FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

カニの漁師町 味覚と人情にふれ

(前回のつづき)
この越前海岸。美しい海辺の風景とともに、もう一つビッグな特産品がありました。それは、カニ、中でもズワイガニです。漁港を有する越前町は、福井県内でもトップクラスのカニの水揚げ高を誇り、県内外にその名をとどろかせています。

その名物にふれないわけには、いかない。カニの博物館を訪ねて造詣を深め、カニ料理店で地元ならではのカニの調理について新たな知見を得ました。

【越前がにミュージアム】
(漁村風景を模したジオラマ)
0103gysonjiorama.jpg

(生きたズワイガニがいました)
0103crabs.jpg

ズワイガニは、日本海の冬の味覚の代名詞にされるほどに、私たちの身近にあります。でも、同じ北陸でもその呼び方が異なり、石川県は加能ガニと言い、福井県は越前ガニと呼びます。同じ海産物ですが、おらが海ならではの幸であると主張するようでもあります。

そのカニについて、多角的に紹介する博物館が越前町にあります。越前がにミュージアムです。建物は、カニが足を広げたような形をしています。

そこでは、カニの生態のほか、地元のカニ漁の歴史や、カニを生業とした漁村の暮らしぶりなどを幅広く展示しています。もちろん生きたズワイガニも紹介。カニ専門の博物館では、北陸随一の規模と内容と言えます。ここで改めてズワイガニついて見聞を広げました。

その後は、思い切ってカニ料理のお店へ。訪れたのは、蟹かに亭です。カニ料理専門店が軒を並べる中にありました。
店内は、カニシーズンとあって、既に大勢のお客さんがいました。

(お店の方が手際よくカニの身を出して下さいました)
0103kanikanitei.jpg

出されたカニはゆで上がったばかりのもの。さすがに本場とあって、美味でした。
ここで、新しいカニの食べ方を教わりました。カニの足とカニ味噌などを取り出し、それらを大根おろしと混ぜ合わせます。これをどんぶりのご飯の上にのせて食べるのです。

(地元に伝わる漁師飯のどんぶり)
0103makanai.jpg

スタッフの女性が言いました。「これは、昔からここで伝わる漁師のまかない飯なんです。おいしいですよ」。漁師の家で生まれ育ったという、その年配の女性。はさみでカニ足を根元から切り、カニ足の身を殻から取り出す金属製の細長い器具を使って、つややかな、それを手早く出して下さいました。熟練の技です。

実は、今冬初めてのカニの食事。その濃厚な味に酔いながら、越前海岸を五感で堪能する日帰り旅となりました。

スポンサーサイト



冬の日本海 越前海岸を行く

お正月休みの一日を頂いて、車でお隣福井県の越前海岸へ出かけました。にぎにぎしく、熱気を帯びた状況から身を離し、少し静かな時間を持ちたかったというのが理由です。

着いたその海辺は、波荒く、いかにも日本海という風情。海近くにまで迫る山や崖地は殺風景で、荒涼感さえ漂います。風に吹かれながら、しばしそぞろ歩き。年明けの冬の海を望み、思いをめぐらせました。

(冬の日本海、越前海岸)
0103echizen1.jpg

(名勝・呼鳥門)
0103echizen2.jpg

ここは越前加賀海岸国定公園に指定されているエリアです。断崖絶壁で有名な東尋坊も含めて、石川県加賀市から福井県敦賀市まで風光明媚な海岸線が延々と続きます。

私たちが訪れたのは、名勝・呼鳥門辺り。呼鳥門は海と接する断崖の一部が、風と波の浸食作用によりくり抜かれてできた天然のトンネルで、ダイナミックな景観は視線を釘付けにします。その付近には園地があり、そこで日本海を展望したり、近くの岩場を観察したりして過ごしました。

