FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

西日本豪雨災害で義援金寄付

今年の漢字に「災」(日本漢字能力検定協会発表)が選ばれたことからも分かるように、災害が多かった2018年。風水害や地震と天災が相次いだ一年でした。北陸・金沢は2月に近年では例を見ない大雪に見舞われましたが、人的被害は最小限にとどまり、まずまず平穏な一年だったと言えましょうか。

従事する宿泊業は観光と密接にかかわっており、人々が平和な暮らしを営んでいないと成り立たない仕事であると実感しています。そうした中、災害のニュースで取り上げられた地域には、あかつき屋でお泊まりになったお客様のまちが少なくなく、その方々の安否が気遣われたものでした。

(日赤県支部の山本総務課長様・左に義援金を手渡しました)
1228giennkinn01.jpg

7月に西日本の広範囲にわたって、豪雨災害が発生しました。日々の仕事に追われていると、ボランティアで現地に赴くことは、かなわず、多少でもお役に立てばと、お宿の中に義援金箱を設置し、お客様から善意を募りました。

そして、一年を閉じるのに当たり、お客様からの寄付金と、お宿からのそれと合わせて28日、日本赤十字社県支部(金沢市鞍月2丁目)の事務所を訪れ、義援金2万円を寄託しました。

同支部の山本朗総務課長様に義援金を手渡しました。被災地の復旧・復興に多少なりともお役に立てば幸いです。
被災された皆様、寒さが募ってまいりましたが、お身体に気をつけ、良い年をお迎え下さい。

スポンサーサイト

西日本豪雨被災者へと義援金箱設置

広域にわたって未曽有の被害が出た西日本豪雨の被災者への支援を目的に、あかつき屋では義援金箱を設置しました。毎日テレビから報道される被災地の様子は、依然として復旧には時間がかかることを感じさせるもので、この募金を通じて少しでも現地のお役に立てればと願っています。

(あかつき屋内に置いた義援金箱)
0730giennkinnhako.jpg

あかつき屋での義援金箱の設置は、2011年に発生した東日本大震災以来となります。義援金箱は、ここの隣のクスリのアオキ暁店さんに出向いて、不用の段ボール箱を頂き、手作りしました。

この箱は、一定期間館内において、お客様から寄せられた善意とお宿の義援金と合わせて、日本赤十字社を通じて、被災地に届けたいと考えています。ご協力をお願い申し上げます。

FC2Ad