FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

立教大観光学部様 充実のゼミ合宿

金沢町家のゲストハウス、ここあかつき屋でこの度、本格的なゼミ合宿が行われました。お越しになったのは、観光研究では、評価が高い立教大学観光学部の西川亮・助教様のゼミ生ご一行です。

こちらを貸し切って2日から3泊の日程でゼミを実施。座学や建築学会への参加、街に出ての聞き取りなど、学生さんたちはエネルギッシュに日程をこなし、収穫の多い金沢ステイとなりました。

(市の担当者からの話に耳を傾ける学生さんら)
0905rikkyou1.jpg

(パワーポイントでの説明)
0905rikkyou2.jpg

西川先生は、都市計画を専門とされ、最近は特に歴史的環境を備えたまちの調査研究に力をいれておられます。既に大学から近い埼玉県川越市でも調査を実施されています。

今回北陸新幹線開業後、注目度が高まる金沢を研究対象に選ばれ、あかつき屋を拠点に四日間にわたる調査を実施されました。金沢は新幹線開業後、観光客が急増したことから、これに伴う街の変化について、弊害的な部分も視野に入れて、考えていかれます。

初日の2日は、金沢市の担当者から、金沢の歴史や成り立ち、特徴などについて、パワーポイントを使って説明を受けました。町家などに代表される歴史的建造物の保全や用水の保全、利活用など、市のきめ細かい景観施策について示され、学生さんたちは熱心に耳を傾けられました。

3日は金沢工大で開催された日本建築学会への参加、最終日の4日は、ひがし茶屋街一帯で、住民やお店などから聞き取りを行う、フィールドワークを実施されました。

あかつき屋では、学生さんらは日中の活動後、夜は関係文献の読み込みを行ったほか、ここあかつき屋の取り組みなどについての私からの話も聞かれました。
また、夜遅くまで、先生と学生さんとの間で忌憚のないディスカッションが繰り広げられるなど、ゼミ合宿ならではの光景がありました。

(バラエティーに富んだ夕食の数々)
0905dinnerfoods.jpg

(楽しい打ち上げの会となりました)
0905dinnerzennin.jpg

大変中身の濃いゼミ合宿でしたが、最終日の夜はここで打ち上げの夕食会。スーパーでお弁当や惣菜などを買い、ここのキッチンでパスタをゆでるなどして、バラエティーに富んだ食事をテーブルに並べました。

(立教大学観光学部西川ゼミの皆様)
0905rikkyoucheckoutday.jpg

旅の気分も味わってのゼミ合宿。若さを燃焼させた4日間になったようです。
皆様ご宿泊ありがとうございました。また、気軽に遊びに来て下さいね。

スポンサーサイト



ゼミ合宿 到着後さっそく文献輪読

春休み中とあって、様々な学生さんのグループのお泊まりが相次いでいます。週末を利用してこの度お越しになったのは、岐阜大学の皆様でした。

ご一行様は岐阜大地域科学部の柴田努准教授様と、先生が主宰するゼミの学生さんたちでした。経済学を専攻されています。
ゼミ合宿(旅行)でのあかつき屋ご訪問。終日、熱気にあふれる金沢町家ステイとなりました。

(ゼミ合宿でお越しになった岐阜大の皆様=写真掲載了解済)
0324gifudaimain01.jpg

こちらがまず驚いたのは、旅装を解くやいなや、早速、勉強モード全開になったことです。コミュニティルームの大きな掘りごたつを囲んで、ゼミがスタート。

(掘りごたつを囲んでのゼミ風景。左から2番目が柴田先生)
0324seminarl.jpg

文献の読み合わせを行い、その資料を基に、それぞれが感想、意見を述べ、柴田先生がアドバイスされていました。その光景は、大学の研究室での演習をそのままあかつき屋に持ってこられたようでした。お部屋は、終始引き締まった雰囲気が漂いました。

夜、学生さんらは片町でのお食事後、あかつき屋に戻り、近所の温泉銭湯で一日の汗を流されました。
その後、先ほどゼミで使った掘りごたつを囲み、トランプに興じられました。

二日目は、近くの兼六園へ歩いて向かわれ、春の名園の風情を満喫されました。

学生さんたちは「掘りごたつが快適で、大学のゼミ室にもあればいいなー」などと感想を話されていました。
皆様、ご宿泊ありがとうございました。また、来て下さいね。

(兼六園で梅花を楽しまれる女性=写真掲載了解済)
0324umemankai.jpg

この日午後、私も兼六園へ。梅が丁度満開で、入園者らが思い思いに花とふれあっておられました。たまたま出くわした埼玉からお越しになった女性二人。お着物姿で梅林を散策され、きれいな紅梅、白梅を心ゆくまで楽しんでおられました。

Xmasムードの中、熱心に福祉施設視察

クリスマスムードが街にあふれる中、熱心に福祉施設を視察する学生さんらのグループをお世話させて頂きました。ここあかつき屋で二泊され、金沢町家の風情も楽しまれました。

お越しになったのは、山形県酒田市にある東北公益文科大学の学生さんら5人。研究室の先生鎌田剛准教授様の引率で金沢入りされました。学生さんたちは、県内の先進的な福祉関係施設を見て回り、研究に大いに役立てられました。