人も寄せつけないような、荒々しい地形。訪れた時は、何人もの観光客の姿がありましたが、昔は人に知られることもなく、超然と佇んでいたのでは、と推し量りました。

(可憐な花が咲きそろうスイセン畑)
0103suisen.jpg

帰り道は、越前海岸を北上。ところどころに、白や薄黄色に覆われた斜面があります。近づいて見ると、スイセンの花です。
鈍く、荒い冬の海を見ただけに、その光景にはほっとさせられるようで、気持ちは明るくなりました。

越前水仙と呼ばれる、この花が育つ越前海岸は、日本三大産地の一つだそう。野生だけでなく、人の手によっても守り育てられているのです。このきれいな花々を通して、多少ではありますが、春への鼓動を感じ取りました。(つづく)

晩秋の小浜 絶佳の寺院群を歩く

(前回のつづき)
小浜は、福井県嶺南地方において、独特の存在感をもっています。それは、「海のある奈良」と呼ばれるほど、国指定の文化財や国宝が数多くあるからです。山ぎわには、長い歴史のある寺院が連なっており、静かに佇むその寺院群を歩いていると、古(いにしえ)にタイムスリップしたような心境になります。

小浜のこの古い町は、私どもの友人の案内で回ったのですが、晩秋の晴天の下、絶景や地元の人との出会いに胸をときめかせながらの散策となりました。

(青空の下、色づいたイチョウがまぶしいほどだった高成寺)
1124tera1.jpg

最初に訪れたのは、海に近い臨済宗の古刹・高成寺です。ここは、元々は暦応2年(1339年)に足利尊氏の命を受け諸国に建立した若狭国安国寺で、康永3年(1344年)に炎上したため、若狭守護であった大高重成が高成寺として再興したのだそう。

まず目を見張ったのは、私たちを迎え入れるように、イチョウの木の葉が、まぶしいほどに輝いていたことでした。今年最後の秋を謳歌。そんな風情です。
境内をしばしそぞろ歩き。その充実のひと時から、今日の小浜探訪が実りあるものになろうと予感しました。

(三丁町の古い街並み)
1124street1.jpg

(老舗の料亭も)
1124street2.jpg

友人が次に案内してくれたのは、このお寺に隣接してある、三丁町です。ここは江戸時代に遊郭街があった場所で、今も古い家並みが残ります。現在はここの西組に属する街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

金沢の茶屋街を思わせるような、趣のある通り。いくつか残る格式あるお料理屋さんは、今も料亭文化がこの町に息づいていることを想像させます。

友人は、この寺院群の中でも、観光スポットと呼べるような場所に案内してくれました。そこは、後瀬(のちせ)山の山裾、やや急な階段を登ったところにありました。

(山腹にある常高院の墓所)
1124tomb.jpg

戦国時代から江戸時代前期に生きた常高院の墓所です。常高院は、若狭小浜藩の藩主京極高次の正室で、本名は浅井 初(はつ)。父は近江国小谷城主・浅井長政、母は織田信秀の娘・市(織田信長の末妹)で、歴史上の重要人物です。
ここからやや下に立地する初の菩提寺の常高寺の敷地には、JR小浜線の線路が通っており、列車が走る様子が見えるそうです。

常高院のお墓のそばには、彼女に仕えた女性たちのお墓が並んでいました。紅葉に彩られ、森閑とした中に建つお墓。観光客でごった返して、俗化することがなければと思いました。

小浜の神宮寺では毎年3月2日に、「お水送り」の行事が行われます。同12日に奈良・東大寺の二月堂で行われる「お水取り」に向けてのものです。
このほかにも歴史的資産や風物が多く、見どころが多い街です。

北陸新幹線が通るのは、まだまだ先のこと。古い街並みは、素朴な味わいを保ちながら、今も人々の穏やかな暮らしが営まれていることが分かりました。

鯖のまち・若狭小浜を訪ねる

あかつき屋の研修視察として、福井県の若狭小浜を訪れました。北陸新幹線の整備では、小浜は、2023年に開通が予定される敦賀の後、数十年後に新幹線停車駅が開設され、京都・大阪とつながることになります。今後は交通の要衝としても大きな役割を果たすことになります。

