fc2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

金沢が結ぶ縁 今回はご夫婦で

金沢は、様々な人と人の縁を結ぶ土地であることをこの度のGWで実感しました。連休終盤にあかつき屋にご宿泊された若いカップルさん。実は7年前に、金沢のある宿泊施設で初めて出会い、その後の交際を経て、結婚へとゴールインされたお二人なのでした。

「人生を変えてくれた金沢」とおっしゃるお二人。ここあかつき屋では、朝お庭を見て過ごすなど、ごゆっくりと金沢町家ステイを楽しまれました。

(ご夫妻が旅の思い出を描いた自由帳。ご紹介了承済み)
0508shizuoka01.jpg

お二人は男性が建築系、女性がデザイン系のお仕事に従事されています。このため、歴史的建造物が数多く、伝統工芸も盛んな金沢は、旅をするには、最適な場所だったようです。
7年前、それぞれ一人旅でこの地に訪れ、同じ宿泊先で出会ったお二人。まさに運命の出会いになったのでした。

今年の2022年2月22日にご結婚されたとのこと。2にこだわったのは、これからの人生を二人で仲良く歩いて行く決意を込められたようです。

7年ぶりに訪問された金沢では、鈴木大拙館などの優れた建築物を訪れたほか、金箔工芸店で金箔貼り体験を楽しまれたとのこと。
そのご様子をあかつき屋の自由帳にヴィジュアルに描写されました。

若いご夫妻の新たな思い出の場所になった、あかつき屋。その幸運を喜び、お二人に感謝したいと思います。
末永くお幸せに。また、お気軽にお越し下さいませ。

スポンサーサイト



9年ぶりご来館 お子様連れで

コロナ禍が下火となり、3年ぶりに活気づいた今年のゴールデンウイーク(GW)。あかつき屋には、様々なお客様がお越しになりました。GW後半もご家族連れやご友人の組らがお泊まりになり、館内は明るい声にあふれました。

その中で、とりわけ印象に残ったお客様グループがありました。それは、9年前のGWにここにお越しになったグループで、その後今回はそれぞれがご結婚し、子どもさん連れでご宿泊されたのでした。

お客様は、9年と言う歳月をかみしめながらも、今回は子どもさん連れとあって、パパ、ママの役回りも務め、ファミリー感あふれる、あかつき屋ステイとなりました。

(9年ぶりにお越しになった客様グループ=写真掲載了解済)
05063families01.jpg

こちらのお客様は、東京・一橋大学のアカペラサークル「ザ・ファースト・クライ」(TFC)に所属された方々です。在学中はキャンパスライフを謳歌し、そのサークルのバンドの一つ「どんぐり」は、テレビ番組のハモネプで優勝する快挙も成し遂げるなどの活躍をされました。

今回金沢にお越しになったメンバーたちは今や全員が社会人で、このうち3組がサークル内のメンバー同士でゴールインされるという微笑ましい展開となっています。あかつき屋では、全室貸切でお泊まりになりました。

この日は柿木畠のあまつぼさんで夕食を済ませた後、お宿に帰着。子どもたちを寝かしつけた後は大人の時間。かつてのサークル仲間は、夜遅くまで近況を語り合うなどして、話に花を咲かせました。

(子供らはお庭で大はしゃぎ)
0506childeren.jpeg

翌朝は、ここで朝食をとった後、和気あいあいの時間。子どもたちは、お庭に出て大はしゃぎ。植え木に柄杓で水をやったり、見つけたかたつむりを手に取ったりするなどして、活発に動き回っていました。
お庭はふだんお客様が縁側で静かに観賞する場となっていただけに、この時ばかりは、全く違った場所のように見えました。

(上がりの間で飾った武者人形)
0506mushadoll.jpg

あかつき屋の上がりの間では、端午の節句を前にして、武者人形を飾っています。ここでは、親子さんたちが記念撮影をする姿も見られ、こちらも心を和ませています。

良き出会い、再会に恵まれた一週間。まさに文字通り黄金週間となりました。
皆様、ご宿泊ありがとうございました。

お客様 それぞれのご縁に歓び 

この週末、リピーターの方らがあかつき屋にお泊まりになり、懐かしくも、うれしい時間を過ごさせて頂きました。そのうちの一組のお客様お二人については、お一人が仕事の関係で最近まであかつき屋の近隣にお住まいだった方。そのお連れ様は、以前ここにお泊まりになったリピーターさんでした。

お二人のこれまでの顛末をうかがっていると、偶然、奇縁が重なっており、何とも不思議な感覚になりました。時間がたっても、あかつき屋を心に留めて下さったお客様方。感謝の気持ちが胸の内に広がりました。

(お客様が撮られた朝のお庭。青空がまぶしいほど)
1211garden.jpg
(お庭でくつろがれるお二人)
1211ohutarisan01.jpg

女性お二人は現在、愛知県内にお住まいですが、その内のお一人がそれまで2年間、あかつき屋の近隣に暮らしておられました。あかつき屋の活動をよくご存じで、昨年あかつき屋が企画、運営した天神町街歩きをご存じで、それについても興味をもっておられたとのことでした。
天神町のこまちなみ通りでは、鮮魚店越吉さんについても、よく知っていらっしゃいました。

