あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

下町で営むあかつき屋 紙上で紹介

国登録有形文化財のゲストハウスあかつき屋がこの度、北國新聞で紹介される機会に恵まれました。
2月12日付朝刊の生活・文化面の連載「町家人(まちやびと)」のコーナーで、記事の見出しは、「下町人情、心に『泊める』」です。

兼六園の近くで、金沢の下町の中にある、あかつき屋。2011年の開業当初から続けている、お泊まりのお客様に、この界隈の庶民的な暮らしや商い、そして四季折々の風物を知って頂く取り組みについて、スポットライトが当たった格好です。
大変光栄なことで、今回の報道に恥じないよう、引き続き気を引き締めて、お宿業に取り組んでいきます。

(2月12日付北國新聞で紹介されたあかつき屋)
0215shinbun01.jpg

金沢は、他の諸都市と同様に駅前や業務地区は、近代化が進んでいますが、ここあかつき屋界隈は今も町家が点在し、昭和の風情を色濃く残しています。

そんな地域特性を踏まえ、こちらでは、兼六園やひがし茶屋街などのビッグネームの観光に留まるのではなく、下町の景観や商売、人情にもふれて頂こうと、お客様にそんな地域資源と接する機会をつくらせて頂いています。
立ち寄りスポットを収めたオリジナルのフリップ集なども作成し、周辺の街歩きに活用しています。

北國新聞の記者さんは、このあかつき屋のハード(建物本体)だけでなく、あかつき屋のソフト(お客様への独特なおもてなし)にも着目されたようです。

その記事では、あかつき屋のお客様の地元の人とのふれあいや、お店でのやりとりなども紹介されました。ふだんこつこつとしている取り組みが、こうした形で日の目を見ると、うれしいものです。

このあかつき屋周辺は、古い町とあって、高齢化が進んでいるとは言え、住民間の連帯意識は強く、今回の大雪でも、近隣に気づかいしながら、住民挙げて除雪に奮闘し、大雪を克服しました。

そんな温かなコミュニティー意識とモラルの高さは、対外的に目立ちませんが、いぶし銀のように光っています。
私どもは、そんな恩恵をも心において、地域に愛されるお宿業を目指して、精進していく覚悟です。

北國新聞さん、ありがとうございました。

スポンサーサイト

あかつき屋 ゲストハウス本に掲載

あかつき屋が、全国各地のゲストハウスを紹介する書籍『ゲストハウスに泊まろう♪』(昭文社刊)に掲載されました。全国でも珍しい国登録有形文化財のゲストハウスということで、取り上げられました。

純和風の木造建築で、格子戸や玄関の円窓、お庭などが魅力的であると記載され、客室やお客様のご歓談の様子などの写真とともに紹介されています。

(旅本『ゲストハウスに泊まろう♪』)
0110book0101.jpg

(あかつき屋の紹介ページ)
0110text01.jpg

近年、ゲストハウスが全国的なブームとなり、ここ金沢においてもゲストハウスが相次いでオープンしています。その中で、あかつき屋は、相部屋(ドミトリー)を持たず、客室がすべて個室である点も、評価頂いているようです。

本書籍で紹介されたことは、大変光栄なことで、お宿経営の励みになります。気を引き締めて、頑張っていきます。

るるぶ、まっぷるで紹介されました。

あかつき屋が今春、旅行情報誌「るるぶ’17金沢」「まっぷる’17金沢」(発行順)に相次いで紹介されました。いずれの雑誌においても城下町金沢の風情を味わえるお宿として掲載されています。

旅行ガイドの双へきとも言える両雑誌に掲載されたことは、大変光栄なことと感じております。春の観光シーズン本番を迎えた今、一層気を引き締めてお宿業に取り組んでまいります。

(あかつき屋が紹介された「るるぶ」「まっぷる」の両誌)
0430mappurururubu101.jpg

るるぶでは、「建築美にあふれた金沢町家」と題して、建物については金沢の職人の技工が随所に凝らされていると記述され、あかつきの間のほか、建物全景、お庭の写真3点が掲載されています。

まっぷるでは「伝統が息づく国文化財に宿泊」と題して、北陸で初めて国登録有形文化財に指定されたゲストハウスであると紹介され、兼六の間のほか、コミュニティルーム、建物全景の写真3点が載せられました。

著名な両誌から着目されたことに対して大変ありがたく思うと同時に、その重みをかみしめ、日々心新たにお客様をお迎えします。るるぶさん、まっぷるさん、ありがとうございました。

ことりっぷWEBに紹介されました。

あかつき屋がこの度、旅行ガイドことりっぷ(WEB版)に紹介されました。コンパクトでおしゃれな旅行雑誌として知られることりっぷにおいて、ここが取り上げられたことは大変光栄なことで、それに恥じないお宿運営に今後とも努めていく覚悟です。

(あかつき屋が紹介された、ことりっぷWEB版)
0329kotorippufront01.jpg

0329kotorippumain01.png

同誌のテーマは、「リノベーションした町家に泊まる旅ー京都と金沢の情緒あふれる宿3選」で、上質な町家のお宿として京都から2軒、金沢から、ここあかつき屋1軒が選定されました。

あかつき屋については、国登録有形文化財に指定され、純和風の落ち着いた佇まいを備えていることのほかに、兼六園まで至近距離にあることや、客室がすべて個室でプライバシーが守られる点、1棟貸切の利用、四季を通じて美しいお庭などが、数点の写真とともに紹介されています。

WEBに掲載されているので、どうぞお気軽にご覧下さい。
ことりっぷさん、ご掲載ありがとうございました。

あかつき屋 経済紙に紹介されました。

あかつき屋がこの度、経済紙「フジサンケイビジネスアイ」(2016年2月23日付)に紹介されました。「特選!ふるさと元気の素」というコーナーに「「暮らすように泊まる」町家ステイ」と題して、詳しく記述されています。

フリーアナウンサーの佐野いくみさんが、取材されました。佐野さんは、昨年このあかつき屋にお越しになり、ここをつぶさにご覧になりました。

(あかつき屋が紹介された「フジサンケイビジネスアイ」(2016年2月23日付))
0308sankeibusiness01.jpg

記事では、この町家が北陸で初めて国登録有形文化財に指定されたゲストハウスであることのほかに、玄関の円窓や客室の床の間や書院造りなど、随所に優れた和風のデザインが施されていることが、描写されています。

お客さんが近江町市場で買った食材を調理し、共用部屋(コミュニティルーム)でにぎやかに食べる過ごし方も紹介され、「「町の魅力や交流の場を提供する」かたちがそこにはあります。」と、ここのエッセンスを的確に表現して下さっています。

(取材であかつき屋にお越しになった佐野いくみさん)
0308sankeisanosan01.jpg

佐野さんはフリーのアナウンサー、リポーター以外に、司会、英語、中国語の通訳などとして幅広く活躍されています。私は、今回の取材で初めて佐野さんとお会いしたのですが、あかつき屋が、こうした方の目に留まったことは、大変光栄なことと感じています。

佐野さんは今回記事執筆のみならず、動画(英語版)でもあかつき屋を紹介して下さっています。
佐野さん、この度は、ありがとうございました。

FC2Ad