fc2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

お客様 桜の花模様に心動かす

春の到来を象徴するとも言える桜の花。いったん咲き始めると、気温の上昇とともに花びらを広げ、一週間もたたないうちに満開にもなります。満開の状態でとどまってほしいと願っても、それはかなわぬことで、それだからこそ人は桜花の見頃を逃すものかと、時間をやりくりしてでも花見の名所を訪ねるようです。

あかつき屋の徒歩圏内にある兼六園。先の週末は桜の満開時期とも重なり、大勢の人が訪れました。私どももこれまで夜桜見学を含めて数回訪れ、降り注ぐような花々に魅せられました。

(満開となった広済寺さんのシダレ桜)
0414shidaresakura.jpg

それらソメイヨシノの桜が主役を譲るように、シダレ桜が見頃を迎えました。あかつき屋の前のお寺・広済寺さん。知る人ぞ知るシダレ桜の名所です。このお宿のお客様も観賞させて頂き、満開の桜花に酔いしれられました。

広済寺さんのシダレ桜は毎年、兼六園の桜から数日遅れて開花し、やはり数日遅れて満開となります。この度二泊されたお客様は、その満開の時季と重なりました。

お寺の境内を散策させて頂きました。古刹の天空を覆うように広がる桜花。時折風で花が散り落ちていきます。
カップルのそのお客様。「見事です。心が洗われますね」。

こちらのお客様は、前日には兼六園、金沢城公園を花見方々三時間ほど歩いたそうで、このお寺での花見は予期せぬことでした。感嘆の声を漏らされる姿に、こちらも和みました。

0414oniwa.jpg
      新緑が広がり、美しいあかつき屋のお庭
あかつき屋のお庭も、新緑が一層増してきました。日ごとに明るくなっています。
ツツジは、花のつぼみを数多くつけ、ゴールデンウイーク頃には、咲き競うかのよう。お庭の手入れも苦にならず、楽しみな毎日です。

スポンサーサイト



寒波到来、お庭は雪景色

いよいよ冬本番。北陸に本格的な寒波が到来し、間断なく雪が降る天候に。時折、鰤起こしと呼ばれる雷鳴もとどろき、その音が鳴るたびに体が揺さぶられるようです。

あかつき屋も一気に冬の風景になりました。雪吊りが施されたお庭は、木々が雪で白くなりました。雪は、そんなに重たくなく、風が吹けば飛散し、そして再度の降雪でまた白くなるといった按配。
寒いので、この風景を引き戸を開放して、ゆっくり観賞するという訳にはいきませんが、お客様には、片時でも見て頂ければ、金沢町家の冬を体感することになるのでは、と思っています。

(雪で白くなったお庭)
1218snowygarden.jpg

クリスマスが間近。あかつき屋では、その飾りつけを行い、お客様を迎えています。
コロナ対策のビニールカーテンに色とりどりのカラーボールなどを付けました。玄関の下足箱には、苔玉のわきに、きらびやかな球形や立方体のデコレーション、コミュニティルームの小机には、サンタさんが様々なポーズを取る置物などを据えました。
そのかわいらしさは、外の寒さを忘れさせてくれます。

(ビニールカーテンにクリスマス飾り)
1218gard.jpg

(玄関の下足箱にも)
1218entrance.jpg

(ミニサンタが様々なパフォーマンス)
1218okimono.jpg

年が押し詰まってきました。雪の風情を味わいながら、この時季ならではの習わしを一つ一つこなしていきます。

晩秋 街なかの紅葉美しく

11月も後半。晩秋。この時季、北陸は曇天で肌寒い日が多くなりがちですが、今年は暖かく、外に出るのもそんなに億劫になりません。街路樹や、個人宅のお庭の木々は紅葉がピークを迎え、目を楽しませてくれます。

今日は午後、市役所に用務があり、あかつき屋から歩いて、中心部にあるそこへ向かいました。扇町、東兼六町、そして八坂を登り切れば兼六園。その名園の外周をなぞるように歩いて行けば、21世紀美術館に行き着く広坂。その坂道は美しい紅葉に彩られ、思わず足を止めて見入ってしまいました。

(紅葉に彩られた広坂)
1118hirosaka01.jpg

そこは、歴史文化ゾーン。兼六園や県立美術館、国立工芸館、県立歴史博物館などが林立し、歴史的な景観と相まって、片時、日常を忘れさせてくれるような、洗練された雰囲気にあふれています。

通った時は午後4時頃。ちょうど学校の下校時に重なっていたので、近くの高校の生徒らが、足早に坂を降りて行きました。こちらは、またとない機会とばかりに、色づいた木々を写真に納めることにしました。

