fc2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

初夏にさわやか お庭で着物姿

緑と花が色鮮やか初夏・五月。その時季にこれ以上ない出で立ちで、お客様が相次いであかつき屋にお越しになりました。いずれも若い女性のお着物姿です。

ここのお庭は、新緑がまぶしく、その中で、ツツジが順に花を咲かせています。素敵なお着物で宿に到着されたお客様は、お庭が最高のステージでもあるかのように、のびやかなポーズで写真に納まられました。
お客様はうちとけた笑顔を見せられ、その瞬間は、この町家にとっても至福の時となりました。

(お庭でポーズをとられるお嬢さん=写真掲載了解済、以下同)
0523cyuusan101.jpg

(神秘的な雰囲気を醸すシルエット写真
           =あかつきの間)
0523cyuusan202.jpg

22日にお泊まりになったのは、お母様と中学生のお嬢様の二人連れ。
お母様はカメラの仕事をされており、お嬢様はお母様の注文にこたえて、様々なポーズをとられました。お嬢さんの可憐なポーズは、お庭をさらに清新なものに見せてくれました。

2階のあかつきの間でも。そこでは、照明を落として撮影。障子戸をバックにお嬢様の横向きの姿が、鮮やかなシルエットとなりました。プロのカメラマンは違う。私も参考にさせてもらいながら、カメラを向けさせてもらいました。

(お庭を望む縁側で佇む大学生のお二人)
0523students1.jpeg

(あかつきの間で仲良くポーズ)
0523students2.jpeg

23日は大学生のお二人がお昼頃、やはりお着物姿でお越しになりました。高校の同級生だそうです。
お庭は、格好の撮影の空間。お二人は縁側に腰を下ろして、お庭を眺められました。

日差しは強く、まぶしそうでしたが、それにも増して、お庭でのお着物姿は、格別の体験だったようで、さわやかな笑顔を見せて下さいました。

日中観光をされ、お宿に戻った後、あかつきの間でも撮影。床の間をバックにしたお写真からは、お二人の仲の良さがあふれ出ていました。

皆様、ご宿泊ありがとうございました。この町家で、思い出の時間を刻んで下さり、感謝の気持ちでいっぱいです。

スポンサーサイト



町家点在 朝の下町散歩楽しく

今回のGWは、コロナ前のような繁忙感を味わったばかりでなく、もう一つあかつき屋ならではの特質を再認識する機会でもありました。それは、お客様の中に、建築、デザイン関係の人が少なくなく、国登録有形文化財であるこの建物に興味を惹かれてお越しになっていることが分かったことです。そうした人たちは折々に、建物やお庭に関して質問され、私どもは喜んで答えさせて頂きました。

そんな方々のニーズをくみ取って、こちらでは、お泊まりになった翌朝、お客様を周辺の街歩きにご案内し、点在する町家について説明させてもらっています。お客様は大変関心を示され、有名な景勝地を前にしているかのように、カメラを被写体に向けられています。

(散歩中、古民家に視線を注がれるお客様=材木町内)
0507arukimain.jpg

あかつき屋では、2011年の創業当初から、ここが古い通りに家々が軒を並べている立地を踏まえて、都合がつけば朝にお客様を付近の散歩にお連れしています。題して「あかつき太郎がご案内 城下町金沢・下町散歩♫」。それ用に、周辺のポイント的景観を写真に収めたフリップ集も準備しています。

(お客様向け説明ツールであるフリップ集の表紙)
0507front.jpg

(フリップの一部)
0507marcket.jpg

0507oldhouses.jpg

0507oldhousedisapeared.jpg

この度のGWでは、数回このフリップを携え、お客様を扇町、横山町、材木町周辺の街歩きにご案内しました。

「この町家は、毎週火曜の午後に地元NPOが野菜市をしているところで、付近のお年寄りらの交流の場になっています」
「ここは、あかつき屋と同様に間口が狭く、奥行きがありますね。奥にはお庭があります」
「この家のお庭は、雪が降る冬は、雪吊りが施されます」
「ここは以前素敵な町家がありましたが、今は取り壊され、老人ホームと駐車場に変わりました」等々。

あかつき屋界隈は古い町だけに高齢化と少子化が進み、近年空き家が目立ち始めました。それに伴って、その跡地は新築住宅や駐車場へと変貌を遂げつつあります。

そんな街の変遷についての説明をお客様は、神妙な表情で聞き入っておられます。いわゆる物見遊山の観光とは一味違う体験になっているようです。

それぞれの時代の波に洗われ、長年の人の営みの結果として、今日の家並みがあり、固有の景観がある。それらにふれて頂くのも、金沢ステイの価値の一つではないのでしょうか。
そんな思いを抱きながら、お客様をおもてなしさせて頂いています。

GW 3年ぶりにぎやかにスタート

ゴールデンウイークがスタートしました。昨年、一昨年はコロナ禍の中にあり、閑散とした雰囲気の中で過ごしましたが、今回は緊急事態宣言等の行動規制がなかったこともあり、あかつき屋は連日家族連れらでほぼ満室となっています。

ここ数日天候は晴れ、雨とジグザク模様となっていますが、お客様は、またとない機会とあって、城下町金沢、そしてここあかつき屋において、和の風情を心ゆくまで楽しんでおられるようです。こちらも忘れていたものを取り戻した感があり、テンションが上がっています。

(ツツジが満開となったお庭)
0501flowers.jpg

(玄関も彩り豊か)
501entranceflowers.jpg

あかつき屋の緑と花のエリアは、今が盛りとばかりに美しさが際立っています。
お庭は、ツツジが満開となり、玄関の軒下では、寄せ植えの花などが彩り豊かです。お客様には、それらの花々を折にふれて楽しんでもらっています。日頃お世話している甲斐がある。そんな思いを抱くひとときです。

