FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

「SECIモデル学んだよ」とタイのお客様

こんなことってあるんですね。タイのお客様を兼六園にご案内していた時のこと。栄螺山の長椅子に腰かけて一服していたら、そのお客様のレックさんが「東京での研修で野中郁次郎(一橋大学大学院名誉)教授からSECIモデルを勉強してきたよ」とおっしゃるのです。「えー?それって野中教授が提唱しておられる知識経営理論じゃないですか」。私は思わず声を上げてしまいました。

野中教授は、学会では知識経営(ナレッジマネジメント)の第一人者。実は私もその先生とはこの石川の地でご縁があったからでした。
レックさんは「私とあなたは同じ先生に学んだことになるんですね」。二人は顔を見合わせ、笑みを浮かべました。

(知識経営について学んだテキストを手にするレックさん
                    =写真掲載了解済)
1004leksan101.jpg

レックさんは、タイで地域開発を担うNGOに勤務しておられます。今回JICA(独立行政法人国際協力機構)が政策研究大学院大学と連携して行ったワークショップに参加するため来日されたのでした。

このワークショップは、行政機関などにおける組織経営とリーダーシップの向上を目指したもので、レックさんはタイ、ミャンマー、インドネシアなどのASEAN5カ国の研修生とともに、このセミナーに参加された後、二泊三日の予定で金沢に旅行されたのでした。

(SECIモデルのイメージ図)
SECIモデル

レックさんは、東京都内の研修会場で直々にこのセオリーの提唱者である野中教授から手ほどきを受けており、特に「暗黙知を共同化する場(Ba)の概念が興味深かった」と感想を述べておられました。

兼六園をリラックスして散策していた時に、突然知識経営のSECIモデルの話題が浮上、旅行者と接するというよりは、これから祖国の発展を担う若きリーダーを目の前で見ている気持ちになりました。

(レックさん、21世紀美術館で=ご提供写真)
1004leksan2.jpg

もちろんレックさんは、金沢については観光目的でお越しになりました。二泊三日の間、兼六園のほか、21世紀美術館やひがし茶屋街、近江町市場などをマイペースで歩いて回られました。夕食では、あかつき屋の近所のお寿司とおでんのお店「まるよし」さんと串焼き店「かず家」さんで楽しく地元の人とも交流されました。

レックさんとの数日間は、改めてお宿業の魅力や妙味、そして計り知れない可能性を実感した時間でした。

秋の夜長 仏、台湾のお客様と語らい

秋は深まり、夜が次第に長くなってきました。あかつき屋界隈は静けさと多少のひんやり感が、支配します。

そんな夜、あかつき屋では、お客様の心おきないおしゃべりが繰り広げられます。にっちゅう金沢市内の観光に出かけられた先のこと、ご自身の日頃の暮らしぶりのことなど、忌憚ないおしゃべりは、一日の疲れも忘れさせてくれるもののようです。

前日の夜は、フランスと台湾ご出身の女性がお泊まりになりました。フランス人女性のお二人は、名古屋でフランス語の先生をしておられ、台湾の女性は、日本語研修で東京にご滞在中です。
皆さん日本語がお出来になるので、私にとっても、肩の力が抜けたフリータイムとなりました。

(フランス人女性=右と真ん中=と台湾人女性が夜を楽しく過ごされました=写真掲載了解済)
1002frnch6thaiwan.jpg

いずれのお客様もにっちゅうは、金沢の公共レンタサイクルまちのりで観光されており、フランスの女性は晩御飯で訪れた片町のお寿司屋さんのこと、台湾の女性は、偶然知り合ったあかつき屋の近所の方との交流のことなどを話されました。

また、台湾の女性は、金沢旅行の後、白川郷経由で名古屋や伊勢神宮などを観光する計画を立てておられ、名古屋在住のフランスの女性お二人は、地元の見どころなどをこと細かにアドバイスされました。

梨などのフルーツとゆず酒を食卓に並べての夜の憩いの時間。お客様それぞれのライフプランについても語られ、刺激的な時間でもありました。

書道家水内温子さんの秀作飾る

10月がスタートしました。金沢は晴天が続いており、秋はいよいよ佳境といった風情です。そんな中で、あかつき屋では、今日から新たな趣が加わりました。

若手女流書道家のご厚意でその方の秀作「清雅」をお部屋に展示させて頂いたのです。その書家は水内温子さん(千葉県出身)で、水内さんののびやかで、清新な作風が、お部屋「あかつきの間」に、新鮮な空気を運んでいます。

(水内さんの書作品「清雅」)
workseiga1.jpg

(お部屋に若々しさと気品を醸し出しています)
workseiga2.jpg

水内温子さんは1984年千葉県のご出身です。東京学芸大学で書道を専攻され、ご卒業後は「生活と書」をテーマに創作活動に当たっておられます。
生活の空間が書の文字や線により豊かになると考えておられ、特に書作品と花や雑貨とのジョイントで空間の色や空気を変化させることが可能になると、様々な挑戦をされています。

また水内さんは、国内のほか、米ニューヨークで個展を開くなど、海外でも活躍されています。

そんな水内さんは今年7月、大学時代のご友人とあかつき屋にご宿泊になり、こちらと書道談義に花が咲き、今回の作品展示となったのでした。

(水内さん近影=ご提供写真)
atsukosanprofile 01

水内さんの作品は今日展示させて頂いた「清雅」を皮切りに、1週間前後の間隔で11月2日までの間順次お部屋に展示する予定です。
やはり新進作家さんだけあって、作品に何とも言えない力と若々しさがあり、水内さんが生来持つのびやかさと雅な作風と相まって、上質な雰囲気を醸し出しています。
お泊まりになった外国のお客様らも、その力作に目を見張っておられました。

邂逅とも言える、素敵なお客様との出会い。それが、こんな形で新たな実を結び、感無量です。今日も、そしてこれからも、一つひとつ心をこめ、丁寧に取り組んでいきたいと胸中誓ったことでした。