そのお連れ様は、6年前に、ここにご友人とお泊まりになりました。お泊まりの翌朝、朝食用パンの買い出しに森長さん(材木町)まで歩きましたが、「いいパン屋さんが近くにあっていいですね」とお二人。ドジョウのかば焼の浅田さんも大きな発見だったようです。

ご宿泊中は、この時季にしては珍しい快晴で、暖かな日差しを受けながら、緑豊かなお庭を楽しまれました。

(加賀毛ばりのアクセサリー作りをされました)
1211taiken.jpeg

お二人はチェックアウト後、今度は金沢中央観光案内所で開かれた加賀毛針のブローチ作りの体験教室にご参加。他では、かなえられない伝統工芸の手作り品に満足されたようです。

        海鮮鍋で楽しい一夜
翌日お泊まりになった、もう一組の男性グループは、うちお一人が数年前にあかつき屋にお泊まりになった方で今回の幹事さん。近江町市場でカニや牡蠣、ホタテなどの海鮮物や野菜などを買いだされて、ここで海鮮鍋などを作られました。
和気あいあいの時間。ズワイガニは、値が張ったものの、冬の金沢ならではの夜を満喫されました。

皆様ご宿泊ありがとうございました。寒さが募ってまいりましたが、くれぐれもご自愛下さい。

6年ぶりご宿泊 懐かしさと歓びと

いよいよ北陸特有の初冬の気候に。目まぐるしく変わる空模様に加え、朝晩の肌寒さが次第に増してきました。本格的な冬の到来を控え、身構える日々を過ごしています。

そんな中で、心身ともにホットになる時間を過ごすことができました。リピーターとして6年ぶりに女性お二人のお客様があかつき屋にお泊まりになりました。6年前は名古屋市内の大学生、今は社会人と身分が変わりましたが、快活さは変わらず。ご宿泊中、お二人と話が弾みました。

(ご出発の朝、風が強くのれんを押さえてパチリ)
11246nenburi01.jpg

お二人は2015年9月に初めてここあかつき屋にお泊まりになりました。その日は、京都からお越しになった大学生3人さんと同宿となりました。二組はすぐに意気投合し、その夜はトランプをして楽しく一夜を過ごされました。

今回お越しになった女性お二人は既に東京都内の会社のOL4年生となっており、ご活躍です。髪型が変わった人もいて、以前のご様子を思い出すのに少し時間がかかりました。

(6年前 Before=ご提供写真、以下同じ)
1124before.jpg
(今回 After)
1124after.jpg

驚いたのは、6年前に一夜を共にした当時京都の大学生とその後も交流を続けているとのこと。お二人は京都へ遊びに行ったり、東京で再会したりと、すっかりお友達になっておられました。
ご宿泊中、そんなお話をお二人からうかがうことができました。

(糀パークで購入したおにぎりとみそ汁のセット)
1124hakkousyoku01.jpg

今回の金沢旅では、大野町のヤマト醤油味噌糀パークでテイクアウト向けのおにぎりとみそ汁のセットに舌鼓。夜は、柿木畠のあまつぼさんでご夕食。初めて食べた白子の天ぷらは「クリーミー」と感嘆し、金沢おでんの車麩とバイ貝は「期待を裏切らないおいしさ」と大満足でした。
夜は、近郊の温泉銭湯で「身体の芯から温まりました」とのことでした。

(今回の旅をお宿ノートにまとめられました)
1124notebook.jpg

お宿業は一期一会にとどまらない。そんなことを実感した数日でした。
お二人さん、この度のご宿泊ありがとうございました。東京でも身体に気をつけて、引き続きご活躍下さいね。“京都”の方にもよろしくお伝え下さいませ。

東京・谷中からのお客様と歓談

私たちがお気に入りの街・東京の谷中からお客様のご夫妻が過日、あかつき屋にお越しになりました。ご一泊の中で、レトロな下町・谷中について話の花が咲きました。

古い街並みが残る中で、今も温かい人情が息づく街・谷中。東京へ行ったら、また行きたくなりました。

(夕やけだんだん下の谷中ぎんざ=お客様ご提供写真)
1024yanaka.jpg

谷中は戦時中の東京大空襲の戦火の影響は少なく、お寺や昔の佇まいのお店が今も数多く残っています。とてもほっとする雰囲気の街で、私たちはこれまでそこを二度訪れています。
夕やけだんだんの坂道を下りれば、続く商店街・谷中ぎんざ。様々なお店が立ち並び、見ているだけでも楽しいです。

その町の一角で、この度のお客様は、工芸・染色のお店を営んでおられます。谷中のにぎわいづくりに一役買っておられます。

(お客様がお宿ノートに記された谷中情報)
1024yanakamap01.jpg

お泊まりの夜、ご夫妻にいろいろお尋ねしました。
「おいしいコロッケのお店はありますか」「たこ焼き屋さんは」等々。
お二人は、親切に教えて下さり、お宿ノートに、人気店の情報を書いて下さいました。和菓子屋さん、お肉屋さん、居酒屋さん、中華屋さん、佃煮屋さん等々。とても参考になりました。

谷中は、金沢同様、コロナ禍により外国人観光客らの足が遠のき、前ほどのにぎわいではないそうですが、魅力ある商店街ですから、やがて以前のような活況を呈することでしょう。

今度上京した際は、お邪魔させて下さい。この度のご宿泊、ありがとうございました。