(福祉施設を視察された鎌田先生・左端と学生さんたち=写真掲載了解済)
1223koekidaimain.jpg

ご一行様が訪れたのは、一日目が金沢市内にある「元ちゃんハウス」と富山にある「このゆびとーまれ」。二日目が、シェア金沢と白山市にあるB’s行善寺です。いずれも、障害のある人と、そうでない人との隔たりをつくることなく、オープンな運営を行っているところで、ハード面でも先進的な取り組みがみられます。

将来、福祉の分野での活躍を目指す学生さんたち。今回はゼミ旅行とあって、緊張感を漂わせながら、各所を見て回りました。
夜は、あかつき屋でミーティングを開き、一日の活動を振り返られました。

(館内はクリスマスの飾りつけをしました)
1223kouekisub.jpg

あかつき屋はこの時季、クリスマスの飾りつけを行っており、華やいだ雰囲気も。学習が終わると学生さんたちは緊張を解き、談笑されていました。

学生さんたちは、金沢のまちについては「新しいものと、古いものが、良く調和していて素敵」「きれいな街ですね」と話し、あかつき屋については「おじいちゃんのうちに来たみたい。(外出から帰ると)思わずただいまと言いたくなります」と感想を述べられました。

皆様ご宿泊ありがとうございました。引き続きキャンパスライフをエンジョイし、いい年をお迎え下さい。

手作り肉巻きおにぎりで朝食

9月、あかつき屋は、学生さんのゼミ旅行が相次ぎました。関東や関西と、日本の各地から。そして、その締めを飾ったのは、新潟青陵大学短大部(青陵短大)幼児教育学科の方々です。

実は、この短大の皆さんは、先輩方が以前にここにお越しになっており、4年ぶりです。先生の峰本義明准教授に引率されての金沢入り。懐かしくも、うれしい若者たちでした。

(肉巻きおにぎり作り。割りばしにご飯を巻き付ける)
0926nikumaki101.jpg

(フライパンでご飯に巻いた豚肉を焼く)
0926nikumaki2.jpg

(出来上がった肉巻きおにぎり)
0926nikumaki3.jpg

ご一行様は、高速バスで昼頃に金沢入り。一日目は自由行動で、学生さんたちは、思い思いに金沢の街を歩かれました。
そして、二日目の朝が圧巻でした。

学生さんたちは、肉巻きおにぎりなるお食事を手作りされ、朝食とされたのです。
実は来月に予定される学校の文化祭で飲食店を出すことにし、そのメーンの商品が肉巻きおにぎりで、あかつき屋で予行演習を兼ねて試作することにしたのでした。

豚肉やお米、割りばしなどを買って、お宿入り。炊飯器でご飯を炊き、そのご飯を手で割りばしに押し付けるように巻き付けます。秋田県の郷土料理のきりたんぽのような形になります。
さらに、その棒状のご飯を包むように豚肉を巻き、これを焼き肉のたれをつけてフライパンで焼きます。

(全員で肉巻きおにぎりに舌鼓)
0926seiryoutandai01.jpg

一同、出来上がった肉巻きおにぎりを前に、ゼミ長さんの発声で「いただきま~す」。スタミナ満点のそれを学生さんたちは、「おいしい」「いける」と感想を述べながら、ほおばっていました。
私も一本頂きましたが、豚肉のうま味が利いた、元気の出るお食事でした。

学生さんたちは、朝食で鋭気を養った後、金沢21世紀美術館へ向かわれました。

青陵短大の皆さん、4年前の先輩と同様、明るく前向きの学生さんばかりで、社会に出ても十分活躍していけると感じました。
ご宿泊ありがとうございました。また、お気軽にお越し下さいませ。

大学生 古い金沢の街並み散歩満喫

ゼミ旅行で金沢を訪れた学生さんたちをあかつき屋にお迎えしました。お泊まりになったのは、京都の同志社大学の皆様です。

京都と金沢。日本を代表する同じ古都でありながら、違うところも少なくありません。学生さんらは、金沢の街を散策しながら、北陸の歴史都市の風情を味わわれました。

(お泊まりになった同志社大学の皆様=写真掲載了解済)
0920doushisya01.jpg

ご一行様は、同志社大学文学部の山田和人教授の研究室で学ぶ皆さんで、こちらには、先生とともにお越しになりました。
研究対象は近世の日本文学で、浄瑠璃や歌舞伎などの芸能・演劇などにも関心が向けられています。

ご観光では、兼六園や長町・武家屋敷跡など定番コースを回られましたが、いろいろと心に残る風景があったそうです。
武家屋敷群では、水路をうまく取り込んだ名園が印象深かったそう。また、一夜明けた早朝、再び兼六園を訪ねた男性がいました。人けが少ない無料時間帯です。
「朝の静かな兼六園には、また別の趣がありました」

ご夕食後のあかつき屋。ミニ勉強会を開催。私の方から、あかつき屋のことや、ここを含む下町界隈の特長、そしてあかつき屋の取り組みなどを説明させて頂きました。

翌日の朝食では、同じ下町にあるパン屋・森長さんへ歩いて行かれ、ここあかつき屋でできたてのパンを賞味されました。
歩いて回った城下町金沢。天候にも恵まれ、有意義な旅になったようです。

研究室の皆様、ご宿泊ありがとうございました。また、遊びに来て下さいね。