FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

地域政策学ぶ学生さんご訪問

先日、加賀の霊峰・白山で初冠雪があり、朝晩は、肌寒さも感じられるこの頃。金沢は秋が深まり、兼六園一帯や街角の木々は、紅葉が美しくなってきました。
ここあかつき屋も、すっかり秋モード。上がりの間では、小机に栗の実や松かさなどを置き、衝立には、童謡「赤とんぼ」を毛筆でしたためた掛け軸を掛けています。それらは目に優しく、静かな秋をそれとなく演出しています。

そんな日々の中で、うれしく、元気が出るお客様をあかつき屋にお迎えしました。東京からお越しになった女子大生3人さんです。研究調査の目的で金沢入り。金沢町家を活かしたこのお宿の運営等について関心をもたれたとのこと。お話しさせて頂き、質問にお答えしました。

【秋の調度類を整えた館内】
(栗の実や松かさなどと招き猫の置き物)
1027kurinomi.jpg
(童謡「赤とんぼ」をしたためた掛け軸)
1027yuuyakekoyake.jpg

来訪されたのは、中央大学(東京)法学部の工藤裕子教授が主宰する FLP 地域公共マネジメントゼミに所属する学生さんたち(三年生)です。地域資源の再発見・再評価を行いながら、これからの公共政策や地域経営を考えていこうとされています。3人は、「空き家の利活用」や「まちづくり」「地域ブランド」をそれぞれ研究テーマに設定されています。

あかつき屋に先立ち、市役所や金澤町家情報館でヒアリングされています。あかつき屋はゲストハウス(簡易宿所)に分類されますので、そうしたお宿はいくつか調査対象になっているのかと思ったら、あかつき屋だけを訪問先に選んだとのこと。
ゲストハウス、民泊等が、ざっと300あるとされる金沢。宝くじに当たったような気分で、大変光栄に感じました。

(ヒアリング調査に訪れた中央大学の学生さんたち
    =写真掲載了解済、撮影のためマスクを外しています(^^;))
1027cyuuoudai01.jpg

一年を通じて、ゼミ旅行や卒業旅行などで、数多くの学生さんをお迎えしていますが、今回の学生さんたちも目を輝かせて、私の話に耳を傾けて下さいました。
国登録有形文化財に指定されたこの建物のことや、周辺のお店や寺社などと連携したあかつき屋の取り組みを紹介させてもらいました。

コロナと向き合う日々ですが、地道に暮らしを営む人々がいて、変わらず前向きに学ぶ学生さんたちがいます。頼もしく、充実感を感じる時間でした。
中央大の皆様、ありがとうございました。また、お気軽にお越し下さいませ。

スポンサーサイト



外国人留学生ら 金沢町家学ぶ

ことのほか、雨の日が多い今年の梅雨。雨が上がっても、なかなか、まぶしい夏の日差しとはいかず、空模様と同様に、トーンの低い日が続いています。

そんな中で、懸命に日本の文化、特に金沢町家について学ぼうとする外国人留学生らをここあかつき屋にお迎えしました。真剣な表情で、国登録有形文化財に指定されている建物の中を見学し、鋭い質問も。鬱陶しい雰囲気も吹き飛び、身が引き締まる時間を過ごしました。

(家の前では、流木に紫陽花などの飾りつけ)
0715ryuuboku.jpg

(玄関円窓前でも、生け花爽やかに)
0715hana.jpg

あかつき屋では、梅雨のシーズンでも、快適に過ごしてもらおうと、屋内外で様々なしつらえを施しています。建物の前では、流木を設置。そこに紫陽花の花や沙羅の草木などを配して爽やかさを演出しました。
玄関では、花器に季節の花数種類を生け、円窓の前に彩りを添えています。

この日、あかつき屋を訪問されたのは、金沢大学の外国人留学生9人と、その留学生らの指導に当たる金大国際機構の松田真希子教授、一級建築士事務所を扇町で開く林野紀子さんの両先生です。
留学生の母国は、スペイン、ドイツ、ロシア、中国、インドネシア、タイなど様々でした。

