FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

高校終え大学へ 金沢の旅満喫

4月が目前に。あかつき屋ではこの度、学生さんの卒業旅行においては、今シーズン最後のグループをお迎えしました。そのご一行様は、千葉県内の高校を先日卒業された女性5人さんです。

こちらに二泊三日の日程でご滞在になりました。その間、金沢市内観光のほか、このお宿では、他の大学の学生さんたちと交流され、一足早く学生気分も味わわれました。

(お着物姿で兼六園を散策されたお客様=ご提供写真)
0328funahashikimono.jpg

お越しになった女性グループは、千葉県内の高校をこのほど卒業され、4月から首都圏や、京都の大学に進学されます。高校在学中は、ワンダーフォーゲル部に所属され、山歩きに青春の汗を共に流されました。

卒業式を終えての金沢旅行とあって、皆さんリラックスムード。ご宿泊二日目は、レンタル着物店でお着物姿になり、兼六園をそぞろ歩き。春の明るい日差しを浴びながら、名園の風情を楽しまれました。

園内では、出くわした「ナイスガイ」(お客様)に全員の集合写真を撮ってもらいました。園内は、春まだ浅いことから、木々はモノトーンの色合いが強く、女性たちの華やかなお着物姿は、ひと際映えました。

(前夜、共に楽しい時間を過ごされたお客様)
0328withmeishidai.jpg

夜は、この日、チェックインされた名古屋市内の男子大学生5人と交歓する時間をもちました。
おしゃべりやトランプに興じることに。お宿の中は、夜遅くまで明るい笑い声が響きました。

皆様ご宿泊ありがとうございました。
千葉の方々、それぞれの土地で有意義なキャンパスライフを、名古屋の学生さんたちは、掲げる目標を目指して、頑張って下さい。
また、お目にかかれる日を楽しみにしています。

スポンサーサイト

タイのご家族 和やか町家ライフ

この度、タイのご家族をあかつき屋にお迎えしました。三世代の計8人で三泊されました。

お食事では、ここの台所をフルに使われ、お料理を手作り。北陸の海の幸も食卓に並び、和やかな夕食風景が広がりました。

(一緒にお食事を楽しまれるタイの皆様=写真掲載了解済)
0302Punsansmain01.jpg

(お料理の数々)
0305dinner1.jpg
0305dinner2.jpg

タイのご一行様は、観光もさることながら、一緒に睦まじく時間を過ごすことに関心が向けられていたようでした。外出から帰られた際、香林坊大和の地下食品売り場などで買われた食材を携えておられました。

早速、お料理。ある晩は、カニやお寿司などをメーンにし、サラダなどを作られ、また別の日は、お肉を焼かれて、いくつかのお惣菜を作られました。
彩り豊かな夕食のテーブルを囲み、歓談されました。

あかつき屋を拠点に遠出も。二日目は、高速バスを使って奥飛騨・白川郷へ。三日目はJRを使い、北陸新幹線経由で、髙山へ。いずれも日帰りでしたが、日本の原風景的な景観を楽しまれました。

(広済寺さんで豪華ひな人形をご見学)
0305kousaijihina01.jpg

ご出発の朝は、あかつき屋の前のお寺・広済寺さんをお邪魔させてもらいました。そこには、立派な神殿造りのひな人形飾りがあるからです。ひな壇をバックに写真撮影をされる人もいました。

ご滞在中、桃の節句があったことから、お客様は、あかつき屋での飾りつけと合わせ、ひな祭りムードを満喫されました。

タイの皆様、ご宿泊ありがとうございました。また来て下さいね。

穏やかな冬 辻占で新春楽しむ

寒中ですが、昨冬とは打って変わって、金沢は穏やかな天候が続いています。街なかは雪がないので、除雪の苦労がないばかりでなく、道路を歩くにしても通常と変わりなく、ホント助かる~という感じです。

この三連休、北陸は、お天気に恵まれました。あかつき屋では、東海地区から幾組かのお客様がお越しになり、金沢の風物にふれられました。こちらでは、新春のおもてなし。金沢ならではの、お正月の和菓子・辻占をお客様にお出ししました。
星形の砂糖菓子を開くと、おみくじのような紙片が入っており、そこに格言めいた言葉が記されています。お客様の間で、微苦笑が広がりました。

