fc2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

フルート奏者集い 合宿と発表

美しいフルートの音色に包まれた三日間でした。全国各地からフルート奏者がレッスンのために金沢に集い合宿、最後に成果発表を行いました。

プロ、アマを問わないものの、様々な舞台に立ってきた一流の奏者の方々。ここあかつき屋もレッスン会場の一つになり、そばでその演奏を聴く機会を得ました。
素敵な笛の音色は、この町家をいっとき、ふだんと違った別の魅力的な空間にしました。

(成果発表会で美しい音色を披露)
0303flitemain.jpg

0303flute2.jpg

この催しは、フルート演奏家の日向恵子先生(石川県出身)の門下生の集まりで、およそ半世紀にわたって教室を開いている日向先生のお弟子さんら約30人が関東、関西など全国各地から金沢に集いました。

参加者は市内数か所で昼夜を分かたずレッスンに励み、演奏の向上に励みました。日向先生も、かつての教え子たちとの再会を喜びながらも、これまでと変わらず、熱心に手ほどきされました。

(レッスン風景=広済寺)
0303fluteotera.jpg

(あかつき屋でも)
0303fluteakatsukiya.jpg

そのうちの練習会場となったあかつき屋の前の広済寺さんの本堂でも、門下生数人が練習に励み、美しいメロディーをお堂に響かせました。
その中で、心和むシーンが生まれました。このお寺の孫娘さんが中学校の吹奏楽部でフルートを担当しており、そのお孫さんとお友達が、このレッスンを聴くことに。そして日向先生から教わることができたのでした。一流演奏家から直に教えを受けることになり、二人は緊張しながらも、演奏のこつを学んだのでした。
貴重な機会を頂いたと、お寺のご家族も感激されていました。

最終日の三日は、カフェ・ミュゼ(金沢市大桑町)で成果発表会。八つのグループが順にアンサンブル演奏を披露。素敵なカフェの空間に美しい音色が響き渡りました。

最後に全員が「春の童謡メロディー」を演奏。「春が来た」や「春の小川」「朧月夜」などを奏でました。まだ肌寒さが続く日々ですが、春にちなんだ楽曲の数々が一気に春を引き寄せた感がしました。

皆様お疲れさまでした。また、ご宿泊ありがとうございました。この次は、オフモードでお越し下さいませ。

スポンサーサイト



お客様 穏やかに新年喜ぶ

能登半島地震発生で幕を明けた令和6年。救命、復旧活動が現地で必死に行われており、円滑に作業が進むことを祈るばかりです。

そんな中で、ここあかつき屋には、昨年から予約されていたお客様が予定通りにお泊まりになり、心から感謝するばかりです。この一年、すべての人に平和と幸福がもたらされますように。お客様とともに、願っています。

(パンやゆで卵などで朝食を取られたお客様=写真掲載了解済み)
0117asanokai.jpg

この度、お泊まりになったのは、首都圏からお越しになった女性の方々。お一人は、お仕事を兼ねてのステイで、3連泊されました。もう一組は、職場のご同僚というお二人でした。

お客様は、観光で訪れた先は、「地震の影響か、少し人が少ない気がしました」とのことでしたが、その分、ゆっくりと見て回ったり、お食事を楽しむことができたようです。

銭湯で旅の疲れをいやした翌朝。材木町の老舗パン屋・森長さんでパンを買い、あかつき屋のコミュニティルームの大きな掘りごたつの上に並べました。三連泊されている女性は、買った卵がたくさんあるのでと、同宿の方に提供され、それらはゆで卵になり、みかんとともに食卓に加わりました。
和気あいあいとした朝の時間となりました。

(陽光を浴びて明るいお庭)
0117asanooniwa.jpg

この日は朝から快晴。先日降った雪もすっかり溶け、あかつき屋のお庭も、北陸の冬には珍しい、明るい風景に。お客様はそのお庭に出て、写真を撮るなどして、和の雰囲気を味わわれました。

皆様ご宿泊ありがとうございました。また、お越し下さいませ。

猛暑の中も続くお客様の笑顔

気温35度前後の暑い日が続き、今年ほど夏が長く感じる時は、ありません。立秋が過ぎても、終わらない夏。記憶にも、記録にも残る夏になっています。

そんな中で、夏休み期間中とあって、あかつき屋では、ご家族連れのお客様が目立っています。お客様は、一様にここは北陸であることから「金沢って意外に暑いんですね」とおっしゃります。まさにその通りで、四季がはっきりしていると言えば、それまでですが、体力勝負の日が続きます。
それでも、観光を楽しむお客様の笑顔にふれると、元気が注入され、今日も頑張ろう、といった気持ちです。

(パズルなどを楽しまれたご家族連れ=写真掲載了解済)
0822utsunomiya.jpg

お盆過ぎにお越しになったのは、栃木県宇都宮にお住まいのご家族。お昼頃こちらに着いてお荷物をおかれた後さっそく観光に出かけられました。
このご一家、あかつき屋には事前に城下町ガイドをリクエストされており、うちのスタッフが街歩きの案内をいたしました。

