あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

フランスからうれしい新年ご挨拶

この冬一月、寒い日が続いたものの、寒さを吹き飛ばすような、心温まる出来事がありました。あかつき屋に2年余り前にお泊まりになったフランス人のご夫妻・Padiracさんから、ニューイヤー・カードがメールで届いたのです。

そのご夫妻は、2014年12月に、あかつき屋に三泊されたのですが、その金沢ご滞在中、ここの近所の男性から親切にされたことが忘れられないと、新年のカードをここと、その男性宛てに送ってこられたのでした。
フランスのご夫妻が今も、こちらのことを心に留めていて下さったことに対して、驚き、感激しました。

(フランスのご夫妻から新年のカードを受け取り笑顔を見せる太田さん)
0126ohtha-san.jpg

Padiracご夫妻は2014年12月、観光で金沢にご滞在中、思いがけないご厚意を受けたのでした。それは、ご夫妻が金沢駅からあかつき屋にバスで戻ろうとした際、どのバスに乗ればいいのか迷っていたところ、偶然駅にいた、あかつき屋の近所の太田治郎さんに声をかけられ、ことの次第を理解した太田さんの車で、あかつき屋まで乗せてもらって来たのでした。

この一件がお二人には強く心に残ったようで、こちらと太田さん宛てに、新年の幸福を祈るカードをメール添付で送ってこられたのです。
カードにはご夫妻の写真が載せられていますが、防寒着を身にまとっていますので、スキー場かどこかで撮られたものと思われます。

このカードを受け取った太田さんは「あの冬の日のことが思い出されます。特別なことをしたわけでもないのに、こうして覚えていて下さってうれしい限りです」と笑顔で振り返っておられました。

Padiracさん、ありがとうございました。

スポンサーサイト

仏人ご夫妻、ご近所さんの親切に感激

この度、あかつき屋がご近所の方々の支えでお宿業をさせて頂いていることを改めて実感しました。こちらに三連泊されているフランス人のPadiracご夫妻が昨日の夜、感激の面持ちでお宿に戻って来られました。聞けば、JR金沢駅からこちらまで、あかつき屋の近所の男性の車に乗せてもらって帰ってきたというのです。

冬空の下、暗くなる中、あかつき屋に戻るため、金沢駅でどのバスに乗ればいいか思案していたところ、あかつき屋のすぐ近所で損害保険代理店「加能商事」を営む太田治郎さんとたまたま出会い、太田さんのご厚意でこちらまで車に乗せてもらって帰って来られたのです。

見知らぬ土地で心細くしていた時だっただけに、フランス人ご夫妻にとっては、神様と出会ったような出来事。今朝は、その恩人の太田さんがあかつき屋にお越しになり、ご夫妻とその時の模様について語り合われました。

(太田さん=真ん中=と昨日の出来事について語り合ったフランス人ご夫妻)
1219french.jpg

Padiracご夫妻は昨日の夕方、金沢市内の観光を終えて金沢駅からあかつき屋に戻ろうとしていた時でした。しかし、冬の日は暮れるのも早く、どのバスに乗ればいいのか、困惑されていたのでした。

その時、ご夫妻は偶然にもあかつき屋のすぐ近所の太田さんと出会ったのです。太田さんは金沢市の防犯協会のメンバーで、駅で年末の防犯活動に当たっておられたのでした。

太田さんは、途方に暮れていたご夫妻に「片言の英語」(太田さん)で行き先について問いかけられました。夫妻からは、「YOKOYAMACHO(横山町)」と言う言葉が返され、「それならうち(店)の前にすぐバス停がある。聞けばあかつき屋のお客さんであることが分かった」ので、太田さんは防犯のボランティア活動を終えると、ご自身の車であかつき屋のすぐ近くまでお二人を送って下さったのでした。

ご夫妻は、太田さんが警察官のような制服姿だったので「市民警察官」かと思ったと感想を話され、どうお礼を言えばいいのやらと、感謝感激と言った面持ちでした。

今朝、太田さんはあかつき屋にお越しになり、フランス人ご夫妻と再会。お二人に兼六園などの写真が載った葉書のセットと胸に付けるバッジを贈られました。
昨日のご親切の上に、さらに思いがけないプレゼント。お二人は、その温かいお心遣いに再び胸を熱くされていたようでした。

太田さんは「奇跡みたいな話だね」と笑顔を見せられ、ご夫妻も「ミラクル!」と笑顔を浮かべ「ありがとうございます」とお礼を述べておられました。

私もこの顛末に驚くとともに、ご近所の方々があかつき屋とそのお客様らにふだんから温かい視線を注いで下さっていることに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。(つづく)

香港から「娘が結婚しました。♪」

次第に肌寒くなる中、あかつき屋にうれしい便りが届きました。かつてこちらにお泊まりになった香港のご一家Lorettaさんからお嬢さんのSoniaさんがこの度、結婚されたとのお知らせがメールで届いたのです。

メールには、Soniaさんの結婚式でのポートレートやご家族、ご友人らのお写真が添付されており、そのご表情はとてもお幸せそう。私どももとてもハッピーな気持ちになりました。

