FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

あかつき屋で香港鍋「おいしい!」

思いがけず今晩、香港鍋なる鍋料理を食する機会に恵まれました。あかつき屋に香港出身の女性3人がお泊りになり、お国料理を調理されたのです。
「一緒に食べませんか」というお誘いには、お断りする理由もなく、香港のお国料理を頂くことに。黒胡椒の風味が利いた、具沢山のお鍋は食欲をそそり、楽しい夕食となりました。

(夜、香港鍋を紹介して下さった香港ご出身のお客様=写真掲載了解済)
0112honkon.jpg

お越しになったのは、東京でお仕事をなさっているYukiさん、カミンさん、アリスさんの3人。あかつき屋にご到着後、「夜香港鍋をしたいので、キッチンを使わせて下さい」とのこと。
今冬、あかつき屋ではカニ鍋が数回作られており、鍋については「ノープロブレム」。まして、香港鍋は聞くのも、食するのも初めてなので、大歓迎でした。

お客様によると、香港は暖かい気候でありながら、お鍋料理は家庭には欠かせない食事とか。鍋料理には、様々なタイプがあるそうですが、今回あかつき屋では、香港では定番とも言える黒胡椒が利いた鍋料理を披露して下さいました。

(具沢山の香港鍋。栄養満点、野菜も多くからだに良い感じです)
0112honkonnabe.jpg
(香港から取り寄せられた黒胡椒)
0112kurokosyo01.jpg

お客様は夕方観光から帰られた後、買い出しに近所のスーパーあかつき市場(ニュー三久)へ行かれました。
食材は盛り沢山。ざっと挙げると、豚肉、エビ、肉団子、ちくわ、こんにゃく、カニ足、白菜、大根、ネギ、えのきだけ、油揚げ、豆腐など。

メーンの出汁となるものは特になく、これらの材料の味が絡み合って独特の味をつくるようです。そこに、香港から取り寄せた黒胡椒のスパイシーな味が加わって、何とも言えないいいお味に仕上がるのです。
このお鍋、味自体は異なりますが、以前に食べたことのある大相撲佐渡ケ嶽部屋のちゃんこ鍋を思い出しました。特別凝った調理はしていないのですが、複数の素材がうまく調和し、素朴ながらも、しっかりとしたお味でした。

私はもちろん多少ですが、会費をお出しして、夕げに加えて頂きました。香港のお国のことから、日本人の暮らしぶりなど、幅広い話題で楽しい一夜となりました。

「アイルランドはもっと寒い」

寒中にある城下町金沢。今日は朝、気温が零下を記録し、寒い気候でした。その後、持ち直し、にっちゅう雪が舞ったものの、穏やかな一日となりました。

あかつき屋は、年末年始の慌しさが一段落し、落ち着いた雰囲気の中で今回アイルランドご出身の男性と日本人女性のお客様二人をお迎えしました。隣国のイギリスからは何人もあかつき屋にお越しになっていますが、アイルランドは初めて、新鮮な心持ちでお世話させて頂きました。

(あかつき屋にお越しになったアイルランド出身男性と日本人女性
                               =写真掲載了解済)
0110Ireland01.jpg

お二人は昨晩、お食事を済まされ、近所の温泉が出る銭湯で旅の疲れをいやされた後、早々にお休みになりました。
今朝アイルランド人男性は、「Good & deepな睡眠だった」とすっきりしたご表情。
朝一番に兼六園へ行くご予定なので、八坂を通っての道をご案内しました。

「金沢は寒いですか」と尋ねました。その男性は「アイルランドは冬、気温がマイナス10度から12度くらいまで下がる」とのこと。金沢とは寒さが一ケタ違うのですね。
ただ、お国は金沢のように雪が降ることはなく、晴れているか雨の日が多いとのことでした。
お二人は兼六園を訪ねられた後、金沢の歴史的なたたずまいを中心に回られたようでした。

(賢坂橋そばの地蔵尊前には、松飾りなどが生けてありました)
0110jizou.jpg

八坂経由で兼六園へ行く道中に必ず渡る賢坂橋。そのすぐ横には、お地蔵さんが安置されている祠(ほこら)があります。
その前には、近所の人の手によって、いつも季節の花が供えられています。
年が明けて初めて見たそこには、葉ボタンのほかに、松飾りが生けてありました。

雪の兼六園 至高の美

今冬、北陸は雪の多い気候になっています。北国に暮らす人にとって、雪は生活の妨げにもなるので、忌み嫌う向きもあるのですが、もちろん雪がつくる美しい風景は、ここならではのもので、人の心に心地よさや潤いも与えてくれます。