(関西からお越しになったお客様=写真掲載了解済)
0501kyoudai01.jpg

(お庭を楽しまれる親子さん=同)
0501oyako.jpg

西から、東から。北陸・金沢の地で笑顔が交錯する空間。GW後半に向けても、気を引き締めて日々努めさせて頂きます。

雪中に感激の助太刀 お客様除雪

令和3年も最終日の大晦日。感慨に浸る間もなく、第一級の寒波に見舞われました。金沢は未明から雪が激しく降り、朝起きると、あかつき屋の周辺は真っ白に。身を縮めながら、一日をスタートさせました。

昨日からお泊まりになったお客様も、風景の様変わりに驚きながらも、落ち着いた対応を見せられました。というのも、北海道・札幌のご出身で、「札幌みたい」と感想を述べながらも、何と付近の除雪を手伝って下さいました。
大いに助かり、感謝、感激の思いいっぱいで、あかつき屋の一年を閉じようとしています。

(雪にけむるあかつき屋界隈)
1231snowystreet.jpg

(道産子のお客様が除雪を手伝って下さいました)
1231jyosetsu.jpg

昨日に宿泊されたお客様は若い男性3人。札幌の高校時代の同級生だそうで、福井で観光された後、車で金沢入りされました。
朝目覚めると、辺りは真っ白で、乗ってきた車も雪に埋まっていました。

こちらがお願いするまでもなく、男性3人は除雪を買って出てくれました。スノーダンプで周辺の雪を移動させ、T字形の雪かきブラシを使って、車に積もった雪を払いのけました。その一連の動作は目を見張るもので、除雪道具の扱いはスムーズで手慣れたものでした。

「さすが道産子」と感心するばかりで、20分ほどで、あかつき屋に隣接する道路と駐車場は、すっきり、きれいになりました。

    かぶら寿司でおもてなし
年末は、あかつき屋では、一年の感謝を込めて、お客様に多少ですが、サービスさせて頂いています。その一つが、金沢の郷土料理のかぶら寿司の提供。料理上手の義兄が手作りしたものです。
一昨日は、東京からお越しになったご家族連れに、そして、昨日は札幌出身の若者たちにお出しました。

(お客様にお出ししたかぶら寿司)
1231kaburazushi.jpg

東京のご一家は、おばあちゃんの喜寿祝いの家族旅行で、良い思い出になったとご家族は顔をほころばせ、道産子の若者たちは「(地元の)ニシン漬けよりうまいんじゃないか」と、福井で買ってきた日本酒と共に味わわれました。

お客様の笑顔にふれて、一年の幕を閉じようとしています。
今年あかつき屋では、シャワールームや洗面所、トイレなどの改築工事を行う一方、秋にはマイクロツーリズムの一環として市内の名園などをめぐる街歩きツアーを企画、実施。有意義な一年だったと振り返っています。

これも、お客様はじめ、地元の方々、金沢市、市観光協会等々、様々な人たちの支えがあったからと感謝しています。
皆様、新年もよろしくお願いいたします。

春一番吹く 夜は鍋料理で歓談

20日は朝から晴れ上がり、気持ちの良い気候に。ただ風が強いな、と思っていたところ、金沢でも春一番を観測しました。週の前半、この時季では珍しいまとまった雪となったので、その変わりように驚くほど。とにかく、季節が一つ前に進んだので、うれしくなりました。

そんな中で、あかつき屋に二泊されたご家族のお客様。最後の夜は、ここで鍋料理を作られ、夕げとされました。本当に家族水入らずのお時間。歓談を楽しまれつつ、金沢町家の趣を堪能されました。

(青空の下、のびやかな姿を見せる松の木
     =2階あかつきの間から)
0221yukitsuri.jpg

今冬は、一月に3年前の大雪を思い起こさせるような降雪となりましたが、その後の雪は、深刻なものとはならず、街は平穏な日々を刻んでいます。ここ数日は、春到来を感じさせる陽気となり、にっちゅうは、外へ散策したくなるような天候でした。

あかつき屋のお庭で木々に施した雪吊りは、今はすっかり雪がなく、円錐のてっぺんから張られた、わら縄の模様は、一冬の仕事を終えて、胸を張っているようです。

この度、三重県内からあかつき屋にお泊まりになったご夫婦。息子さんが金沢大学で四年間学ばれ、近くご卒業ということで、観光を兼ねてお越しになりました。

(お客様が作られたとり野菜みそ鍋)
221toriyasai.jpg

(家族水入らずのご夕食=写真掲載了解済)
0221kuwana.jpg

一日目は、兼六園のライトアップなどに出かけられ、ご夕食は海天すし田上店さんで日本海の幸を楽しまれました。
二日目の夜は、地元食でしたが今は全国区の、まつやさんのとり野菜みそ鍋をここで作られ、晩御飯とされました。

同じ空の下で、貴重な学生時代を過ごされ、巣立っていこうとする姿を間近に見ると、うれしくなります。4月からの新生活も幸多かれと祈らずにいられません。

(頂いた八朔)
0221hassaku.jpg

ご夫妻からは、ご親族が住まわれる和歌山県で育った八朔をお土産として頂戴しました。ありがとうございます。八朔は今シーズン初めて頂くことになります。

春へ向けて、一歩また一歩と進む毎日。この度のご宿泊ありがございました。息子さんともども、またお目にかかる日を楽しみにしています。