学生さんらがお着きになると、早速、中をご案内。二階のお座敷では、床の間や網代天井、欄間など、日本家屋独特の造りを説明。西側の6畳の間では、「ここから兼六園の森が見えるんですよ」などと説明。皆さん興味深げに、聞き入っておられました。

一通り中を紹介した後、一階コミュニティルームで、準備したペーパーを基に15分ほどレクチャーさせてもらいました。テーマは、「金沢町家を観光的アクティビティーの拠点に」。

お宿の歴史や構造などのほか、私が日頃取り組む活動などについて説明。あかつき屋界隈は町家や寺社のほか、今も特長ある個人商店がいくつも残るところ。この宿を拠点に、お客様と住民や町家、寺社、お店などをつなぐ活動を繰り広げていること。そこから、お客様には、金沢のリアルな日常を感じてもらうように努めていることなどを話させてもらいました。

(お越しになった金大の留学生と先生方=写真掲載了解済)
0715ryugakusei.jpg

留学生からは「建物と人々の暮らしのどちらが重要ですか」という質問を受けました。建物と生活は不可分なもので、両者が一体となって、暮らしが営まれており、どちらが重要とは言い切れない。「家屋は、この土地の風土の中で育まれてきたもので、あかつき屋では、お客様には、そうした点を感じてもらいたいし、そのお手伝いをしたい」と返事をしました。

ここでの滞在が、30分ほどの短い時間だったので、どれくらいの成果があったのか、もどかしさもありましたが、留学生たちの真剣な眼差しを見ていたら、学生さんたちには、それなりに得るものがあったのかな、と推察しています。

金沢、さらには、ここ賢坂辻界隈と世界をつなぐ金沢町家。改めて、ここを舞台にしたお宿業の原点を見つめ直すひとときとなりました。皆様ありがとうございました。

立教大観光学部様 充実のゼミ合宿

金沢町家のゲストハウス、ここあかつき屋でこの度、本格的なゼミ合宿が行われました。お越しになったのは、観光研究では、評価が高い立教大学観光学部の西川亮・助教様のゼミ生ご一行です。

こちらを貸し切って2日から3泊の日程でゼミを実施。座学や建築学会への参加、街に出ての聞き取りなど、学生さんたちはエネルギッシュに日程をこなし、収穫の多い金沢ステイとなりました。

(市の担当者からの話に耳を傾ける学生さんら)
0905rikkyou1.jpg

(パワーポイントでの説明)
0905rikkyou2.jpg

西川先生は、都市計画を専門とされ、最近は特に歴史的環境を備えたまちの調査研究に力をいれておられます。既に大学から近い埼玉県川越市でも調査を実施されています。

今回北陸新幹線開業後、注目度が高まる金沢を研究対象に選ばれ、あかつき屋を拠点に四日間にわたる調査を実施されました。金沢は新幹線開業後、観光客が急増したことから、これに伴う街の変化について、弊害的な部分も視野に入れて、考えていかれます。

初日の2日は、金沢市の担当者から、金沢の歴史や成り立ち、特徴などについて、パワーポイントを使って説明を受けました。町家などに代表される歴史的建造物の保全や用水の保全、利活用など、市のきめ細かい景観施策について示され、学生さんたちは熱心に耳を傾けられました。

3日は金沢工大で開催された日本建築学会への参加、最終日の4日は、ひがし茶屋街一帯で、住民やお店などから聞き取りを行う、フィールドワークを実施されました。

あかつき屋では、学生さんらは日中の活動後、夜は関係文献の読み込みを行ったほか、ここあかつき屋の取り組みなどについての私からの話も聞かれました。
また、夜遅くまで、先生と学生さんとの間で忌憚のないディスカッションが繰り広げられるなど、ゼミ合宿ならではの光景がありました。

(バラエティーに富んだ夕食の数々)
0905dinnerfoods.jpg

(楽しい打ち上げの会となりました)
0905dinnerzennin.jpg

大変中身の濃いゼミ合宿でしたが、最終日の夜はここで打ち上げの夕食会。スーパーでお弁当や惣菜などを買い、ここのキッチンでパスタをゆでるなどして、バラエティーに富んだ食事をテーブルに並べました。

