あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

邦人女性 マレーシア人夫家族と共に

あかつき屋にマレーシアの風がそよいだ三日間でした。この度、お泊まりになったお客様。日本人女性Kさんとマレーシア人のご主人のSさん、そしてそのご家族でした。

Kさんは東京ご在住で、今年初めマレーシア人のSさんとご結婚。そのご縁でSさんのご家族がマレーシアから来日し、日本を旅行されたのです。
ご一家は二泊三日の金沢ご滞在中、日帰りで奥飛騨・白川郷へも足を延ばされ、日本の原風景を楽しまれました。

(お泊りになった日本人のKさん=左端とマレーシア人のご家族、写真掲載了解済)
0518malaysiamain.jpg

Sさんはマレーシア人ですが、日本料理に興味をもたれ、国内の専門学校で料理を勉強し、そこをご卒業後、東京・銀座の和食料理の名店でシェフとして働いておられます。
日本語がご堪能で、お宿では自然体で過ごされました。

金沢では兼六園などの有名スポットを回られたほか、片町のおでん屋さんや、金沢駅内の回転寿司店に入られ、この土地の美味を満喫されました。

(兼六園で=ご提供写真、以下同じ)
0518kenrokuen.jpg

お宿では、お国の郷土料理を紹介して下さいました。その一つには、Sさんの故郷クラン(Klang)発祥の豚肉料理バクテーなどです。ネットでその料理を見せてもらいましたが、豚バラ肉などを野菜と一緒に漢方薬や中国醤油で味付けした料理は、とても魅力的に見えました。

(片町のおでん屋さんで)
0518oden.jpg

(金沢駅内の回転寿司店で)
0518kaitensushi.jpeg

数年前にマレーシア人のグループがあかつき屋を貸し切って連泊されたことがありましたが、その中の男性がここでお国料理に腕を振るったことがありました。
マレーシアは日本と風土が違いますが、共に料理への関心が高く、食を軸とした暮らしは、とても豊かであるように見えました。私たちは彼の地を訪れたことはありませんが、マレーシアのお客様を通じて、ぜひ一度旅行してみたいと思いました。

皆様ご宿泊ありがとうございました。また、お会いできる日を楽しみにしています。

スポンサーサイト

新緑まぶしく GWさわやかに幕

ゴールデンウイーク(GW)が終わりました。日本国民が一年で最も移動する時。金沢にお越しになる観光客の皆さんには、どこか高揚感があり、お迎えするここあかつき屋においても、熱気に満ちた期間となります。

新緑がまぶしく、空気はさわやか。お客様は、気持ちの良い街歩きを終えてお宿に戻って来られます。「兼六園はきれいだった」「金沢ならではの食べ物を食べてきた」。そんな“お土産話”が、交わされる日々でした。

(新緑とツツジが美しい県立歴史博物館前の通り)
0506rekihakumae.jpg

観光スポットに限らず、街並みも大いに道行く人の目を楽しませてくれます。
出羽町の県立歴史博物館、県立美術館前の通り。辺りは、みずみずしい緑に覆われ、緑のトンネルの中を歩いているかのよう。色鮮やかなツツジが、歩道に延々と連なり、格好の散歩道になっていました。

ここあかつき屋でも、お庭が一層素敵になりました。木々の葉や、地面に広がる苔が光沢を増し、お客様は毎日縁側に佇んで、町家の春を味わっていらっしゃいました。

(みずみずしい緑に包まれたあかつき屋のお庭)
0506garden.jpg

(お着物姿でお庭を楽しまれた女性=写真掲載了解済)
0506kimonoladies.jpg

(ひがし茶屋街で軽やかに=ご提供写真)
0506chayagaiwalking.jpg

最終日には、首都圏から女性の二人連れがお越しに。お着物姿で、ひがし茶屋街を散策された後、あかつき屋へ。
お庭の緑を愛でながら、記念撮影に臨まれました。
お二人は夜、旬の山海の幸をそろえた和食店でお食事。「いろいろ食べました。のどぐろの塩焼きが絶品でした」と笑顔で話されました。

このGW期間、国内外から大勢のお客様に来て頂きました。
市内観光はもとより、あかつき屋を拠点にして、能登の輪島・千枚田や半島の先端・禄剛崎灯台まで車で行かれた男性や、白川郷、立山黒部アルペンルートにまで足を延ばされた外国のお客様がいらっしゃいました。帰って来られて、個々の観光地の絶景を写真で見せてもらいました。

GWでお泊まりになったお客様、ありがとうございました。また、お気軽にお越し下さいませ。

GW 新入社員歓迎会でスタート

ゴールデンウイーク(GW)。毎年この期間は、大勢のお客様があかつき屋にお越しになるので、楽しみであり、緊張する時でもあります。春本番の季節感あふれるしつらえをしているか、様々なお客様に対して、ふさわしいおもてなしの備えをしているか等々、いつにも増して、チェックに力が入ります。