(ご結婚されたLorettaさんのお嬢様Soniaさん
          =写真掲載了解済、以下同じ)
1113wedding1.jpg

Lorettaさんご一家は3年前にこちらで一度ご宿泊されています。その後、折々にこちらに近況報告を兼ねたメールが届き、こちらでもお宿の様子をお知らせするなど、交流が続いています。

(新郎新婦を交えたLorettaさんご一家の記念写真)
1113wedding2.jpg
(ご友人に祝福される新郎新婦)
1113wedding3.jpg

今回のメールは、うれしいサプライズでした。送られてきたお嬢さんのお写真は、とても美しく、エレガント。またご両親や、新郎の方も交えたお写真も皆さんとてもお幸せそう。こんなにうれしいお便りは、ありません。

Lorettaさん、この度はおめでとうございます。お嬢さん、そしてご家族の皆様の末永いお幸せをお祈りいたします。

香港のお客様から春節祝うお便り

北陸金沢はここ数日冬に逆戻りしたような寒い日が続いています。そんな中で、この度、香港にお住まいのあかつき屋の以前のお客様から、中国の旧正月・春節を祝うお便りが届きました。

そのお客様はWooさんご夫妻で、メールで届いたそのお便りには、香港のフラワーマーケットにご夫妻で出かけた様子を収めた写真が数多く添付されていました。

写真は香港の温暖な気候が、生き生きと伝わるもので、見ていると外の寒さを忘れ、ホットな気持ちになりました。

(香港・フラワーマーケットでのWooさんご夫妻=写真掲載了解済、以下同じ)
0205woosan1.jpeg

Wooさんご夫妻は、2011年秋に初めてあかつき屋にお嬢さんとともにお越しになりました。Wooさんからは、その後、折にふれてあかつき屋に季節の話題を交えてお便りが届いています。

今回は、中国・香港の旧正月にちなんだお便りで、私たちの健康を祈り、新年を祝います、と英語でメッセージが添えられていました。

(Wooさんの奥さん)
0205Woosan2.jpeg
         (Wooさんのご主人)
      0205woosan3.jpeg

添付された写真は、香港のフラワーマーケットに出かけられたものでした。その市場は、花の種類の多さと安いことで有名なところ。
写真には色とりどりの花が写されており、熱気さえ伝わってきます。

Wooさんは他の人と共に幸せを分かち合いたいとお話されていましたので、ご本人のご了解を得て、本ブログに紹介させて頂きました。

Wooさん、今年もよろしくお願いします。そして、共に健康でいい一年にしましょう。

うれしい感謝状や特製お雑煮の知らせ

寒中の城下町金沢。大雪にはならないものの、雪が降ったり、みぞれが降ったり、そして、曇りや雨と天候は、めまぐるしく変わる日が続いています。

そんな中、心がぽっと明るくなる出来事が、続きました。
一つは、昨年末に近くの味噌蔵町小学校へお贈りした水墨画の御礼にと、小学校から感謝状などが届いたこと。そしてもう一つは、近所のお餅屋「山本観音堂」さんに先日、お餅作りの作業風景を見せて頂いたあかつき屋のお客様が、そのお店のお餅を使って、お雑煮を作られたという話です。

いずれも思いがけないことがきっかけだっただけに、そのハッピーな顛末に喜びが胸の内に広がりました。

(水墨画を寄贈したことに対する金沢市様からの市長感謝状)
0118kansyajyou01.jpg
(藤森校長先生は、シクラメンと寒梅も持ってきて下さいました)
0118umenado.jpg

味噌蔵町小学校へ贈らせて頂いた水墨画は、私の父が描いたものです。父が昨年のロンドン五輪・柔道女子57㌔級で優勝した松本薫選手の活躍に感銘して描いたもので、その絵のタイトルは「決めた!金」。
松本選手は、ご実家があかつき屋の近所にあり、松本選手が子どもの頃、近くの味噌蔵町小学校へ通っていたこともあり、父と相談して、その絵をこの小学校へ寄贈させて頂きました。

その御礼にと、この度、藤森校長先生が、市長感謝状と寒梅「玉牡丹」の幼木とシクラメンを携えて、あかつき屋にお越しになりました。
校長先生「頂いた水墨画のことは、年末の終業式の時に、全校児童に紹介しました。松本選手の絵は、子どもたちの励みになると思います」。
とても恐縮なことです。さわやかな雰囲気のする花は、早速玄関に飾らせてもらいました。


お客様と観音堂さんへお邪魔したのは、お正月の鏡餅を再びお餅に作り直す工程を見学させてもらうためでした。その際、東京からのお客様のKさんは、お土産に切り餅などを買って帰られたのです。

(観音堂さんのお餅を使ってお客様が作ったお雑煮=写真掲載了解済)
0118zouni.jpg

帰った後、早速ご自宅でお雑煮を作られたそうです。
「歯ごたえがあって本当に美味しかったです!」とKさん。何でも、観音堂さんでは、ご主人から、お餅はトースターで焼くと、ふっくら柔らかくなるのに網にひっつかずに、つるっと取り出せる、と教わったとのこと。
言われた通りにしてみると、全くその通りになり、とても美味しくできたそうでした。

いずれも歩いてすぐに行ける範囲内であった、あれこれ。寒さを忘れる、心なごむ出来事でした。

FC2Ad