(立教大学観光学部西川ゼミの皆様)
0905rikkyoucheckoutday.jpg

旅の気分も味わってのゼミ合宿。若さを燃焼させた4日間になったようです。
皆様ご宿泊ありがとうございました。また、気軽に遊びに来て下さいね。

ゼミ合宿 到着後さっそく文献輪読

春休み中とあって、様々な学生さんのグループのお泊まりが相次いでいます。週末を利用してこの度お越しになったのは、岐阜大学の皆様でした。

ご一行様は岐阜大地域科学部の柴田努准教授様と、先生が主宰するゼミの学生さんたちでした。経済学を専攻されています。
ゼミ合宿(旅行)でのあかつき屋ご訪問。終日、熱気にあふれる金沢町家ステイとなりました。

(ゼミ合宿でお越しになった岐阜大の皆様=写真掲載了解済)
0324gifudaimain01.jpg

こちらがまず驚いたのは、旅装を解くやいなや、早速、勉強モード全開になったことです。コミュニティルームの大きな掘りごたつを囲んで、ゼミがスタート。

(掘りごたつを囲んでのゼミ風景。左から2番目が柴田先生)
0324seminarl.jpg

文献の読み合わせを行い、その資料を基に、それぞれが感想、意見を述べ、柴田先生がアドバイスされていました。その光景は、大学の研究室での演習をそのままあかつき屋に持ってこられたようでした。お部屋は、終始引き締まった雰囲気が漂いました。

夜、学生さんらは片町でのお食事後、あかつき屋に戻り、近所の温泉銭湯で一日の汗を流されました。
その後、先ほどゼミで使った掘りごたつを囲み、トランプに興じられました。

二日目は、近くの兼六園へ歩いて向かわれ、春の名園の風情を満喫されました。

学生さんたちは「掘りごたつが快適で、大学のゼミ室にもあればいいなー」などと感想を話されていました。
皆様、ご宿泊ありがとうございました。また、来て下さいね。

(兼六園で梅花を楽しまれる女性=写真掲載了解済)
0324umemankai.jpg

この日午後、私も兼六園へ。梅が丁度満開で、入園者らが思い思いに花とふれあっておられました。たまたま出くわした埼玉からお越しになった女性二人。お着物姿で梅林を散策され、きれいな紅梅、白梅を心ゆくまで楽しんでおられました。

Xmasムードの中、熱心に福祉施設視察

クリスマスムードが街にあふれる中、熱心に福祉施設を視察する学生さんらのグループをお世話させて頂きました。ここあかつき屋で二泊され、金沢町家の風情も楽しまれました。

お越しになったのは、山形県酒田市にある東北公益文科大学の学生さんら5人。研究室の先生鎌田剛准教授様の引率で金沢入りされました。学生さんたちは、県内の先進的な福祉関係施設を見て回り、研究に大いに役立てられました。

(福祉施設を視察された鎌田先生・左端と学生さんたち=写真掲載了解済)
1223koekidaimain.jpg

ご一行様が訪れたのは、一日目が金沢市内にある「元ちゃんハウス」と富山にある「このゆびとーまれ」。二日目が、シェア金沢と白山市にあるB’s行善寺です。いずれも、障害のある人と、そうでない人との隔たりをつくることなく、オープンな運営を行っているところで、ハード面でも先進的な取り組みがみられます。

将来、福祉の分野での活躍を目指す学生さんたち。今回はゼミ旅行とあって、緊張感を漂わせながら、各所を見て回りました。
夜は、あかつき屋でミーティングを開き、一日の活動を振り返られました。

(館内はクリスマスの飾りつけをしました)
1223kouekisub.jpg

あかつき屋はこの時季、クリスマスの飾りつけを行っており、華やいだ雰囲気も。学習が終わると学生さんたちは緊張を解き、談笑されていました。

学生さんたちは、金沢のまちについては「新しいものと、古いものが、良く調和していて素敵」「きれいな街ですね」と話し、あかつき屋については「おじいちゃんのうちに来たみたい。(外出から帰ると)思わずただいまと言いたくなります」と感想を述べられました。

皆様ご宿泊ありがとうございました。引き続きキャンパスライフをエンジョイし、いい年をお迎え下さい。