あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

お客様と除夜の鐘、そして新年

明けましておめでとうございます。昨年中は、大変お世話になりました。今年もよろしくお願い申し上げます。

昨年、金沢は真価が問われる年であったと思います。北陸新幹線開通から2年が経過し、いっときの熱気は薄らぎました。加えて、近隣の東アジア情勢の不安定化もあり、外国人観光客の入り込みに影響を与えた面もあったようです。

それでも金沢への観光客数は、目立った落ち込みもなく、底堅く推移しました。あかつき屋においても、まずまずの一年であったと振り返っており、宿泊された国内外のお客様、そして、日頃支えて下さっている地元の方々に心からお礼申し上げます。

(前のお寺で除夜の鐘をつくあかつき屋のお客様)
0101Bell.jpg

(新しい年の始まりを歓ぶタイのお客様)
0101akeome.jpg

大晦日。今回は例年にも増して、厳かで、にぎやかな夜になりました。あかつき屋には、タイから二組7人のお客様がお泊まりになり、NHKの紅白歌合戦の後、前のお寺・広済寺さんに移動し、除夜の鐘をつかせて頂きました。
昨年新調された鐘をお客様が一人ひとりつきました。これまでと違って、また味わいのある音色でした。

この後、あかつき屋に戻って、新年を迎えたお祝いの集い。お客様には、私たちの親族が手作りしたかぶらずしなどを少しばかりお出しし、お神酒とともに乾杯。この一年の無病息災と精進を誓い合いました。

(角尾宏子さんによるお正月花)
0101flowers01.jpg

(中村元風さん制作の犬の飾り皿)
0101dogsplate.jpg

あかつき屋の中は、お正月の飾りつけがされています。
私たちの友人である華道教師の角尾宏子さん(金沢市泉野町)には今回も上がりの間と玄関に新春を寿ぐ生花を生けてもらいました。
アーティスト・サイエンティストという前人未踏のクリエイターの道を歩み始めた加賀市の陶芸家中村元風さんの手による、犬の飾り皿を上がりの間に置きました。
いずれの品も光彩を放ち、お客様を歓迎してくれています。

あかつき屋は8年目に入りました。これで良し、ということはなく、いつもお客様の声に耳を傾けて、努力を続けてまいります。
お客様とともに、良い年にしたいと思います。今後ともご指導、ご鞭撻を賜りたいと存じます。

スポンサーサイト

卒業旅行始まる 奈良・郡山から

いよいよこんな時季になったのかなーと思いました。あかつき屋にお越しになった若者6人グループ。いずれも大学4年生で、金沢への卒業旅行に伴うお泊まりでした。

奈良県大和郡山市にある郡山高校で共に学んだ方々。大学は違いますが、今も交友が続く、「仲良し6人組」(お客様)。来春から新たな世界へ旅立つ前に、旧交を温められました。

(お泊まりになった奈良・郡山高校卒業の皆様=写真掲載了解済)
1228kooriyama.jpg

大和郡山は、言わずと知れた金魚の街。金魚の養殖をはじめ、数多くの金魚店のほか、街なかには、金魚をあしらった電話ボックスやマンホール蓋などもあり、金魚とともに暮らしが営まれているといっても言いくらいです。

そんな郡山で高校生活を送ったお客様。車2台で金沢にやって来られました。
名園・兼六園を散策し、片町の居酒屋や近江町市場で北陸の美味を堪能されました。

お客様は大学卒業後は、社会人となる人の一方で、さらに大学院で研究を深められる人と様々です。それでも、今後も変わらぬ友情をと誓い合っておられるようでした。

皆様、ご宿泊ありがとうございました。卒業後も、体に気をつけ、ご活躍下さい。また、遊びに来て下さいね。

香港から新婚旅行 金沢で三泊

秋たけなわの城下町金沢。観光にお越しになったお客様は、思い思いに古都の秋を楽しんでおられます。晴れわたった空、心地よい風、天気も遠来の方々を歓迎しています。

この度、香港からお越しになった若い男女のお客様。新婚旅行での金沢入りで、あかつき屋に三泊されました。金沢の伝統文化にふれられる一方で、市民の暮らしにも親しまれ、心に残る金沢ステイになったようです。

