FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

アートと黒壁、島歩き楽しく 佐久島-後編- 

三河湾に浮かぶ小島・佐久島が、独特の存在感をもち、島外から人を吸引しているのは、この島がアートでむら起こしをし、成果を上げたからです。
島のあちこちにアート作品が置かれ、それらは見る人の心を明るくしたり、なごませたりします。冬の日とは思えないほどに、青空が広がったこの日、島歩きはとても楽しいものでした。

(海岸に設けられたカモメのアート作品)
1214artmain.jpg

佐久島は、他の多くの離島がそうであるように、人口の減少と高齢化に悩んできました。昭和20年代まで千数百人いた人口も、年ごとに減る一方。幾たびか、島おこしの取り組みがあったそうですが、島民の気持ちがそろわなかったこともあり、軌道に乗ることはありませんでした。

その流れに終止符を打ったのは、時代が平成に入ってからでした。平成6年と8年に国土庁(現在の国交省)の支援を受けて、本格的に島おこしがスタート。
その活性化の切り口にしたのがアートでした。

(島のあちこちに置かれたアート作品)
1214art01.jpg 1214art2.jpg
1214art3.jpg 1214art4-01.png

(海岸には、おひるねハウスというアートも)
1214ohirunehause.jpg

しかし、その取り組みもすんなりいった訳ではありませんでした。若手芸術家らが手がけた現代アートは、見る人によっては、奇異に映り、違和感を覚えた島の長老らからは、反対の声が上がったそうです。

それでも、島外からのボランティアを交えた地道の取り組みが少しずつ、島の人たちに理解されるようになっていきました。何より大きかったのは、アートを利用して、長年途絶えていた、島の祭り太鼓を復活させたことでした。それは、島おこしの大きな起爆剤になりました。

島に昔から息づく伝統の太鼓。それがよみがえったのですから、アートへの理解と共感が一気に広がりました。祭り太鼓は今では、毎年10月に開く太鼓フェスティバルに発展し、島の人口の倍以上の600~700人の観光客を迎えているそうです。

景観への取り組みは、野外アートにとどまりませんでした。島の西地区では、家屋の外壁に昔から塗られていた黒色をさらに強調する形で、外壁にコールタールを塗り、「黒壁」の集落をアピールしました。

その重厚な家並みは、見る人の心の中に何とも言えない重量感を与えるものでした。今では、島を代表する景観の一つとされ、島が「三河湾の黒真珠」とも呼ばれるようになりました。

(西地区の黒壁の家並み。「三河湾の黒真珠」と言われます)
1214kurokabe.jpg

気軽な散策のようなスタイルで歩いた島めぐり。最終目的地の弁天サロン近くにある島の案内看板に、おもしろい表記を見つけました。

(案内板に「白山社」の表記を見つけました)
1214saku5.jpg

地図上の丘陵地に「白山社」の記しがされているのです。「こんなところにも、日本三名山の一つ霊峰・白山の信仰が届いていたのだろうか」

私は、案内して頂いた西尾市佐久島振興課の男性職員の方に尋ねました。
「加賀の白山は、この神社から見えるのですか」
「(白山は)ここからは見えませんね」。
「やっぱり」。

でも私の中には、不思議さとともに、どこか懐かしさとうれしさが生まれ、そんな気持ちを胸にとどめて、帰りの船に乗り込みました。

愛知県の佐久島訪問、無垢の自然に感銘-前編-

この度、所属する団体の研修で愛知県三河湾に浮かぶ佐久島へ行ってきました。人口300人足らずの小さな離島。
しかし、今は祭りとアートに出会う島として、大勢の観光客が訪れるようになっており、その存在感は年ごとにアップしています。

美しい無垢の自然に感動、地元の人らのお話も聞き、観光とは何かを改めて考える機会となりました。

(佐久島を案内して下さった西尾市佐久島振興課のお二人=中央)
1214sakumain.jpg
(一色港から船で佐久島に向かいました)
1214saku1.jpg

愛知県は日本を代表する自動車メーカーがあることから、製造業のイメージが強いのですが、こんな手つかずの小島もあるのですね。驚きました。

佐久島には朝、西尾市一色町の港から船に乗り、30分足らずで着きました。西尾市役所佐久島振興課の方のご案内で島のあちこちを歩いて回りました。

(海岸の透き通った海の水に驚きました)
1214saku2.jpg

まず一行が驚いたのは、海の水がきれいなこと。この日は、晴天に恵まれたこともあって、海はキラキラ光り、海岸べりは、底まではっきりと見えました。
「ここは、愛知県?」。そんな疑問がわくほどに、その素朴な自然に心がとらえられました。

夏は海水浴客や釣り客などでにぎわうという島。今はオフシーズンに当たりますが、それでも島の中を歩いていると、女性グループやカップルともすれ違い、ここが観光の島としてかなり浸透してきているのが分かりました。

弁天サロンという観光交流施設の前にある浜辺で、何やら作業をしている年配の女性を目にしました。近づくと、プラスチックのざるで、牡蠣(カキ)を洗っているのでした。
「どこで採ったカキですか」。思わず尋ねてみました。

