FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

敦賀のお客様、マラソン大会仮装でV!

この日曜日の夜、あかつき屋にうれしいニュースが飛び込んできました。こちらにお泊まりになったお客様らで編成されたマラソンチームが、石川県津幡町でこの日開催された、つばた森林浴リレーマラソンに初出場し、見事仮装部門で優勝を飾られたのです。

昨晩、あかつき屋にチェックインされた時、「明日(津幡の)リレーマラソンに出るんです。(アイドルグループの)ももいろクローバーZの格好で出ます!」とおっしゃっていました。
そして、今日深夜に送られてきたのが、その大会の仮装部門で栄冠に輝く姿のお写真。緑豊かな会場に映える勇姿と素敵な笑顔。そのお写真を見て、こちらもハッピーになりました。

(お泊まりになった敦賀のお客様=写真掲載了解済)
0907tsurugamain01.jpg

今回あかつき屋にお泊まりになったお客様は、敦賀市内にお住まいのお友達グループで、金沢市内に在住のごきょうだいらでこのマラソン大会へ出場するチーム「ももシロ」をつくられました。

昨晩は、金沢市内で加賀野菜のお料理のお食事処で夕ご飯を食べられ、あかつき屋の近所の温泉銭湯に入られた後、こちらで団らんされました。

敦賀は、実は私にとってもご縁の深いところ。10月に毎年開かれる敦賀マラソンに私がこれまでに数回出場したことがあるからです。
そんな話も交えて、お客様と楽しいおしゃべりをさせて頂きました。
そして、今朝5時半過ぎ、車で津幡の大会会場へ向かわれるお客様をお見送りしたのでした。

お客様が出場された部門では、フルマラソンの距離を6人でリレーし、一人約7㌔走ります。この日天候も良かったので、気持ちの良いランニングになったと思います。

(見事優勝のゴールを切られた敦賀のお客様チーム=ご提供写真
0907image101.jpeg
(表彰台でポーズを決められるお客様チーム=同)
0907momo201.jpg

ハッピーエンドになった今回のマラソンツアー。
「お泊まりありがとうございました。優勝おめでとうございました。私たちも、とてもうれしいです。」
今度どこかの大会で、一緒に走れるといいですね。

栄養士の卵さん、金沢の絶品食めぐり

あかつき屋にお泊まりのお客様は、総じて金沢の食に興味をもたれますが、この週末に宿泊された女子大生さんのグループは、かなり気合の入ったものでした。

お越しになったのは、名古屋女子大学で食物栄養学を学ぶ方々でした。栄養士の卵さんで、それだけに、食への関心は人一倍。城下町金沢の旅は、「二泊三日の食べまくりツアー」と題されていました。
お寿司や海鮮丼、おでんなど、金沢が誇る食の粋を堪能される一方、最近注目を集める発酵食料理も楽しまれ、金沢を口や胃袋で満喫された旅となりました。

(あかつき屋で朝食を楽しまれる、栄養学を学ばれるお客様=写真掲載了解済)
0906meijyomain.jpg

あかつき屋にお越しになった4人の学生さんは、4年生です。来年3月に栄養士の国家試験を控えているため、「ちょっと早めの卒業旅行」(お客様)で金沢にお越しになりました。

事前のリサーチが的を射ていたのか、お客様が行かれたお食事処はどこも金沢に長年住む人なら誰もが納得するようなところばかりでした。

おでん居酒屋は、片町にある老舗。お寿司や海鮮丼を召し上がったところは、近江町市場で、これも誰もが太鼓判を押すようなところでした。

さらに、秀逸だったのは、近年関心が高まる発酵食料理のお店に行かれた点でした。金沢駅からバスで赴かれたのは、大野町4丁目にある発酵食美人食堂です。
ここは、㈱ヤマト醤油味噌さんが、発酵食品の魅力を知ってもらうためにオープンしたレストランです。

(発酵食美人ランチ=お客様ご提供写真)
0906hakkou1.jpg

あかつき屋のお客様は、発酵食美人ランチ(1,500円税込)を事前に予約して食べて来られたのでした。「もっちもちの寝かせ玄米」のほか、活きた酵素たっぷりの季節のお料理各種、季節のお味噌汁、麹・甘酒などを使ったデザートなど多彩な内容でした。
お客様は「とてもヘルシーで、おいしかった」と大満足のご様子でした。

女子大生さんたちは、あかつき屋では、町家の雰囲気を存分に味わわれました。ご到着した夕暮れ時、お庭に面する縁側で暗くなるまで2時間ほどおしゃべりして過ごされました。

翌朝は、材木町のパン屋森長さんで、焼き立てのパンを買い、あかつき屋では、梨をデザートに、コーヒーも味わいながら、ゆっくりと朝食タイムを過ごされました。

建築学ぶ学生さん 斬新な積み木発表

9月に入りました。金沢はこのところ涼しい天気が続いていますが、さらにカレンダーをめくり、「9月」の表紙にすると、気持ちも改まり、秋の到来を強く印象づけられます。私の誕生月でもあり、いい季節になったなーと、歓びすら感じます。

そんな9月スタートとともに、あかつき屋に、ここらしいお客様がお泊まりになりました。大学で建築を学ぶ学生さんたちです。富山市内で開かれた木にちなんだイベントへの参加を終えられて、金沢に入られました
あかつき屋を選ばれたのは、国登録有形文化財の町家(屋)のお宿という理由から。ゆっくりとお過ごしになり、各お部屋のほか、お庭などを熱心にご覧になりました。

(あかつきの間を見学された東京理科大の学生さんたち=写真掲載了解済)
0902rikadaimain01.jpg

お越しになったのは、東京理科大学工学部建築学科の学生さんたち。
学生さんは、8月30、31日に富山市大山地区のコミュニティセンターで開かれた「第10回 LIVING ART in OHYAMA Competition 2014」に参加されたのでした。

このイベントでは、木を使った冒険道具や玩具、家具などを展示、発表する催しがあり、東京理科大の学生さんたちは、「くっつみき」というユニークな積み木を出品されたのでした。

(学生さんが手作りしたLiving Artをかたどった木工品)
0902rikadaistart01.jpg

これは、通常の積み木と違って、木の中に磁石を埋め込んだんもので、磁石同士が引き合って、組み立てたアーチや高い塔なども簡単に崩れない特徴があります。
大変おもしろいアイデアで、イベント会場では、ひと際目を引いたようです。

(アーチもできる、くっつみき)
0902image1.jpeg
(斬新な造形美を見せています)
0902image2.jpeg

あかつき屋で、学生さんからお話をうかがった際、「なかなかありそうで、ない積み木。これは、すごく人気が出るかもしれないね」と、その斬新な作品に賛辞を送りました。

学生さんたちは今朝、あかつき屋では、お庭をご覧になったり、円窓のある玄関や、天井が高く、書院や床の間などがある二階あかつきの間などを見学されました。

このお宿ステイは、城下町金沢の観光と、伝統的町家建築の視察を兼ねたもののようでした。研究のお役に少しでも立てば、幸いです。また、皆さんお気軽にお越し下さい。