盛りとばかりに咲き誇り、丘を覆っています。燃える秋。そんな風景の中で、片時、心身を解放しました。

(キバナコスモスが一面に咲くゲレンデ)
1008IOXmain.jpg
1008IOXsub1.jpg

(遠方に山頂目指すゴンドラも)
1008IOXsub2.jpg

アローザスキー場は、金沢からは医王山をはさんで反対側にあり、車で行けばあかつき屋からは40分ほどで着きます。でも、スキーをしなくなった今は疎遠となり、ここに訪れたのは約20年ぶり。スキーのオフシーズンでは、初めてでした。

スキー場に着くと、駐車場には結構車が止まっていました。ゲレンデの方に歩いて向かいました。
思わず息をのみました。オレンジ色の花畑が一面広がっているのです。その花の名は、キバナコスモスとか。ピンクのお馴染みのコスモスに比べて、華やかで、その分、一帯が明るくなる感じ。青空の下、まぶしいほどに光沢を放っていました。

(ドッグランでは家族連れの姿も)
1008dogrun.jpg

ゲレンデに隣接してドッグランの広場がありました。家族連れらが、愛犬を遊ばせていました。心おきなく駆け回る犬たち。その姿に、見ているこちらも和みました。かつて、スキーで滑り降りた同じ場所とは、思えないほどでした。

アケビ、山栗 秋のしつらえ

9月が慌ただしく過ぎ、10月を迎えました。金沢は記録的な猛暑だった夏の日々も遠のき、秋風が吹く中、心地よい日々を過ごしています。

10月。この時季になると、一年の終わりが近づいていることも感じることになり、足元を見直すことにもなります。ふだんできなかった書類等の整理を行う一方、あかつき屋の中のお部屋のしつらえの更新も行っています。
館内に飾ったアケビや山栗、唐辛子。いずれの山里の幸も、秋の色を表し、お部屋に快いアクセントとなっています。

(コミュニティルームの掘りごたつの上に置いたアケビ)
1004akebi.jpg

(かわいらしい山栗も)
1004yamaguri.jpg

午前の空いた時間。富山県との県境付近にある、農産物直売所に向かいました。もりの里、金沢大学横を通って車で20分ほどのところにあるところ。そこは、里の野菜や山の果実などが安価に買うことができるからです。

求めたのは、アケビや山栗等々。早速あかつき屋に戻って、お部屋などに飾りました。
お客様が交流するコミュニティルームには、アケビを。口をぱっくりと開けたものがあり、どこかユーモラスな感じ。茎についている幾枚かの葉が目にやさしい。

同じ部屋の小机には、山栗を置きました。通常の栗より一回り小さいサイズ。直売所の女性店員によると、山栗の実は、これ以上大きくならないのだとか。見てて、かわいい。

(お庭に面する軒下には、唐辛子の実を吊るしました)
1004tougarashi01.jpg

渡り廊下の外側、お庭に面する軒下には、ひもで一列に編んだ唐辛子を吊るしました。金木犀の芳香が漂う中、日がたつにつれて、さらに赤みを増し、秋の深まりを感じさせてくれることでしょう。

街を歩いても、人の表情には落ち着きが見られます。一年で最もいい季節。
お客様には、あきたけなわとなった城下町金沢、そして国登録有形文化財のあかつき屋で至高の時を過ごして頂けたらと考えています。

FC2Ad