FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

手作り肉巻きおにぎりで朝食

9月、あかつき屋は、学生さんのゼミ旅行が相次ぎました。関東や関西と、日本の各地から。そして、その締めを飾ったのは、新潟青陵大学短大部(青陵短大)幼児教育学科の方々です。

実は、この短大の皆さんは、先輩方が以前にここにお越しになっており、4年ぶりです。先生の峰本義明准教授に引率されての金沢入り。懐かしくも、うれしい若者たちでした。

(肉巻きおにぎり作り。割りばしにご飯を巻き付ける)
0926nikumaki101.jpg

(フライパンでご飯に巻いた豚肉を焼く)
0926nikumaki2.jpg

(出来上がった肉巻きおにぎり)
0926nikumaki3.jpg

ご一行様は、高速バスで昼頃に金沢入り。一日目は自由行動で、学生さんたちは、思い思いに金沢の街を歩かれました。
そして、二日目の朝が圧巻でした。

学生さんたちは、肉巻きおにぎりなるお食事を手作りされ、朝食とされたのです。
実は来月に予定される学校の文化祭で飲食店を出すことにし、そのメーンの商品が肉巻きおにぎりで、あかつき屋で予行演習を兼ねて試作することにしたのでした。

豚肉やお米、割りばしなどを買って、お宿入り。炊飯器でご飯を炊き、そのご飯を手で割りばしに押し付けるように巻き付けます。秋田県の郷土料理のきりたんぽのような形になります。
さらに、その棒状のご飯を包むように豚肉を巻き、これを焼き肉のたれをつけてフライパンで焼きます。

(全員で肉巻きおにぎりに舌鼓)
0926seiryoutandai01.jpg

一同、出来上がった肉巻きおにぎりを前に、ゼミ長さんの発声で「いただきま~す」。スタミナ満点のそれを学生さんたちは、「おいしい」「いける」と感想を述べながら、ほおばっていました。
私も一本頂きましたが、豚肉のうま味が利いた、元気の出るお食事でした。

学生さんたちは、朝食で鋭気を養った後、金沢21世紀美術館へ向かわれました。

青陵短大の皆さん、4年前の先輩と同様、明るく前向きの学生さんばかりで、社会に出ても十分活躍していけると感じました。
ご宿泊ありがとうございました。また、お気軽にお越し下さいませ。

スポンサーサイト

大学生 古い金沢の街並み散歩満喫

ゼミ旅行で金沢を訪れた学生さんたちをあかつき屋にお迎えしました。お泊まりになったのは、京都の同志社大学の皆様です。

京都と金沢。日本を代表する同じ古都でありながら、違うところも少なくありません。学生さんらは、金沢の街を散策しながら、北陸の歴史都市の風情を味わわれました。

(お泊まりになった同志社大学の皆様=写真掲載了解済)
0920doushisya01.jpg

ご一行様は、同志社大学文学部の山田和人教授の研究室で学ぶ皆さんで、こちらには、先生とともにお越しになりました。
研究対象は近世の日本文学で、浄瑠璃や歌舞伎などの芸能・演劇などにも関心が向けられています。

ご観光では、兼六園や長町・武家屋敷跡など定番コースを回られましたが、いろいろと心に残る風景があったそうです。
武家屋敷群では、水路をうまく取り込んだ名園が印象深かったそう。また、一夜明けた早朝、再び兼六園を訪ねた男性がいました。人けが少ない無料時間帯です。
「朝の静かな兼六園には、また別の趣がありました」

ご夕食後のあかつき屋。ミニ勉強会を開催。私の方から、あかつき屋のことや、ここを含む下町界隈の特長、そしてあかつき屋の取り組みなどを説明させて頂きました。

翌日の朝食では、同じ下町にあるパン屋・森長さんへ歩いて行かれ、ここあかつき屋でできたてのパンを賞味されました。
歩いて回った城下町金沢。天候にも恵まれ、有意義な旅になったようです。

研究室の皆様、ご宿泊ありがとうございました。また、遊びに来て下さいね。

九州大生さん 金大と合同ゼミ後、宿泊

あかつき屋は、金沢市角間にある金沢大学から最も近いお宿。そんなこともあってか、学会参加や受験生を含めて金大関係の用務でお泊まりになるお客様が、時々いらっしゃいます。今回あかつき屋を貸切でお泊まりになったのは、九州大学法学部の学生さんたち。二日間にわたった金大法学類との合同ゼミに参加するためでした。

