FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

あかつき屋10周年 新たなステージへ

北陸金沢は、梅雨入りしましたが、今のところ、梅雨独特の蒸し暑さはありません。雨上がりの後は、スカッとした青空が広がり、それはまさに初夏の空。空気はさわやかで、特に朝、夕は屋外で過ごすのが、気持ちよく感じます。

そんな中で、本日ここあかつき屋で意義深いミーティングをもちました。あかつき屋は、今年10周年。これを記念して、来年度洗面所やシャワールームなど水回り空間をリニューアルすることにしたのです。
それに向けて、このお宿の立ち上げに関わって下さった建築関係者の皆様と打ち合わせを行いました。これまでの歩みを振り返りながら、次なる一歩へ熱い気持ちを胸に秘めての意見交換となりました。

(上がりの間は初夏の装い)
0614tsuitate.jpg

あかつき屋は2011年1月にオープン。今年10周年を迎えました。お客様をはじめ、関係の皆様に心から感謝申し上げます。
この節目の時が「コロナ」で試練の日々となっていますが、それも峠を越えそうで、夏の繁忙期を控え、体制整備を進めているところです。

(打ち合わせに参加して下さった皆様。
右側二人が嶋田工建さん社長ご夫妻。左端が建築士のやまださん。そして私)
0614meeting.jpg

この日、10周年を記念した一部リニューアル工事の打ち合わせに参加して下さったのは、創業当時からお世話になっている嶋田工建さんの社長さんご夫妻と建築設計士のやまだのりこさん。やまださんからリニューアル内容について説明してもらった後、工事スケージュールなどを検討し、確認しました。

打合せの後、参加者でティータイム。それぞれ近況や今後についておしゃべりしながら、「コロナに負けないで、頑張っていきましょう」と申し合わせました。

     割安宿泊プランを実施中
なお、金沢市観光協会主催の「地元お客様限定!宿泊プラン」への参加企画で、あかつき屋が実施する「北陸三県の在住者らに割安宿泊プラン」については、まだ余裕がございますので、皆様お気軽にお申込み下さいませ。

スポンサーサイト



あかつき屋 外も中も初夏の装い

6月。春から夏への踊り場のような時季。日は長くなり、日差しは時に強く感じます。そんな時季も今年は、ちょっと静か。件(くだん)のコロナ禍で、金沢は毎年6月第一週の週末に開催される百万石まつりが中止に。観光の人の姿も目立たず、穏やかに時間が流れていきます。

でも、世の不安定な動向と無関係のように、自然は正しく、健やかに時を刻んでいます。緑は一段と厚みを増し、花は順に開いていきます。あかつき屋のお庭でも同様で、それに歩調を合わせて、ここでは、お宿の内外で、しつらえを変えています。

(玄関は、夏バージョンののれんに替えました。)
0610noren.jpg

(円窓前に整えた生け花)
0610flowers.jpg

玄関前ののれんは、夏バージョンに。麻布に染色された水色のそれは、さわやか。風に吹かれて、なびく様は、見ていても気持ちいいです。
玄関から入って正面の生け花も活け替え。彩り鮮やかで、一服の清涼剤になっているようです。

(華やかに咲きそろったサツキ)
0610satsuki.jpg

(ギボウシは日ごとに生長。開花は間近)
0610giboushi.jpg

お庭は、この時季ならではの光景に。サツキは、清楚な花を順に咲かせており、そのそばにあるギボウシは茎を日に日に伸ばし、もうじき花を咲かせるような按配です。
過日、二泊されたお客様は、そんな風景に感嘆され、縁側でしばし憩いの時間を過ごされました。

今は、夏の繁忙期の前の、比較的静かな時ですが、それにふさわしいおもてなしをと、朝、気持ちを新たにのれんを掲げる日常です。

緊急事態 全面解除 衛生面アップ

かつて経験したことのない感染病災厄・コロナ禍は、峠をようやく越えようとしているようです。感染者がこのところ激減し、政府は25日夜、緊急事態宣言を全面解除しました。外出規制などが段階的に緩和され、今後は観光などの動きも次第に活発化しそうです。

これを受けて、あかつき屋では、衛生管理面をさらにアップさせました。お客様のチェックイン時などにおいて安全性の向上を図るため、衝立状の透明の安全ガードを導入しました。会話時に際しての飛沫被害を防ぐためです。
コミュニティルームには、空気清浄機を設置。古い町家ですが、最新機器の導入により、モダンな雰囲気も醸し出されました。

