あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

桜花ののれん、お庭開放 春本番

春到来の確かな手ごたえ。日差しの強さ、木々の緑、吹く風の感触などから、いよいよ春本番を感じ取っています。金沢でも29日、昨年より6日早く桜の開花宣言が、ありました。
こうした動きに呼応して、あかつき屋では、春の装いのピッチを一段と進めています。

玄関ののれんを満を持して、桜の花模様に取り変えました。温かくなってきたのでお庭に面する縁側を今シーズン初めてお客様に開放。お客様は、体いっぱいに春を感じておられます。

(桜の花模様ののれんに取り替えました)
0330sakuranoren.jpg

桜の花模様をあしらったのれんは、昨年新調しました。金沢美術工芸大学の学生さんにデザインして頂いたもので、とても素敵な仕上がりになり、喜んでいます。
あかつき屋の近隣の方の目にもふれ、「春らしくて、いいですね」と好評です。

ようやく縁側を開放する時季が来ました。空気が暖かくなり、緑も日ごとに増してきています。お庭に隣接する縁側の引き戸を開ければ、緑の空間が広がります。そこは一種理想郷。

(いよいよ春らしくなったお庭)
0330garden01.jpg
(縁側で憩う若いお二人=写真掲載了解済)
0330couple01.jpg

この度お泊まりになった関西からお越しになったカップルさん。ご朝食後、春の日差しを体いっぱいに受けて、縁側に佇みました。お茶を頂きながら、のんびりとした時間を過ごされました。
「ずっとここにいたくなりますね」とお二人。お客様にこうした時間を過ごして頂けることは、こちらにとっても大きな喜びです。
お二人さん、ご宿泊ありがとうございました。

(日の傾きにより現れた格子戸の影。上がりの間)
0330koushiyoko.jpg
0330koushitate.jpg

春になり、あかつき屋では、この時季ならではの景観が生まれます。上がりの間では、絶妙な幾何学模様がつくられます。
昼下がり、日が西に傾き、格子戸の形象が、障子戸や畳に投影します。

整然、かつダイナミックな光と影の造形。あかつき屋の春を象徴する風景の一つとなっています。

スポンサーサイト

本物の春到来 玄関に花の彩り

春三月、そして後半。金沢にもいよいよ本物の春がやって来ました。長い冬のトンネルを抜け、待ち望んだ春。明るい日差しの下、心を弾ませながら、あかつき屋を春の装いに整えています。

お庭の木の雪吊りを外す一方、玄関回りでは、春の花を植えました。彩りが加わり、一気に華やかに。お客様や道行く人に喜んで頂いています。

(庭師さんによって行われた雪吊りの取り外し)
0324yukitsurihazushi.jpg

庭の雪吊り。今冬ほど頼もしく思った年は、ありません。金沢は20年、あるいは30年に一回ともいわれる大雪に見舞われ、ここのお庭も1㍍ほどの積雪で、すっぽり雪の下になってしまいました。
今、雪はなくなり、庭師さんの手で、枝を支えていた縄や支柱が取り外され、名木の松は、解き放たれたように、生気を放っています。

【家の前を春の装いに】
(寄せ植えの右側にパンジーを植える)
0324panzy.jpg
(玄関の格子戸前。かわいらしいアリッサム)
0324hana_01.jpg

家の前では、春の草花を鉢に植えました。今回初めて、パンジーとアリッサムを並べました。特別珍しい花ではないのだけれど、その花の色鮮やかさと佇まいは、どの花よりも秀でている感がします。


振り返って、冬から春への行程。寒さを忍ぶ日々が続いたのですが、気持ちが明るく、いやされる片時がありました。降雪が峠を越えた夕暮れ時の浅野川河畔、常盤橋近く。

(浅野川・常盤橋近くからの美しい夕景)
0324tokiwabashikarayuukei.jpg

西の空に素晴らしい夕映えが広がっていました。色が少ないこの時季に、日の光と雲が織りなす色のグラデュエーションは、人の手では到底かなわぬ、美しさと迫力がありました。空の下に続く家並みと川の流れは、どこかつつましく、主役の座を空に譲っているようでした。

今冬は、人の温かさや親切に数多くふれた時でもありました。大雪の際は、お客様からメールやお葉書などでお見舞いを頂きました。兵庫にお住まいのKさんは、地元の銘菓を送って下さり、励まして下さいました。
この場を借りて、改めてお礼申し上げます。

インターネット時代ならではの応援をして下さる方もいらっしゃいます。
創業に当たって、あかつき屋のリニューアルをお願いした嶋田工建さんには、いろいろと気を遣って頂いています。
先日は、同社のブログで、あかつき屋の様子を紹介して下さいました。ありがとうございます。

また、以前にこんなこともありました。
旅のナビゲーターが、ここを訪れて取材し、詳しくリポートして下さいました。この町家宿を見つけて頂いて感激しました。Mayumi Tさん、その節は、お世話になりました。