学生さんたちは、ゼミを終えて夕方お宿入り。片町でのご夕食後、昼間の疲れを解消するように、リラックスして過ごされました。

(金大と合同ゼミを行った九州大法学部の皆様=写真掲載了解済)
1105kyuudailaw.jpg

お泊まりになったのは、九大法学部の河野先生ゼミの皆さんで、国際私法を専攻されています。金大とは先生つながりで、法学類羽賀先生のゼミと毎年交流されています。合同ゼミは例年、九州・福岡と金沢を交互に会場にしているそうで、今年は金沢の番。
九大の皆さんが、あかつき屋にお泊りになるのは、2年ぶりです。

「僕はおととし、ここに泊まりました」。そんな学生さんがいらっしゃったので、一気に打ち解けた空気が広がりました。二年前にお泊まりになった先輩たちのことが話題に上り、懐かしい気持ちに。その先輩たちは今、社会人となって活躍しているそうです。

学生さんたちは二日間、金大で社会の諸案件を題材にして、法的な立場や判断について、それぞれの観点で熱い議論をたたかわせたとのこと。とても有意義な時間だったそうです。

ここでのご宿泊後、金沢観光へ。さわやかな笑顔を残され、あかつき屋を後にされました。

皆様、ご宿泊ありがとうございました。また、元気なお顔を見せて下さいね。

幅広く園芸学ぶ学生さん ご宿泊

ゼミ旅行で金沢にお越しになった学生さんたちをあかつき屋にお迎えしました。東京・多摩市にキャンパスがある恵泉女学園大学の学生さんらです。

同大学の人間社会学部社会園芸学科の宮内泰之准教授のゼミに所属する3年生の学生さん7人で、宮内先生と共に来られました。
日本三名園の一つ兼六園などをご散策の後、夜はここで勉強会を開かれました。

(恵泉女学園大学の宮内先生と学生さんたち=写真掲載了解済)
0911keisenmain.jpg

社会園芸学科では、心理学を融合させながら、園芸を軸に豊かな社会環境を築くことを目指して研究されています。
学生さんたちは、日中、兼六園や金沢城を訪れ、お庭の佇まいなどを見学されました。

夜は、あかつき屋で勉強会。
国登録有形文化財に指定された金沢町家のお宿を運営する立場から、私は、この町家のことやお宿の取り組みなどを、紙資料やパワーポイントなどで紹介させて頂きました。

(私が勉強会で使用したパワーポイント資料)
0911keisensub.jpg

この後、学生さんたちは、これからいよいよ卒業論文の制作が本格化するとあって、各自がその進捗状況を発表、宮内先生は一人ひとりに丁寧にアドバイスされていました。

ご一行様は、ドジョウのかば焼きや大根寿司など地元の食や、近隣の温泉銭湯にも親しまれ、旅気分も十二分に味わわれました。
皆様、ご宿泊ありがとうございました。引きつづき、元気に学生生活をおくって下さいね。

記者の卵さんたち 金沢を精力的取材

9月は日本の大学の多くは、まだ夏休み。あかつき屋には、連日のように全国各地の学生さんたちがお越しになっています。

この度、あかつき屋にお泊まりになったのは、早稲田大学政治経済学部で学ぶ学生さんたち。将来ジャーナリズムの世界を目指しておられ、瀬川至朗早大政治経済学術院教授が開くゼミのゼミ生です。
金沢には、9月21日から二泊三日で滞在され、ホットなテーマで取材活動を繰り広げられました。

(あかつき屋で打合せする学生さんら)
0923meeting1.jpg
0923meeting201.jpg

学生さんたちは、あかつき屋には、貸切で滞在されました。
三つの班に分かれ、「金沢町家」「民泊」「金沢21世紀美術館」のそれぞれのテーマを設定し、行政やNPO、業界団体の関係者や街角で通行人にインタビューするなど、エネルギッシュに取材活動を繰り広げられました。

(NPO金澤町家研究会の担当者からお話を聞く学生さんら
                          =ご提供写真)
0923npomachiya.jpg

(訪れた金沢21世紀美術館=同)
0923museum.jpg

あかつき屋では、各班が取材結果を報告したり、今後の調査方針を検討したりと、熱心に研究活動に当たられました。
私の方からは初日、あかつき屋の金沢町家としての特長や地域と連携して行う各種の活動について、映像資料を交えてお話させて頂きました。

学生さんらは最終日の夜は、あかつき屋のコミュニティルームで打ち上げのお食事会をされました。

(充実のゼミ合宿を終えた学生さんら、後列右から3人目が瀬川教授)
0923wasedamain.jpg

私にとっても、いろいろと学ぶことの多い数日間でした。
皆様、ご宿泊ありがとうございました。また、元気なお顔を見せて下さいね。

FC2Ad