(赤、黄と様々な木々が美しい犀川緑地)
1118saigawa1.jpg

(木の下には、落ち葉の吹きだまり)
1118saigawa2.jpg

本日昼頃。犀川河畔。ここも紅葉が見頃を迎えていました。桜の木は、ほとんど葉を落としていましたが、そのほかの木々は、黄色く色づくもの、赤く染まるものと様々で、晩秋を謳歌していました。犬を散歩させる人、幼児を連れてそぞろ歩く若いママさんなどの姿。口には出さないけれど、晴れ渡った空の下に広がる、秋の風景に心身が満たされているかのようでした。

(ドウダンツツジの紅葉が美しい寺島蔵人邸)
1118terashima.jpg

      寺島蔵人邸のお庭も美しく
もちろん、金沢は名園を備えた歴史的建造物も紅葉を楽しむ絶好のタイミングとなっています。
大手町にある武家屋敷・寺島蔵人邸。そのお庭の代名詞ともなっているドウダンツツジが紅葉の時季となりました。

ある催しで10日ほど前に訪れました。一口に紅葉と言っても、色づきの進度に差があり、それがかえって色のグラデュエーションをつくり、お庭を多彩なものにしていました。

紅葉に包まれる古都・金沢。名園を訪ねるも良し、街を歩くも良し、というところでしょうか。

夏のしつらえ 苔玉や風鈴で涼感

8月入り。猛暑に、東京五輪の日本のメダルラッシュも加わり、例年にも増してホットな今夏。我が国は、亜熱帯地域に入ったのではないかと思いたくなるほどの連日の暑さです。皆様、お変わりありませんか。暑中お見舞い申し上げます。

あかつき屋では、お客様には少しでも涼しさを感じてもらおうと、玄関やお部屋など各所に観葉植物や調度品を配しています。苔玉や風鈴等々。それらは目や耳に心地よい感触をもたらしてくれます。

【手作りの苔玉を各所に】
(玄関の下足箱の上に三玉)
0805kokemain.jpg
(洗面所にも)
0805kokesub.jpg

今年の夏の演出として、一番に挙げられるのは、苔玉。スタッフの手作り品で、苔で覆った球の上にモミジなどの小品を植えています。
それぞれに味わいがあり、玄関の下足箱と洗面所に置いています。

今年苔玉を置くことにしたのは、金沢市観光協会などが主催し、あかつき屋が企画運営する金沢再発見モニターツアー「美しき名園めぐりと座禅、美味体験(宿泊プラン)」の中で苔玉作りを行うからです。スタッフは苔玉エキスパートを目指して、現在奮闘中です。
館内の各所に配する生け花と合わせ、お客様には居ながらにして自然を感じて頂いています。

(朝顔を描いた色紙は上がりの間に)
0805asagao.jpg

(軒下で涼感を醸す風鈴)
0803windbell.jpg

上がりの間には、朝顔を描いた色紙を衝立に掛けました。生前水墨画をたしなんだ父の作です。

玄関の軒下には、南部鉄器の風鈴を提げています。風を受けて、硬質の金属音を響かせています。
その鈴の下で短冊が風に揺れています。「朋(とも)あり 遠方より来たる」と毛筆でしたためられています。これは、妻の手によるもの。

真夏であればこそ映える苔玉や風鈴などの風物。炎天の下、快適なお宿にと、微力ですが心を砕いています。

千里浜が夏の装い 砂像や浜茶屋

国内で唯一車で海岸線を走ることができる羽咋・千里浜まで足を延ばしました。その入り口付近で、本格的な夏の到来近しを感じることに。千里浜レストハウス前には砂像がいくつも作られ、そのすぐ下の砂浜には浜茶屋(海の家)が建っていました。

北陸は、まだ梅雨明けはしていませんが、この日は、日差しに力強さを感じ、じきに梅雨明け宣言があるのではと思いました。海や空の色、雲の形にもそれを感じました。

(千里浜に姿を現した幾体もの砂像)
0712sazou.jpg

羽咋は、千里浜という全国にその名をとどろかす砂浜があるだけあって、砂像への関心が高く、市民の中には何人も砂像造りの名人がいます。千里浜にこの度作られていた幾体もの砂像は、そうした人たちの手によるものでした。
その作品は「鬼滅の刃」など、アニメにちなんだものが目立ちました。

(浜茶屋も登場)
0712uminoie.jpg

浜辺には、浜茶屋が一軒建っていました。貝焼きやサザエのつぼ焼きなどの看板も。
本格的な営業はまだ先のよう。ここも梅雨明けが待たれます。

      あかつき屋の改修工事ほぼ完了
梅雨時に合わせて、水回りの改修工事を行っている、ここあかつき屋。ほとんどの工事が終わり、洗面所やシャワールームなどが真新しい外観を現しました。こちらもおそらく梅雨が明けた20日頃には営業を再開します。

すべてが活発化する前に、粛々と毎日を送っています。