一方、小浜は藩政時代、鯖などの魚介類を京都へ運んだ「鯖街道」の起点であり、近年「食のまち」として、注目を集めています。そうしたことから、数年ぶりにその地に足を運びました。

(道の駅で食べた鯖カレー)
1124sabacurry.jpg

今回は、金沢からは北陸自動車を使い、敦賀を経由し舞鶴若狭道を通って小浜に到着しました。これまで敦賀からは、下道を通って若狭方面に行っていただけに、わずか2時間余りで小浜のインタチェンジに到着。随分と近くなったな、と感動すら覚えました。

インタチェンジ近くの道の駅「若狭おばま」に到着。この道の駅に来たのは、6年ぶりです。7年前に初めて来た時は、ご当地ゆるキャラが愛想を振りまいていました。
今回はここで、鯖カレーを食しました。

鯖カレーには、鯖の竜田揚げをメーンに、ピーマン、ニンジン、カボチャなどの野菜が盛られていました。おいしい鯖とほど良い辛みが、運転の疲れを吹き飛ばしてくれました。

(おいしさに感嘆した鯖寿司)
1124sabazushi.jpg

(購入した鯖缶)
1124sabacan.jpg

この道の駅で、人気の鯖寿司や鯖缶を購入。
鯖寿司は自宅に帰って、夕飯のメーンとして頂きました。さすが本場の鯖寿司。寿司特有の酸味は少なく、ほど良い甘みのシャリと鯖の食感が絶妙にマッチ。思わず「うまい」と声を上げてしまいました。(つづく)

砺波・散居村を訪ねる

いわゆる「近くて遠い場所」と言ったところだったかもしれません。お隣富山県の砺波平野に広がる散居村です。
金沢から車で30分ほどで行けるのですが、そこを初めてゆっくりと見て回る機会がありました。

私が参画する白山ろくぼたん鍋プロジェクトの研修旅行で、そこを訪ねたのです。散居村に点在する屋敷森(林)に囲まれた大きな農家。それらを目の当たりにすると、長年、時に過酷な自然と共生してきた人々の営みを感じざるを得ませんでした。

(砺波平野に広がる散居村。小矢部のクロスランドタワー展望フロアから)
0721sannkyosonnview.jpg

(クロスランドタワー)
0721tower.jpg

白山ろくぼたん鍋プロジェクトは中山間地の活性化を目指して各種事業を展開しており、昨年夏は、白山市吉野谷地区でソーメンバイキングを開きました。
今年は趣向を変えて、砺波・散居村への視察を行いました。

砺波の散居村は、全国各地にある散居村(散村)の中でも、最大規模とされています。現在のこの地の散居村は中世から近世にかけて形成されたとみられております。

平野を流れる庄川が再三氾濫したために、微高地に住居が建てられ、その周辺に住人の農耕地(水田)を開いたため、現在のようなユニークな居住空間がつくられたと考えられています。

集落と違って、家々が孤立しているため、家屋の回りには、風雪から家を守るため、カイニョと呼ばれる屋敷森がつくられているのが、大きな特徴です。

散居村自体は、高いところからでないと、その全体像を把握することはできません。そのため、平野の中や周辺の山や丘陵地などに散居村の眺望スポットが設けられています。

今春、私は平野北部に位置するクロスランドおやべへ行き、そこのタワーの展望フロアから周辺を見回しました。地上100㍍のそこからの眺望は、まさに教科書に出てくるような、典型的な散居風景が広がっており、感嘆しました。

(となみ散居村ミュージアム)
0721museum.jpg

今回の視察では、まず、となみ散居村ミュージアムを訪ねました。そこの風土を余すところなく紹介する展示パネルやビデオがあり、メンバーは熱心に見て回りました。

(散居村を紹介する写真パネル)
0721museumexibision.jpg

(館長さんが、散居村の風土について説明して下さいました)
0721museumlecture.jpg

また、館長さんにお話をして頂き、散居村について随分と知識を養うことができました。館長さんはじめ、スタッフの皆様、お世話になりました。ありがとうございます。(つづく)