(金沢の正月の和菓子・辻占)
0114tsujimain.jpg

(辻占の中に入っている紙片を広げると…)
0114tsujisub01.jpg

あかつき屋では、毎年お正月には、お客様に辻占をサービスさせて頂いています。辻占はAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」がヒットしたこともあり、近年注目されています。

三重県から二組のご夫婦がお越しになりました。大学時代のお仲間です。辻占を試されました。
「思わぬうれしい事が」「約束してもよろし」「らくになる」等々。
これらの言葉を自らに引き当て、思いをめぐらされました。

(お泊まりになった三重県からのお客様)
0114miecouples.jpg

こちらのお客様は、ご夕食では、金沢おでんを賞味され、お風呂は、近所の温泉銭湯「みろく温泉」さんへ。和気あいあいの一夜を過ごされました。

皆様、ご宿泊ありがとうございました。

縁側で朝のカフェ 心潤う時

金沢は、さわやかな秋晴れが続いています。空は青く澄み、風は肌に心地よく、行楽にはもってこいのシーズンです。

あかつき屋では、様々なお客様が、ゆっくりと過ごし、国登録有形文化財のこの金沢町家の風情を味わっておられます。特に、静けさが漂う朝は格別で、お庭を望む縁側で、心潤うひとときを過ごされています。

(秋の雰囲気が漂うお庭)
1021garden.jpg

ドイツからお越しになったお客様。ドイツ人男性と日本人女性のカップルです。一晩過ごし翌朝。日の光が満ち、外はもう明るくなっています。
お二人は縁側で腰を下ろし、お庭を眺めながら、コーヒーを味わわれました。スイーツには、前日に和菓子作り体験が行われた県観光物産館で手作りされた生菓子も加わりました。

(ドイツからお越しになったお二人
             =写真掲載了解済)
1021deutch101.jpg

(前日に手作りされた和菓子)
1021deutch201.jpg

ドイツ人男性は、訪れた武家屋敷跡の野村家のお庭といい、この町家あかつき屋のお庭といい、家の中に意匠を凝らしたお庭が、市内のあちこちにあることに感銘を受けたご様子でした。

(女性お二人も縁側でごゆっくりと=写真掲載了解済)
1021friends01.jpg

もう一組は、女性のご友人のお二人。前日は、主計町やひがし茶屋街などを回る一方、お寿司やおでんを味わわれ、金沢を満喫されています。
この日の朝は、お庭でティータイム。秋の雰囲気が漂うお庭を眺めて、思わず笑みが。慌ただしい日常を忘れ、リフレッシュされたようでした。

皆様ご宿泊ありがとうございました。また、お気軽にお越し下さいませ。

ドイツ人女性と旧交温める金沢旅

こんなふうにあかつき屋を使って頂くほど、うれしいことはありません。この度お泊まりになったのは、若い男女3人グループ。そのうちの一人にドイツ人女性がいらっしゃいました。

宿泊先としてあかつき屋を申し込まれた日本人の女子学生さんが、そのドイツ人女性を誘って金沢にお越しになったのです。日本的な歴史と伝統文化の色濃い金沢の地は、女性にとってまたとないニッポン体験になったようでした。

(濃い緑に包まれたお庭を楽しまれるお客様=写真掲載了解済)
0624germanymain01.jpg

(白い花を咲かすギボウシ)
0624giboushi.jpg

ドイツ人女性は、言語学に興味をもたれ、数年前神戸市内の大学に留学。そこで日本人のお二人と知り合われました。その女性は帰国後、再び来日、大阪にあるドイツ文化センターでインターンシップを経験されています。
その期間も近く終了し、来月に母国に帰国されることになり、三人さんは記念に金沢旅行を企画されたのでした。

武家屋敷跡やひがし茶屋街などの古い街並みがある一方で、同時代に問いかけるアート作品を展示する21世紀美術館もある金沢。噂に違わず、数多くの刺激を与えてくれるまちでありました。

あかつき屋でも、十二分にその魅力を堪能して頂いたようです。
特に濃い緑に包まれたお庭は、今ギボウシが細長い白い花を咲かせており、心をとらえられたよう。ご友人とともに、思い思いに写真を撮られました。

(また、遊びに来て下さいね)
0624germanysub01.jpg

お客様は夜は近所のまるよしさんに出かけられお食事。店のご主人、女将さんと話が弾み、楽しい時間を過ごされました。

皆様、ご宿泊ありがとうございました。また、お越し下さいませ。Vielen Dank!

FC2Ad