日本三名園の一つ兼六園。この雪の季節、名園は雪化粧され、この上ない美しさを見せています。金沢の街の真ん中にこれほどまでに見事な風景を見せるところがあることは、ある種の驚きです。
あかつき屋から歩いて10分という近さもあり、ほとんどのお客様は兼六園に足を運んでおられます。そして、その美を写真に撮ってこられています。
東京からお越しになったお客様のMさんと、私が撮影した名勝の冬の表情を紹介させて頂きます。

(水墨画のような風景。霞ケ池の前方右側に見える内橋亭が何とも風情があります
                             =Mさん撮影。写真掲載了解済)
0103yukinokenrokuen__.jpg

(雪にけむることじ灯篭と霞ケ池)
0106kenroku1.jpg
(雪吊りが均整の美を見せる名松・唐崎松)
0106kenroku2.jpg
(静けさの中、水を上げる噴水)
0106kenroku3.jpg

外は雪、中はお鍋であったかく

北陸の冬を実感する日が続いています。しきりなく雪が降り、金沢の街は真っ白になりました。
そんな風景は、暖かい土地に住む人たちにとっては、魅力でもあるようで、新年早々タイや東京からお客様があかつき屋にお見えになりました。

でも、寒いことには変わりなく、お客様たちは、にっちゅう観光に出かけられた後、あかつき屋では夜、協力して鍋料理を作られました。鍋の主役は、やはりカニ。近江町市場で買ってこられた食材で鍋料理を作られ、身も心もあったまられたようでした。

(カニのお鍋を囲み、夜を楽しく過ごされるお客様=写真掲載了解済み)
0104onabe.jpg
(赤いカニは、やはり存在感があります)
0103onabesub.jpg

タイはいわずと知れた常夏の国。そのため北国の冬は興味がそそられ、とりわけ雪は神秘的なもののようです。北陸の寒さは初体験ながらも、タイからのお客様たちは今日、忍者寺や武家屋敷跡、金沢城公園などを精力的に回って来られました。

通称Boyさんは、雪に親しみ、雪とたわむれて帰って来られました。手にしたペットボトルに白っぽいものを入れておられます。中に入っているのは雪でした。ここに長年住みついている私のようなものには、雪には特別の感興はないのですが、タイの方にとっては、心躍る空からの使者のようでした。

(雪をペットボトルに詰めて持って来られたBoyさん)
0103yukijisan01.jpg

この日お泊りになった東京からの男性のお客様は、お料理に長けておられる人でした。今朝、今日の夕食は鍋料理にすることを提案され、近江町市場での買い出しからお料理まで一手に引き受けられました。

夕方頃に近江町市場に着いたので、カニ、甘エビなどは信じられないような安値で買うことができたそうです。お鍋のほか、ブリや甘エビのお刺身などを手際よく準備されました。

このほか、最近アメリカ留学から帰られた東京の女子学生さんも一緒に加わり、楽しい夕ご飯となりました。
「今年一年、健康でがんばっていきましょう」と互いに誓いながら。

元日は仙台のご家族とともに

明けましておめでとうございます。旧年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。本年もあかつき屋をよろしくお願い申し上げます。

新年最初のお客様は、東北・仙台からのご家族連れでした。福井・永平寺へ行かれた後、金沢に立ち寄られ、あかつき屋にお泊り頂きました。

(元日にあかつき屋にお泊りになったTさんご一家=写真掲載了解済)
0102sendaikara.jpg

このTさんご一家。二男さんがかねてから町家に泊まることを思い描いておられたとのことで、和の趣漂うあかつき屋を選ばれたのでした。
「やっと夢がかなって、うれしいです」(二男さん)などと感想を言って下さると、この上ない喜びです。

元日とあって、飲食店で空いているお店は少なかったのですが、片町のお店やあかつき屋の近所のすし捨さんなどでお食事を取られたとのことでした。

あかつき屋でごゆっくりされている時、お父さんから東日本大震災後の仙台周辺のご様子をいろいろとうかがいました。
テレビなどでよく見聞したことでも、被災地にお住まいの方から生でお話をうかがうと、迫力は全然違いました。とにかく、被災地の方々が、明日に向けて確かな手ごたえを感じるような復興に向けた取り組みが必要であると痛感しました。

ご夫婦と四人のご兄弟がそろって家族旅行するのは、17年ぶりとのこと。「いい思い出になりました」とTさんご家族。
あかつき屋がご家族のメモリアルにお手伝いできたかと思うと、お宿冥利につきました。

(あかつきの間の縁側から見る雪景色)
0102yukigeshiki.jpg

外は大晦日から間断なく降る雪で白の世界。雪吊りを施された松の木は、シーズン到来とばかりに生気が漂い、雄々しささえ感じました。