(香港から新婚旅行で来られたお二人=写真掲載了解済)
1007hongkong01.jpg

お二人は建築家で、金沢の歴史的建造物に興味をもたれ、各所を回られました。ここにお泊まり中は、越中・五箇山にも足を延ばされ、世界文化遺産に認定された合掌造り集落を見学されました。

ゆっくりと過ごされた金沢、そしてあかつき屋。近所のお寿司屋さんでおいしいお寿司を賞味され、加えて温泉銭湯にも挑戦されました。みろく温泉には、二日続けて行かれました。
「とても気持ちよく、リフレッシュできました」とお二人は、大満足。
お宿ノートに、建築家らしく、みろく温泉さんの建物の間取りや設備などを詳しく描かれました。

(お二人がお宿ノートに描いたお風呂屋さんの間取りなど)
1007hongkongsub.jpg

お二人はまた、同宿されたタイや日本のお客様ともふれあわれました。

素敵な旅になったようですね。ご宿泊ありがとうございました。
「いつまでもお幸せに。また、お越し下さい」

魚津で体験 金沢で交流 海洋大生さん

金沢町家のあかつき屋が、いっとき海の雰囲気に包まれました。東京海洋大学の女子学生さん5人がお泊まりになったのです。

学生さんたちは、富山県魚津市の魚津漁協さん主催の農山漁村体験モニターツアーに参加された後、金沢に入られました。その余韻を漂わせながら、あかつき屋にご宿泊。同宿された他の学生さんと交流され、お宿は熱気に包まれました。

(紅ズワイガニを手に持ち、笑顔=ご提供写真)
0929uozu101.jpg

(たこつぼ漁を体験=同)
0929uozu2.jpg

学生さんたちは、東京海洋大海洋政策文化学科の3年生です。魚津のモニターツアーは二泊三日で行われ、学生さんたちは、魚津沖でたこつぼ漁やかご漁などを体験、漁協の方々との意見交換にも臨みました。

また、宿泊した民宿などでは、「日本海の幸をたらふく食べました」と学生さんたちは話し、特に漁が本格化した富山湾の紅ズワイガニは「絶品だった」そうです。

(夜、東京海洋大と三重大の学生さんたちが交流=同)
0929kaiyoumie01.jpg

そんな貴重な体験をお土産にあかつき屋に入られました。同宿されたのは、二泊目となった三重大の学生さんたち。
分野も住む地域も異なりますが、同じ学年ということもあって、意気投合。気さくなおしゃべりは、深夜まで続きました。

北陸・金沢に住む私たちですが、紅ズワイガニは、まだ食べたことがありません。海洋大の皆さんの話を聞いていると、それをぜひ一度食べてみたくなりました。日本海の冬の幸ズワイガニとは、味が違うのでしょうか。

海洋大生さんのあかつき屋ご宿泊は、2年ぶり。以前の学生さんたちの所属は、商船系だったので、今回はまた新鮮でした。
皆様ありがとうございました。

三度滋賀県立大写真部の皆様

お宿業も歳月を重ねていくと、うれしい“再会”があります。この度あかつき屋にお越しになったお客様は、滋賀県立大学写真部の皆様でした。

今回訪れた写真部のご一行様は、先輩の方々と合わせると、あかつき屋へは三度目のご宿泊になります。オープンした2011年を初めとして、二回目が2013年3月で、今回は4年半ぶりです。部員の方々は、はつらつと城下町金沢の撮影散歩をされました。

(先輩に続きお泊まりになった滋賀県立大学写真部の皆様
                         =写真掲載了解済)
0919shigakenndai.jpg

滋賀県立大学は、身近に感じる大学です。この大学は滋賀県彦根市に立地し、実は私は、お宿開業前に、彦根市内の「とばや旅館」で修業させてもらった経験があるからです。
名城・彦根城があり、金沢と同じ城下町というのも、親近感があります。

今回お越しになったお客様たちは、そんな経緯もあり、いずれも初対面にもかかわらず、肩肘張らずコミュニケーションをとることができました。

メンバーの方々は、観光の傍ら、治部煮など金沢の郷土食にも親しまれ、充実の金沢ステイとなりました。
翌朝あかつき屋のお庭を楽しまれた後、千枚田のある能登・輪島へと出発されました。

ご宿泊ありがとうございました。良き先輩に感謝しつつ、再会を約しました。

FC2Ad