兼六園の梅林は満開に。桜前線は、もうじき金沢へ。
新年度も間近。感謝の気持ちを胸に、心新たに頑張っていきます。

防火万全に 新火災報知器を設置

お宿業を営む者にとって、火災に対する備えは、何にもまして優先されます。特にあかつき屋の場合は、国登録有形文化財に指定されているのですからなおのことです。お客様には、館内では禁煙に協力していただくことはもとより、台所にも日頃から細心の注意を払っています。

先般消防法が改正され、宿泊施設の自動火災報知設備の設置基準が強化されました。これに伴い、あかつき屋でも、新機種の火災報知機を設置、きょう消防署のご担当者が訪れ、検査しました。検査は無事合格、お客様にはより安心して泊まって頂けることになります。

(新火災報知機の設置を確認された市中央消防署のご担当者)
0125syoubou.jpg

この消防法改正は、以前に長崎県内のグループホームで重大な火災が発生したことがきっかけになったそう。あかつき屋では、既に火災報知機を設置していましたが、この法改正によって、一つの報知器が煙や高熱を感知すれば、設置した複数の報知器が一斉に警報音を鳴らす仕組みに変更することになりました。

設置はオープン時からお世話になっている嶋田工建さんに依頼しました。新報知器は、すべての客室のほか、コミュニティルーム、台所などの天井に合わせて10機据え付けました。
試運転で鳴らしたところ、お宿全体ににぎやかにアラーム音が鳴り響きました。

この日、金沢市中央消防署のご担当者二人が訪れ、検査に当たりました。各部屋を回り、設置状況を確認、無事OKが出ました。

もちろんこれで安心という訳では、ありません。まず火を出さない、付近の火気にも注意を払う、をモットーに引き続きお宿運営に携わっていきます。

流木にヤマツツジ 町家彩る

大型連休が終わり、日ごとに感じる初夏の気配。金沢町家あかつき屋も季節の装いが進んでいます。
お宿前には、流木を置き、そこにヤマツツジを添えました。玄関の円窓前の花瓶には、シャクヤクを生けました。いずれも色鮮やか。お客様の目を楽しませています。

流木、ヤマツツジ、そしてシャクヤク。いずれの品も友人や近所の方から頂いたものです。あかつき屋は、そんな方々の支えも、このお宿業の活力源の一つになっています。

(ヤマツツジを添えた流木。Yさんが届けて下さいました)
0516ryuuboku.jpg

流木とヤマツツジはYさんが届けて下さいました。早朝に白山ろくの山あいに出かけ、持ってきて下さいました。早速家の前に置かせてもらいました。
町家の建物に絶妙に調和し、野趣と華やかさを醸し出しています。

(玄関に華やかなシャクヤク)
0516syakunage.jpg

シャクヤクは、近所の方が届けて下さいました。早速、円窓の前に飾りました。障子と白壁を背後にして、赤い花は際立ち、目をとらえます。

これらの花々は、近隣の緑と相和し、町家にしっくりと溶け込んでいます。
Yさん、そして、ご近所の方、ありがとうございました。

桜の花模様ののれん新調

3月。金沢は、初旬は雪が降ったりして肌寒い日もあったけど、ここに来て日差しが強くなり、春本番近しの雰囲気が漂ってきました。どことなく心浮き立つ。お客様とそんな日々を過ごしています。

あかつき屋は、お陰様で7度目の春を迎えました。これまで少しずつ調度類を拡充してきており、今回玄関ののれんを新調しました。その柄は、桜の花模様。そして、暁(あかつき)を描いたもの。花見の季節をちょっぴり先取りした形です。

こののれんは、金沢美術工芸大学の山田明子さんに制作をお願いしたもので、山田さんは、こちらの気持ちを汲んで素敵なのれんをデザインして下さいました。見ているだけで、気持ちが明るくなる図柄です。

(桜の花と暁を配したのれんとデザインして頂いた山田さん)
0313sakuranoren.jpg

北陸・金沢の冬は昔ほど雪が降らなくなったとはいえ、冬は冬。やはり寒いです。長かった冬に区切りをつけ、お客様とともに、春到来の喜びを分かち合いたいと、今回ののれん制作を企画しました。

デザインして頂いた山田さんは、金沢美大視覚デザイン専攻の4年生。山田さんが同大学に入学して間もなく、学友の方たちとここでお泊まり鍋パーティーをされて以来、ご縁があります。それで今回、春にふさわしいのれんのデザインを依頼しました。

山田さんはこの度、無事卒業され、4月から地元愛知県内のメディア関係の企業に就職され、培った技能を生かされます。

緊張感漂う一年生の時から知り、アートの殿堂での4年間の学業を終えて、今新たな世界へと羽ばたこうとする女性。
親族を送別するような心境でもあります。社会人になっても、健康に留意し、頑張ってもらいたいと思います。

(ブレーメンの音楽隊の衣装で卒業式に臨んだ山田さん
              =ご提供頂いたお写真)
0313bidaiyamadasan01.jpg

ところで、山田さんが学んだ金沢美大は、卒業式ではほとんどの卒業生が、仮装して臨むことで知られています。その式で、山田さんはブレーメンの音楽隊の衣装で出席したとのこと。その写真を見せて頂きました。
山田さん、ありがとうございました。

FC2Ad