(納入された透明の安全ガード)
0527guardtool01.jpg

(導入した空気清浄機)
0527aircleaning.jpg

アクリル板などで作られた安全ガードは、既に医療機関の窓口や店舗の支払いカウンターなどで見られ、あかつき屋では当初、これをどう導入するか、悩みました。自分で作るには煩雑な面があり断念。大手家具店に製作を依頼してみましたが、その予定がないということで、頓挫。

そんな折、ある業者さんがこれを手掛けたことを知り、早速発注しました。この度届いたそれは、支柱に透明のビニールシートが取り付けられた簡易なものでしたが、コミュニティルームの大きなテーブルに置いてみたところ、存在感があり、頼もしく感じました。

これに合わせて、大手家電量販店で買った空気清浄機も設置しました。あかつき屋は、西向きの前面に格子戸があり、もともと風通しのいい造りをしていますが、これで一段と空気が清浄化すると思います。

なお、コロナ禍でご苦労のあった人たちへの感謝と慰労の気持ちから、地元の人たちを対象とした割安宿泊プランを作成、近く発表する予定です。このプランでは、衛生面に配慮して、一日一組限定とさせて頂く予定です。よろしくお願いいたします。

黄金週間へ ツツジ花開く

いよいよ黄金週間(GW)へ。街なかの緑は輝き始め、空は明るさを増しています。心弾む季節に…、と言いたいところですが、ご存じの通り、見えない難敵「コロナ」のせいで、不安感が漂う毎日となっています。

ここあかつき屋では、先にご案内しました通り、国、県の緊急事態宣言を受けて、当面5月6日まで営業を自粛しており、静かな毎日となっています。それでも、この町家では、内、外で春本番にふさわしい飾りつけを行いました。様々な調度品や花木は、薫風と合わせ、清新な雰囲気の醸成に役割を果たしています。

(咲き始めたお庭のツツジ)
0427tsutsuji1.jpg

0427tsutsuji2.jpg

お庭では、ツツジが花を開かせ始めました。周囲の若葉に包まれた赤い花々は、さわやかで、この時季の主役といった佇まいです。お庭の中ほどにあるギボウシも芽を出し、茎を伸ばし始めており、私どもは日々季節の変化を感じ取っています。

(勇壮な姿で来訪者を迎える五月人形)
0427musyaninngyou.jpg

上がりの間では、五月人形を飾っています。勇壮な姿は目を引くのですが、今年は、そんな状況ですから、ちょっと寂しい気配が漂います。コロナの終息とともに、お客様が来訪されれば、この縁起物は、国内外を問わずお客様に喜んで頂けると思います。

あかつき屋10周年 新たな一歩

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
旧年中は、大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。

(あかつき屋の正面に掲げた新年ご挨拶)
010210thaniiversary.jpg

オリンピックイヤーの2020年は、あかつき屋にとっては創業10周年の節目の年となります。時の流れは早いとは言うものの、この間いろんなことが思い出され、お客様や地元の人との出会いを通じて、望外の歓びを味わったことも少なくありませんでした。
一方で、時に思いがけず不首尾なこともあり、省みながら成長の糧とさせて頂きました。感謝の気持ちを忘れず、日々精進を誓っています。

(年越しされた神戸からのお客様=写真掲載了解済)
01023boys.jpg

(かぶら寿司でおもてなし)
0102kaburazushi.jpg

大晦日から新年。今回も意義深く迎えることができました。
神戸から男性3人のお客様がお越しになりました。大晦日の夜、お客様は前のお寺の広済寺さんの除夜の鐘つきに加わった後、あかつき屋で新年の小宴に臨まれました。

毎年恒例の地元の郷土料理のかぶら寿司と地酒でおもてなし。かぶら寿司は私どもの親族のお手製。お客様には初めてのものでしたが、皆さんおいしいと笑顔を見せられました。お客様はこの後、特別にライトアップされた兼六園へ歩いて向かわれました。

(椿原神社へ初詣)
0101hatsumairi.jpg

明けて元旦。私ども家族はそろって地元の氏神様椿原神社に初詣に出かけました。大勢の参拝客。拝殿前で柏(かしわ)手を打ち、一年の無病息災と商売繁盛を祈りました。