(ざるで殻を取ったカキを洗う女性)
1214saku3.jpg
(カキは新鮮そのもの。知り合い筋に出荷するとのことでした)
1214saku4.jpg

その方、こともなげに「カキは、どこにもいますよ。ここにも」と、足元を指しました。
すぐそばの波打ち際の砂浜に、カキがいるというのです。
「この白っぽい、カキの殻のようなものが、そうなのか」。
この女性が取ったカキは、近くの岩場のものだということですが、海の幸がこんなにも身近にあることに一同感嘆。

お昼に民宿「さざなみ」さんで頂いたお魚づくしの昼食とあわせ、素朴で豊かな自然は、やはり人を大いに引きつけるものだと実感しました。

雪、冬本番に 笑顔のお客様に心暖か

この週末、金沢は雪が降り、冬本番となりました。強風も伴い、寒かったものの、遠来のお客様を相次いでお迎えし、にぎやかな日々となりました。

やはり、あかつき屋のコミュニティルームに設けている大きな掘りごたつが威力を発揮し、お客様は「あったかーい」とご満足の表情。笑顔でおしゃべりされるご様子に、こちらも心が暖かくなりました。

(東京からお越しになったお客様グループ=写真掲載了解済、以下同じ)
1209guests.jpg

全室貸切でお泊りになったのは、東京からお越しになったお友達グループ。幹事さんの男性のご実家が、あかつき屋の近隣にあり、そんなご縁もあり、ご利用されました。

外での夕食をはさんで大きな掘りごたつのあるお部屋を存分に使われました。こたつには、やはりみかん。明るいおしゃべりに、室内は、外の寒さを吹き飛ばす熱気が満ちていました。

このお客様たちは「夏に(神奈川県の)葉山で、カラフルカフェを開いているんです」とのことでした。きっと楽しくお店を切り盛りされているのだと感じました。

(タイご出身の学生さんと、そのおばさんら)
1208ninchan.jpg

別の日にお越しになったもう一組のお客様は、東京の大学で学ぶタイ出身の女子学生さんと、そのおばさんら。「自宅にいるみたい」とすっかりくつろがれ、折り紙などをされて一夜を過ごされました。

ご出発の朝、障子戸などをバックに記念撮影された後、観光に向かわれました。

(軒下で鮮やかな花を咲かすガザニアとガーデンシクラメン)
1209hana.jpg

お客様をお送りした後は、あかつき屋の回りの除雪に勤しむことに。いよいよ今年も冬が始まったとの思いがひしひしと。
そんな中、軒下に備えているガザニアとガーデンシクラメンは寒さに負けず、華やかな花を咲かせており、心がなごみました。

タイのお客様、京都→金沢 ニッポン満喫

今日、あかつき屋にタイからお客様がお見えになりました。
今回は、5人のお友達グループで、今日から一泊二日されています。

日本の情緒をたんのうしようと、京都から金沢に入られました。雨模様だったものの、エネルギッシュに街なかを歩かれ、回転寿司店に入られ、日本海の幸をご賞味、茶屋街にも足を運ばれ、城下町の風情に浸られました。

(あかつき屋にお泊りになったタイからのお客様=写真掲載了解済)
1204thaimain.jpg
(夜、あかつき屋で召し上がったブリのお刺身や柿、イチゴのフルーツ)
1204thaisub.jpg

お客様はタイ・バンコクの大学の同級生で、卒業後は社会人としてそれぞれの分野で活躍されています。

今回の日本の旅は、関西空港に降りた後、京都に入られ、今日は金沢、そして明日は飛騨・高山に向かわれます。

京都では、清水寺を訪れられました。女性たちは、レンタル着物を着て「ニッポン体験」。紅葉をバックに記念撮影しました。
「ビューティフル!」。撮る方も、撮られる方も感嘆の声を上げられたそうです。

(京都・清水寺で着物を着て記念撮影=お客様ご提供写真、以下同じ)
1203kyouto.jpg

金沢は、タイでも人気の観光地になっているそうです。その理由の一つに、昨年金沢に来られ、あかつき屋に宿泊されたタイ人ご夫妻がブログで金沢を詳しく紹介したからです。

(金沢旅行の目的の一つ・近江町市場のもりもり寿司で夕食)
1204morimori.jpg

その中で、近江町市場内の「もりもり寿司」を紹介していたので、お客様は早速、そこへ行かれ、「フレッシュで、チープなお寿司」を食べて来られました。

近江町市場では、ブリのお刺身や、柿、イチゴも買い、あかつき屋に帰宅。二次会で、それらに舌鼓を打ちながら、楽しく夜を過ごされました。

12月 雪 白山まぶしく

12月に入りました。何かと慌しい季節。
そんな師も走るという月。昨日、金沢では初雪が降りました。街なかは降り積もるほどではなく、屋根などが、うっすらと雪化粧した程度にとどまりました。

(青空の下、純白に輝く白山=加賀市内から)
1202hakusan01.jpg

今日、午前中に加賀市内を車で走る機会がありました。朝から快晴になり、雪を頂く霊峰白山は、まばゆく光っていました。
その名の通り純白の白山。見る人の気持ちを浄化(カタルシス)させてくれます。

今年も残りひと月を切りました。気持ちを新たに、一日一日を刻んでいきたいと思います。