そんな中で、第一号のお客様は、これまでとタイプが違った方々でした。地元の企業さんが新入社員の歓迎会にこのお宿を利用されたのです。ここで焼きそば、たこ焼のお食事会をされ、泊まりがけで楽しい時間を過ごされました。

(楽しく行われた新入社員歓迎会=写真掲載了解済)
0428freshemployees.jpg

今回のお客様が申し込まれた時、地元金沢の人だったので、お友達か、親戚の人が集うのかと思っていました。お客様ご一同様がお越しになった時、制服姿もあったので怪訝に思ったところ、幹事さんが「今日、ここで(Y社の)新入社員の歓迎会をやります」と話されたので、驚きつつ、こんな使い方があるんだ、と妙に感心しました。

今宵、焼きそば、たこ焼パーティーをするとのことで、幹事さんは多機能のホットプレートをご持参、さらにスーパーで買った野菜やお肉、タコ、お酒などを持ち込まれました。

台所で先輩の女性社員らがキャベツを千切りにするなど手際よく下ごしらえし、ホットプレートに食材を移し、焼かれました。
いいにおいがコミュニティルームに漂いました。
幹事さんの発声で乾杯。和気あいあいの食談が繰り広げられました。

新入社員の方々にとっては、GWまでの最初のひと月は緊張の日々のはず。大型連休にたどりつき、ほっと一息といったところでしょうか。

打ち解けた雰囲気の中にも、そのフレッシュマンさんの初々しさと真摯な姿勢がこちらにも伝わってきました。大型連休が終わると、きっと一皮むけて、会社の大きな戦力になられることでしょう。
一方で、ここを使って歓迎会を実施されるという、会社の総務部門さんの柔軟な企画力にも感じ入りました。

この度のご宿泊ありがとうございました。ご利用になった皆様、そしてY社様の一層のご発展をお祈り申し上げます。

徳島でラジオ番組作ってました♫

学生さんの卒業旅行が続いています。今回は、四国・徳島からです。明るく、さわやかな若者たち。その快活さで、地元徳島のFMラジオ局で番組作りに携わりました。

あかつき屋を貸し切ってご一泊された間、その番組制作を含めた学生生活を話して下さいました。四年間、充実したキャンパスライフだったようです。

(徳島大学放送研究会の皆様=写真掲載了解済)
0314housou.jpg

お客様は、徳島大学放送研究会の方々です。徳島大学のお客様は2年前に、ここに「縁結び女子旅」と銘打ってお泊まりになった女性グループがいらっしゃいましたが、今回は卒業旅行です。

この放送研究会のメーンな活動は、地元ラジオ局エフエム徳島の二つの番組「大学生で行こう!」「フルーティーキッス」を制作すること。
「大学生で行こう!」は今どきの学生のキャンパスライフを紹介し、「フルーティーキッス」は、悩める(?)若者たちに対して恋愛を指南するものだそう。
お客様たちは、それぞれの番組で企画、原稿作り、音量調節、パーソナリティーなどを担当されてきました。

初めての金沢は、天候に恵まれて、「絶好の観光日和だった」。夜は、旬彩料理のお店でお食事されましたが、「お魚がおいしかった」。

近所の温泉銭湯に浸かった後、あかつき屋に戻って団らんのひととき。トランプで楽しい時間を過ごされました。
ご卒業後は、社会人、進学と道はそれぞれのようですが、きっと今の調子で活躍されることでしょう。

ご宿泊ありがとうございました。また、遊びに来て下さいね。

バレーボールに汗した仲間 金沢へ

様々な地域から卒業旅行で金沢へ。今回お越しになったのは、山梨県内の大学のお仲間です。在学中は、バレーボールに汗を流し、青春の日々を刻まれました。

卒業式を残すのみとなった学生生活。すっかりリラックスして、城下町金沢ステイを楽しまれました。

(お泊まりになった「Tuesdays」の皆さん=写真掲載了解済)
0313yamanashi.jpg

(練習スタイルの皆さん=ご提供写真)
0313members.jpg

こちらのお客様グループは、山梨大学と山梨県立大学のバレーボール愛好者でつくるサークル「Tuesdays」の皆さんです。
創設25年余りの歴史あるサークルで、火曜日(Tuesday)ではなく、毎週土日の夕方に活動をなさっているそうです。
大会に向けての練習のほか、バーベキューやイチゴ狩り、学園祭参加など楽しいイベントもいっぱいとのこと。

(お着物姿で兼六園へ=同)
0313everybodykimono.jpg

卒業旅行に選んだ城下町金沢。歴史ある町の佇まいは魅力的で、二日目は陽光の下、女子も男子も着物姿になって、兼六園やひがし茶屋街を散策されました。
若さあふれる皆様。お着物姿は、ひと際輝いたようです。
ご宿泊ありがとうございました。またお越し下さいませ。

FC2Ad