兼六園から金沢城、そして尾山神社界隈までのコースを各所のポイントを説明しながら同行しました。
お客様のお子様たちは、加賀藩の歴史に興味を示され、ガイドスタッフは、頼もしく、手ごたえを感じたと話しておりました。

あかつき屋の館内では、町家の雰囲気を楽しみながら、子どもたちは、木のパズルや折り紙に興じられました。屋外での活動の疲れを感じさせないほど、パズルなどに打ち込み、「とても楽しかった」と感想を話されました。

一夜明けて向かったのは、寺町寺院群の中にある通称・忍者寺(妙立寺)。仕掛けの多いこのお寺に目を丸くされたことでしょう。ご宿泊ありがとうございました。

(鮮やかな花を咲かせたバラ)
0822rose.jpg

       玄関にバラの花咲く
暑い、暑いと言っても、季節は、確実に動いているようです。玄関に置いてあるバラが一輪花を咲かせたのです。
ひまわりの黄色い夏から、赤色が彩る秋へ。その季節は目前。今が正念場と言い聞かせ、気持ちを奮い立たせます。

五感で春を堪能 フランス人ご夫妻

コロナ禍による“鎖国”が解け、金沢の街なかには、欧米系の外国人の姿が目立つようになりました。街を歩いていると、時間帯によっては、外国の人の方が多いのではないかと思うほど、いわゆるインバウンド入込客が増えてきました。

ここあかつき屋でも、そうした方のご来訪が増え、その方たちがご滞在時に醸すオーラが、この町家の純和風な趣を一段と際立たせるようです。私どもも、忘れていたものを取り戻したかのように、気持ちを昂らせて、お世話させて頂いています。

(あかつき屋に二泊されたフランス人カップル)
0404french01.jpg

この度、お越しになったのは、フランス人ご夫妻で、ここに二泊されました。ちょうど桜が満開の時で、グッドタイミングの金沢ご訪問でした。

まず兼六園へ。あかつき屋から歩いて、八坂経由でご案内しました。園は大勢の人であふれていましたが、ある茶店の取っておきの花見スポットを紹介させてもらいました。
お二人は、おそばとお酒などを召し上がりながら、窓外の満開の桜を楽しまれました。

(春のお庭も楽しまれました)
0404garden.jpg

あかつき屋では、お庭にも満足されました。明るい緑に包まれたお庭を縁側でご観賞。苔もきれいに生えており、「よく手入れされてますね」とおほめの言葉を頂きました。

お食事は外食の一方、近隣のお店でも食材を調達。近所のふじた酒店さんでゆず酒を購入。夜は、水入らずでその美味を堪能されました。

春の陽気に包まれた二泊三日。次の旅先は、「日本海に面した舟屋群で有名な京都・伊根に向かいます」とここを後にされました。いい旅を続けて下さい。
ご宿泊ありがとうございました。

ニッポン体験 グレイト!

金沢では、桜が今月23日に開花宣言が出されました。昨年より7日も早く、暖かくなることはうれしいことですが、正直戸惑うほどです。足早にやってくる春。それと歩調を合わせるように、観光も活発化してきました。

外国の方(インバウンド)の観光客も増えてきており、あかつき屋でもこの度、ヨーロッパから相次いでお客様がお見えになりました。宿泊先として、国登録有形文化財に指定された純金沢町家を希望されておられ、こちらもそのお気持ちに沿って、心尽くしのおもてなし。ご滞在中は、書道体験の機会をつくらせて頂きました。

【お客様の書道体験】
(ノルウェイのご友人同士のお客様)
0327norway.jpg

(オーストリアの父と息子さん)
0327austreich.jpg

お越しになったのは、ノルウェイとオーストリアからで、いずれも二泊三日の町家ステイをされました。
こちらでは、お客様向けに様々な体験メニューを準備しており、今回は、スタッフの指導による書道体験をして頂きました。

書道アクティビティでは、お客様には、お好きな言葉を英語で書いてもらい、それを日本語に訳して、毛筆にしたためてもらいます。

お客様が選んだ言葉は、ノルウェイの男性お二人は、「未来」と「自然」で、オーストリアの父と息子さんは、お父様の方は、愛妻家と見えて、ご夫人の名前の「ガブリエル」で、息子さんは「成功」の文言でした。

まず、お客様は、スタッフが書いたお手本を見ながら、新聞紙上で練習した後、本番では色紙にその言葉を書きました。筆を持つのも初めてで、文字の書き順もご存じないのですが、真剣な表情で色紙に文字を書き上げました。
それぞれ、心のこもった立派な出来栄えでした。

(色紙に書き上げた書道作品)
0327work01.jpg

楽しくも、緊張感のある時間。夜になると外は肌寒さが感じるのですが、この時ばかりは、室内は熱気があふれました。お客様たちは、精魂込めた作品に、満足げな表情を浮かべておられました。

新年度から、書道も含めた様々な体験メニューをこのホームページ上で紹介する予定で、体験を希望のお客様は、お気軽に申し込んで頂ければと思います。

今回お越しになった、ヨーロッパからのお客様、ご宿泊ありがとうございます。また、来て下さいね。